GPU情報

Radeon RX 7900のカスタム・デザインを発売日に向けて準備するAMDボード・パートナーはごくわずか

更新日:

AMDは、12月13日に最新のRadeon RX 7900シリーズグラフィックスカードを発表する予定です。その直後には、AMDのボードパートナーがそれぞれのカスタムカードデザインをリリースすると言われていた。

現在は、「リリースすべき」ではなく、提示された時期に「リリースできる」ケースになりつつある。

AMDはフラッグシップGPU「Radeon RX 7900」シリーズをリリース、AIBを2週間も遅らせる

NVIDIAの発売では、土俵が違いました。GeForce RTX 4090の発売日前に、カードを販売したり、展示したりする小売店も見受けられた。

しかし、AMDのパートナーは、発売に向けて障害にぶつかっているようです。

AMDのパートナーでカスタムデザインを公に発表しているのは、Sapphire、PowerColor、ASUSの3社だけです。

Sapphireは昨日、RX 7900 NITROグラフィックスカードを予告し、PowerColorは4日前にRed Devilカスタムバージョンを、そしてASUSは今月初めにTUFシリーズを公開しました。

AMDは発表会の中で、以下のような声明で価格と発売日を明らかにした。

AMD Radeon RX 7900シリーズ・グラフィックス・カードは、2022年12月13日からAMD.comから、また、ASRock、ASUS、Biostar、Gigabyte、MSI、PowerColor、Sapphire、Vastarmor、XFXおよびYestonなどの主要ボードパートナーから12月中旬から入手できる見込みである。AMD Radeon RX 7900 XTXのSEPは999米ドルで、AMD Radeon RX 7900 XTのSEPは899米ドルです。

- AMD

HardwareLuxxの編集者、Andreas SchillingのTwitterによると、これは当初の予想より良くないかもしれません。

https://twitter.com/aschilling/status/1595723492850368513?ref_src=twsrc%5Etfw

さらに、現在の各社の発表では、消費電力レベルやベースクロック、ブーストクロックなどの重要なスペックは明らかにされていない。

NVIDIAのAIBがRTX 4000シリーズの発表と同日にフルスペックやデザイン、価格まで登場していたのに対し、これまでにカードを開発していることを明らかにしたAIBは3社のみで、いずれもまだフルスペックやそのデザインは明らかにされていないのである。

AMDは、売り上げを伸ばすために、リファレンスカードがカスタムAIBパートナーのグラフィックスカードより先に販売されるようにしたいのかもしれません。

これは主に、NVIDIA GeForce RTX 4080 GPUと積み重ねたAMDのフラッグシップモデルの一部かもしれない。

AMDのNVIDIAとの劇的なコスト差は、競合他社よりも自社を検討するようバイヤーを揺り動かす可能性があります。

最初のAMDのリファレンスカードの出荷分が市場に出てそれらが発売されれば、次に、より高価なオプションが間もなく登場すると噂されるAIBパートナーは、GPUの売上げは、AMDが予想するレベルには達しないだろう。

AMDがNVIDIAのRTX 40シリーズよりも優れたローンチサプライを用意するかもしれないと報じたが、レッドチームは、まずリファレンスデザインをユーザーに味わってもらいたいというのが本音のようだ。

ハイエンドGPUの分野では、NVIDIAとAMDの両社がしのぎを削る熱い12月になることは間違いないだろう。

AMDは2022年12月13日にRadeon RX 7900 XTを899ドル、Radeon RX 7900 XTXを999ドルで販売開始する予定です。

AMD Radeon RX 7900 XTX/XT "公式 "スペック:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 7900 XTX
AMD Radeon
RX 7900 XT
AMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
GPUNavi 31 XTXNavi 31 XTNavi 21 KXTXNavi 21 XTX
製造プロセス5nm+6nm5nm+6nm7nm7nm
ダイサイズ308mm2
(GCDのみ)
533mm2 (MCD込)
308mm2
(GCDのみ)
533mm2 (MCD込)
520mm2520mm2
トランジスタ数580億
(GCDのみ)
580億
(GCDのみ)
268億268億
GPU WGP数48424040
ストリーム
プロセッサ数
12,28810,7525,1205,120
TMU数/
ROP数
384 / 192384 / 192320 / 128320 / 128
ゲームクロック2.3 GHz2.0 GHz2100 MHz2015 MHz
ブーストクロック2.5 GHz2.2 GHz2310 MHz2250 MHz
FP32 TFLOPS61 TFLOPs52 TFLOPs23.65 TFLOPs23.04 TFLOPs
メモリ容量
・種類
24 GB
GDDR6
20 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
インフィニティ
・キャッシュ
96 MB80 MB128 MB128 MB
メモリバス幅384-bit320-bit256-bit256-bit
メモリクロック20 Gbps20 Gbps18 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅960 GB/s800 GB/s576 GB/s512 GB/s
実効帯域幅5.2 TB/s不明1728.2 GB/s1664.2 GB/s
TBP355W300W335W300W
PCIe
インターフェイス
PCIe 5.0 x16PCIe 5.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16
価格$999 US$899 US$1099 US$999 US

ソース:wccftech - Only A Few Select AMD Board Partners Have Radeon RX 7900 Custom Designs Ready For Launch Day

 

 

 

解説:

AMDの価格戦略はGeforceを撃破できるか?

正直に言うと私はAMDのファンと言うこともあり、RX7900XTX/XTがどうなるかのかわかりません。

売れるんじゃないかと思う反面、レンダリングやAI、エンコード周りが弱いので売れないのでは?とも思ってしまいます。

ゲームにだけ使う人たちには売れるんじゃないかと思っています。

日本では上位のカードを使う人たちの中にはストリーマーも含まれると思います。

ストリーマーにとってはエンコーダーやそのサポートがしっかりしていないとなかなか苦しいでしょう。

上衣のGPUと言うのは一般人のみならず、プロクリエイターなども使いますので、それを考えるとRadeonはどうなんだろうとも思います。

今回に関してはRX7900XTXの価格がかなり戦略的ですから、市場からどのような評価を受けるのか?非常に気になるところです。

コスパを求める人たちからは間違いなく歓迎されるでしょうね。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 7900 XTXをamazonで検索する

Radeon RX 7900 XTをamazonで検索する

 

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.