GPU情報

中国のショップJD、NVIDIA GeForce RTX 3080を10月に1000未満のユニットを販売することしかできなかったにも関わらず、偽の販売台数が報告されました。

投稿日:

10月がほぼ終わり、中国最大の小売店であるJD.comから数字が出始めました。

これは、小売店が販売数を偽装し、サイト上でバイヤーがレビューを提出したことさえあるAPAC市場地域でさえ、NVIDIA GeForce RTX 3080の在庫状況がどれほど悪いかを示しています。

NVIDIAのパートナーは、10月に中国最大の小売店でGeForce RTX 3080グラフィックスカードの販売が1000枚未満でした。

Baiduフォーラムのメンバーがまとめた数字は、中国市場でもNVIDIA GeForce RTX 3080の供給が不足していることを示しています。

それだけでなく、数字は、実際のバイヤーレビューの数が報告されているものよりもはるかに少なく、供給の問題がないことを示唆するために偽のレビューが投稿されていることを示しています。

カラフルは、GigabyteとGALAX、ASUS、GigabyteのようなNVIDIAのAIIBの残りのメーカーがそれぞれ合計で130、50、150台を出荷している間に、その250枚のカードのために35.71%の事実に基づいたレビューを表示することができた唯一のメーカーでした。

後者の3つのAIIBは、偽のレビューに対して900、400、3900台の販売台数を記載していたが、実際にはもっと少なかった。MSIは、グラフィックスカードの販売数が最も多い57,000台をリストアップしていますが、実際には80台しか販売できなかったので、全体の0.14%に過ぎません。ZOTACでさえ、実際の販売台数が10台であるのに対して、35,000台の販売台数をリストアップしています。

AORUS GeForce RTX 3080 MASTERを例にとると、現在在庫切れで、JD.comあたり, それは3900以上のレビューを受けているが、バイヤーのレビューをスクロールダウンすると、わずか10の実際のレビューを示しており、3890レビューの残りの部分は存在しません.

これは、NVIDIA RTX 3080の発売が、実際にはカード自体の供給不足が原因でしたが、大量の需要に対して虚の報告を行い販売数を偽造することによって、小売業者やAIBにとってどれほど都合が悪かったかを示しています。

これは間違いなく、NVIDIAのCEO自身が、AmpereベースのGeForce RTX 30グラフィックスカードの供給が2021年初頭までに良くなることを確認しているため、ユーザーの大多数は、NVIDIAが約束していた発売日とは異なり、新しいグラフィックスカードを手に入れるのをずっと待たなければならないということを意味しています。

同じことがNVIDIAのGeForce RTX 3070グラフィックスカードにも当てはまることが判明しており、大手小売店では需要の10%未満しか満たすことができません。

GeForce RTX 3090の供給は、ニッチでハローな製品であり、RTX 3080と同じレベルのGPU需要がないため、やや良好だが、RTX 3070は499ドルの米国価格帯をターゲットにしているため、RTX 3080の在庫問題と同じようなことが繰り返されると予想される。

大多数のユーザーは、RTX 30シリーズの製品と比較して、性能面で非常に良さそうなAMDのRadeon RX 6000シリーズへの乗り換えを検討しているとさえ言われている。

もしAMDが発売時にまともな在庫を管理し、カードの価格を適切に設定することができれば、ユーザーはRX 6000カードを購入する傾向が強くなる可能性があります。今、それは明らかにNVIDIAのRTX 30シリーズの在庫の圧力を取り除くだろうが、また、赤のチームがDIY市場で大きなシェアを獲得することになるかもしれない。

ソース:wccftech - Chinese JD Retail Outlet Only Able To Sell Less Than 1000 NVIDIA GeForce RTX 3080 Units in October, Fake Sales Figures Reported

 

解説:

じつに中国らしい問題

中国では都合の悪いことがあれば嘘で塗り固めるので、本当のことを言ってるかどうかと言うのは実際に調べてみないとわからないわけですが、RTX3080についても同じことが起きたようです。

こうした偽造は他国の小売店やAIBから報告が上がれば簡単にバレてしまうわけですが、それでも後先考えずに安易に嘘をつく当たり、中国らしいと言えばらしいです。

数字が極端すぎて、子供でも分かる嘘です。

売上と付け合わせたら即バレる嘘ですね。

信ぴょう性と言う点で数字を盛りすぎだと思いますが、信頼性のない社会と言うものがどんなものか垣間見えるエピソードだと言えます。

生産体制が整っていないのは端的にnVidiaの問題であり、小売店の責任ではないと思うのですが、やはり現場は嫌なものなのでしょう。

その点にだけは少し同情しますが、未開の野蛮人ではないのですから、こういう安易で意味のない嘘をつくのはそろそろ卒業してほしいところです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.