GPU情報

NVIDIAは、AMD Radeon RX 6800シリーズに対抗する新しいGeForce RTX 30 "GA102 "シリーズSKUを準備しています - 7424コアと320ビットバスを特徴としています。

投稿日:

 

NVIDIAは、AMD Radeon RX 6000シリーズのリークを注視しているようで、新しいGeForce RTX 30シリーズのグラフィックカードを作ってラインナップに取り組むかもしれません。

Kopite7kimiさんのツイートによると、NVIDIAがRTX 3070 Tiグラフィックスカードをキャンセルしたという報告は、このカードが元の設計仕様から1層上に移動したとされているため、重みを持っているかもしれません。

NVIDIA GA102は、7424コア&320ビットバスを搭載したGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードを搭載し、AMD Radeon RX 6800シリーズに対抗することを目指していると言われています。

最新のNVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードの名前は、現時点では確認できませんが、Kopite7kimiが仕様がどのようなものになるのかを紹介しています。

元のGeForce RTX 3070 Tiは、Radeon RX 6800シリーズのグラフィックカードにマッチするだけでは十分ではなかったようですので、NVIDIAはGA104 GPUをGA102 GPUに置き換えることでスペックを向上させることにしました。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードは、まだGeForce RTX 3070 TiやGeForce RTX 3070 SUPERと呼ばれているかもしれないが、前述の通り、はっきりとしたことはわからない。

スペックとしては、このカードにはGA102-150-KD-A1 GPUが搭載される。GA102 GPU SKUの第3弾となる。GA102-150-KD-A1 GPUは7424個のCUDAコアまたは58個のSMを搭載しています。

これはGeForce RTX 3070よりも26%多く、GeForce RTX 3080よりも約9%低いCUDAコア数となっている。

以前のGeForce RTX 3070 Tiは、6144個のCUDAコアを持つフルGA104 GPUを搭載する予定だった。

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti はまた、16 GB GDDR6 VRAM と 256 ビットバスを搭載することになっていましたが、それも変更されました。新しい仕様では、カードは320ビットバスインターフェースを搭載し、10GB GDDR6X VRAMを搭載すると予想されていたが、それも変更された。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ「Ampere」グラフィックスカードの仕様:

グラフィック
カード名
NVIDIA
GeForce RTX
3060 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3070
NVIDIA
GeForce RTX
3070 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3080
NVIDIA
GeForce RTX
3090
GPU
アーキテクチャー
チップ型番
Ampere GA104-200Ampere GA104-300Ampere GA102-150Ampere GA102-200Ampere GA102-300
製造プロセスSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nm
ダイサイズ395.2mm2395.2mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2
トランジスタ数174億174億280億280億280億
CUDA数486458887424870410496
TMU数 /
ROP数
未確認184 / 96232 / 80272 / 96328 / 112
Tensor /
RT コア数
152 / 38184 / 46232 / 58272 / 68328 / 82
ベースクロックTBA1500 MHz未確認1440 MHz1400 MHz
ブーストクロックTBA1730 MHz未確認1710 MHz1700 MHz
FP32 演算性能TBA20 TFLOPs未確認30 TFLOPs36 TFLOPs
RT 演算性能TBA40 TFLOPs未確認58 TFLOPs69 TFLOPs
Tensor-TOPsTBA163 TOPs未確認238 TOPs285 TOPs
メモリ容量
・種類
8 GB GDDR68 GB GDDR610 GB GDDR6X?10 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
メモリバス幅256-bit256-bit320-bit320-bit384-bit
メモリ速度14 Gbps14 Gbps320-bit19 Gbps19.5 Gbps
メモリ帯域幅448 Gbps448 Gbps320-bit760 Gbps936 Gbps
TDP180W?220W250-280W320W350W
小売価格
(FE版・米ドル
$399 US?$499 US$599 US?$699 US$1499 US
発売日2020/11?2020/10/29不明2020/09/172020/09/24

GPUは、約250-280Wで評価される可能性があり、GeForce RTX 3080は、Radeon RX 6800 (Navi 21 XL)グラフィックスカードに対抗するのに十分であるが、GeForce RTX 3080はRadeon RX 6800 XT (Navi 21 XT)と競合しており、GeForce RTX 3080よりもわずかに遅いだろう。

価格の面では、このカードは、RTX 3070とRTX 3080の間に完全に収まる599ドル(約599米ドル)であると予想できる。

ソース:wccftech - NVIDIA Preps New GeForce RTX 30 “GA102” Series SKU To Tackle AMD Radeon RX 6800 Series – To Feature 7424 Cores & 320-Bit Bus

 

解説:

メンヘラ女のようなムーブをかますnVidia

先日RTX3080 20GBとRTX3070Ti 16GBのキャンセルが発表されたばかりですが、AMDのBig Naviの詳細が明らかになるにつれ、不安になったのか、今度は新しい仕様のRTX3070Tiが準備されているという噂が流れてきました。

私は「いいからちゃんと数を出せ」と思うのですが、無実の彼氏の浮気を疑うメンヘラ彼女のように、執拗にBig Naviに対抗する新製品企画し出さないと気が済まないようです。

その新製品とはカットダウン率約30%のGA102を使ったRTX3070Ti(実際にはRTX3080のダウングレード)でした。

10GBでRTX3070より約26%程CUDAコア数が多いので、価格によってはかなりお得感の高い製品になる可能性があります。

 

新RTX3070Tiが企画された背景

以前のリークのRTX3070TiはGA104のフルシリコンを使った製品でしたが、今回のRTX3070TiはGA102のカットダウン率約30%の製品です。

これを見ると、製品の歩留まりが良くないのかなあと思います。

思っていたほどGA104のフルシリコンが取れず、GA102でもRTX3080の基準に達しないチップが多い場合、この製品は全体の生産数には影響を与えないということになります。

ただ、nVidiaのAMD新製品に対抗するパラノイア的な行動を考えるとちゃんと製品にできるRTX3080向けのGA102を一部回している可能性も否定はできないです。(苦笑

作れば売れる状態なのですから、AMDの新製品はとりあえず無視して、きちんと市場に製品を流して欲しいところです。

まるでありもしない彼氏の浮気を疑って泣きながら「浮気するなら手首を切る」と言っているメンヘラ彼女のようにウザいです。

薄幸そうな美少女がメンヘラムーブをかますならまだ少しは絵になりますが、革ジャンを来たオッサンがメンヘラになるのは絵になりません。

いくらなんでもウザすぎです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.