GPU情報

インテル、初のディスクリートDG1 GPUの出荷に成功、Xe HPGベースのDG2はすでにテープアウト済み

投稿日:

それは、同社が初のディスクリートGPU(DG1)の量産出荷を開始したことだ。

これは同社にとって信じられないほどのマイルストーンであり、XeがLarrabeeの道を歩むという主張を無駄にしてしまうことになる。

それだけでなく、同社は、Intel Xe HPGアーキテクチャをベースにしたDG2 GPUは、すでにテープアウトされており、ラボで電源が入っていることを明らかにした。

Intelが初のディスクリートGPU「DG1」を量産出荷、Xe HPGベースのDG2はテープアウト済みで電源投入済み

IntelのディスクリートGPUプログラムが缶詰になり、DG1がディスクリートGPU形式で出てくることはないだろうという噂が流れていた。

Intelはその噂を打ち砕いただけでなく、すでにDG1を大量に出荷していると発表した。

また、すでにDG1のデザインで少なくとも2つの大きな勝利を収めていることもわかっている。GPU業界は非常に長い間、2つのプレーヤーが存在していたが、これで公式には三者択一となったようだ。

この密やかな発表は、投資家向けプレゼンテーションのスライドに隠されていたもので、DG1が大量に出荷され、DG2がその途中にあることを確認した。

また、Intelは、DG2がDG1の後継となるだけでなく、Xe LPアーキテクチャをベースにしたものではなく、Xe HPGアーキテクチャを採用したはるかに強力なGPUになることも明らかにした。

これは、DG1が同社の努力を本格的にスケールアップする前に、常に同社のためのトレーニングホイールであることを考えれば、驚くべきことではない。

Xe HPGはTSMCのプロセスで製造されるので、同社自身の製造難に悩まされたり、影響を受けたりすることはないだろう。

噂によると Intel Xe HPG GPUは2021年にGDDR6メモリを搭載した960EUとなるだろう。

TwitterユーザーRaichu氏のツイート(すでに削除されている)によると、IntelのXe HPGは、トップエンドモデルで予想されている512コアの代わりに960コアを搭載する可能性があるという。

これにより、期待されるコア数は4096から7680へと増加し、また、本当ならばカードの期待されるTFLOPレーティングも大幅に上昇することになる。

リーカーによると、Intelは現在960EUのSKUを評価しているという。

Intelは以前、Xe HPGには1つのタイルしかないことを確認しており、私たちが見てきた最大のタイルは512EUだったので、これが同社が暗示した理論上の最大値だった。

この噂が本当であることが判明した場合、Intelはその決定を変更し、2つのタイルコンセプトのバインディングバージョンで行くことを決定している可能性があります(各430 EU - これは、Xe HPからバインディングされたダイを示すことになります)。

これは明らかに彼らがより関連性の高い、NVIDIAとAMDからの提供物に対して競争力を維持するのに役立つだろう。

IntelのXe HPGのラインナップは、Twitterのリーカーである@Mebiuw氏によると、2021年のいつかに登場する予定で、GPUは6GBか8GBのGDDR6を搭載すると予想されています。

いずれにしても、ゲーミングセグメントへの最初の参入のために、IntelはAmpere/Navi-slayerの代わりにメインストリームのアプローチをしようとしていることは明らかであり、価格/性能のスイートスポットをターゲットにしている可能性が高い。

IntelにはGPUに大幅な補助金を出し、ゲーマーに安く販売して市場シェアを確立する資金力があり、Xe HPGはそのための完璧なツールになるはずだ。

IntelのXe HPGに関する追加の背景

Xe HPやHPCはHBMメモリを利用しているが、Intelはゲーマーのど真ん中をターゲットにしているため、HPGブランドをより予算に合わせたものにしたいと考えている。

このため、このアーキテクチャにはGDDR6メモリが搭載されている。

今、会社はアーキテクチャについて固く口を閉ざしていたが、GPUがハードウェア専用のレイトレーシングのサポートを特徴とし、2021年に発売することを確認しました。

おそらく、明らかになった最大の事実は、グラフィックスカードが外部プロセス(おそらくTSMC)で作られるという事実で、Intelが直面する可能性のあるファウンドリーの遅延に縛られないことを意味します。

[意見]2021年の登場するとき、TSMCの7nmまたは6nmプロセスは、AMDなどが5nmに移行することで解放され始め、それがこのGPUにとって最も実現可能なプロセスになると思います。[意見ここまで]

Xe HPGの詳細を知ろうと、GPUがMCMベースなのかシングルタイルなのかをRaja Koduri氏に尋ねたところ、直接質問には答えてくれなかったが、GPUのケイデンススライドに記載されているパッケージングの詳細を参照するように言われた。

Xe HPのようなマルチタイルGPUは、特別なEMIBとCo EMIBのパッケージングを必要とし、Xe HPGは「標準」パッケージとして記載されている。これは、GPUがXe HPGの1タイルで出荷されることを確認するものだ。

また、Xe HPGの理念にあるスケーラビリティのアーチは、最初のGPUが同社の試運転であり、うまく機能すれば、それをスケールアップすることは些細なことであるはずだということを示している。

Xe HPGの最初のGPUは、1つのタイルからスタートしているが、反応が良ければ、より多くのタイルに簡単にスケールアップし、GPUの性能を指数関数的に向上させることができるという。

さらに、Intelはドライバスタックの統一化に取り組んでいる(例えば、Tiger LakeのXe GPU用のドライバはすでにDG1で動作している)。

ソース:wccftech - Intel Successfully Ships Its First Discrete DG1 GPU, Xe HPG Based DG2 Already Taped Out

 

解説:

既に出荷扱いになっていたDG1

開発者向けにごく限られた数を出荷扱いにし、サポートや不具合などの対応を見る練習としていたようです。

AIBが一社もついてこなかったこともあってかなり慎重だなあというのが私の感想です。

Intelらしいと言えばらしいです。

DG1は96EUでTigerlake内蔵と規模は同じ、DG2は384EUになるようです。

当初512EUになるといわれていたXe-HPGは960EUとほぼ倍になるようです。

Ampereの性能ジャンプに合わせたという感じがします。

AmpereやBig Naviの性能を見ると、「最低」20TLOPS級でないとまともに戦えないでしょう。

512EUではTigerLakeの内蔵GPUから計算すると、10-12TFLOPS程度であり、これではミドルレンジ以下の性能しか発揮できないことになってしまいます。

ゲーム用はサーバー向けと違って1Tileのみになるようですから、EU数の倍増は自然な流れでしょうね。

それでもいきなりRTX3090/3080やBig Naviとまともに戦える性能の製品が出てくるのは難しいと思います。

しかし、永らく二大メーカー時代が続いたGPUの世界に新しいチャレンジャーが入ってくるのは歓迎すべきことだと思います。

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.