GPU情報

AMD Radeon RX 6800 RDNA 2グラフィックスカードのレイトレーシングパフォーマンスがリークし、4KおよびWQHDでDLSSを使用したRTX3070とほぼ同じ速度

投稿日:

AMD Radeon RX 6800 RDNA2グラフィックカードの最初のレイトレーシングパフォーマンスベンチマークがリークされました。

結果は、DXRレイトレーシングが有効になっているシャドウオブザトゥームレイダーにグラフィックカードの2つのGPUベンチマークを投稿したUnoko'sHardwareのTwitterフェロー@PJ_Lab_UHによってリークされました。

AMD Radeon RX 6800 DXRレイトレーシングパフォーマンスベンチマークのリークアウト、DLSSなしのアンペアよりも速いRDNA 2?

実行されたパフォーマンスベンチマークは、明らかに、RDNA2グラフィックアーキテクチャに基づく3つのBig NaviGPUの最も削減されたバリアントであるAMDRadeon RX6800グラフィックカードのものです。

グラフィックカードは、AMD Ryzen 5 3500X6コアデスクトッププロセッサと16GBのDDR4メモリでテストされました。

選択されたゲームは、レイトレーシングを可能にする最初のタイトルの1つであるシャドウオブザトゥームレイダーでした。

ゲームはレイトレース・シャドウを利用します。これらは、DX12APIを介したDXRのサポートを備えた任意のグラフィックカードで有効にできます。

パフォーマンスの観点から、GPUはタイトルで4Kで46 FPS、WQHD(1440p)解像度で80FPSを獲得しました。

比較のために、GeForce RTX 3070を同じベンチマークで、同様のCPU構成と同じ設定でテストし、4Kで54 FPS、WQHDで85FPSを取得しました。

注意すべき点の1つは、結果はDLSSを有効にした場合であるため、この機能を有効にするとカードのパフォーマンスが低下することが予想されることです。

以下に結果を示します。

※ 「結果はDLSSを有効にした場合であるため、この機能を有効にするとカードのパフォーマンスが上昇することが予想されることです。」の間違いだと思いますが、原文がそのようになっているのでそのように翻訳します。意味不明です。

 

NVIDIA GeForce RTX 3070 SOTRレイトレーシング(高)ベンチマーク:

NVIDIA GeForce RTX 3070 SOTRレイトレーシング(高)ベンチマーク:

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SOTRレイトレーシング(高)ベンチマーク:

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

AMD Radeon RX6800グラフィックカード3DMarkTimeSpyベンチマーク

PJは、3DMarkTimeSpyで実行されているRadeonRX6800の最初の結果も投稿しました。

ここでは、チップは16,775ポイントのグラフィックスコアと12,704ポイントの全体的なスコアを提供します。

GPUは250-280WのTGPを備えていると言われており、GeForce RTX3070よりも最大60W高くなっています。

これらの結果に基づくと、AMD Radeon RX6800はGeForceRTX 3070よりも最大24%高速であり、同様に、GeForce RTX 2080 Tiよりも22%優れています。

また、GeForce RTX 3080は、同じベンチマークでわずか6%高速です。

これは、RX6800のコストがNVIDIAのRTX3080 FoundersEditionよりも120米ドル低いと想定されているためです。

AMDは昨日、Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、およびここでテストされたRX6800を含むRadeonRX 6000シリーズのラインナップ全体について、多数の標準(非レイトレーシング)ベンチマークを共有しました。

こちらのリンクで確認できます。

AMD Radeon RX6800「BigNavi21XL」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、3840ストリームプロセッサの60コンピューティングユニットを備えた、さらに削減されたNavi21「BigNavi」GPUを備えています。

AMD Navi 21 XL GPUは、リファレンススペックで1815MHzゲームのクロック速度と2105MHzブーストクロックを備えています。

また、Navi 21 XLGPUを搭載したAMDRadeon RX 6800は、ストッククロックで250WのTBPを備えている可能性があるとも述べられています。

このカードは、16 GB GDDR6メモリの同じVRAM構成、512 GB / sのネット帯域幅を提供する16Gbpsでクロックのメモリを備えた256ビットバスインターフェイスを備えています。

AMD Radeon RX6000シリーズグラフィックスカードの価格と入手可能性

AMD Radeon RX 6900 XTグラフィックスカードは、12月8日から利用可能になります。

AMD Radeon RX 6900 XTの価格は999米ドルと言われており、AMDがAIBパートナーに計画に含まれる可能性のあるカスタムモデルの承認を与えない限り、今年はリファレンスモデル専売になると予想されます。

RX 6800XTとRX6800は、11月18日に小売市場でそれぞれ649米ドルと579米ドルで発売されます。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6800 RDNA 2 Graphics Card Ray Tracing Performance Leaks Out, Almost As Fast As RTX 3070 With DLSS at 4K & WQHD

 

解説:

RX6800のレイトレのパフォーマンスがリーク

それによると、性能比でおよそDLSSをオフにしたGeforce RTXに相当するようです。

AMD FidelityFXでアップスキャンすればDLSSとほぼ同等の結果を得ることが出来るのではないかと思います。

DLSSはスーパーコンピューターで作った中間データをもとに下の解像度の画像を元にして(アップスキャンして)画像をAIで補正します。

FidelityFXもほぼ同様ですが、スーパーコンピューターで中間データを作る必要はありません。

nVidiaは囲い込みのためにやっているのだと思いますが、補正後の画像がどのような差が付くのかと言うのはテストしてみないとわからないところでしょう。

DLSSの方が大掛かりな分、効果が大きそうです。

ただし、DLSSはマップが自動生成されるゲームの場合、有効にできるのかどうかと言うのはわかりません。

仕組み上、私の予想では多分できないと思います。

最近、あまりマップを自動生成するゲームは見かけませんが、DLSSの欠点の一つではないかと思います。

FidelityFXは元にするデータは無いので、可能でしょう。

いずれにしても開発負荷も含めて、どちらが有効な技術で、どちらが普及するかは数年後を見てみないとわからないと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/25 02:22:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.