GPU情報

AMD Radeon RX 6800 XT "Big Navi" GPU疑惑の3DMarkベンチマークがリーク - 4KでGeForce RTX 3080より速いが、ポートロイヤル・レイトレーシングテストでは遅い

投稿日:

AMD Radeon RX 6800 XT "Big Navi "グラフィックスカードの疑惑のパフォーマンスベンチマークがリークされた。

この数字は、AMD AIBのパートナーからのもので、この性能指標は初期のエンジニアリングボードに基づいており、カードが発売されるまでにさらに改善される可能性があると言及しています。

AMD Radeon RX 6800 XT "Big Navi" GPU 3DMark Benchmarks リークアウト - 疑惑の結果、4KラスターでGeForce RTX 3080を超えるが、レイトレーシングでは負ける

見せてもらったAMD Radeon RX 6800 XT "Big Navi GPU "グラフィックスカードのベンチマークには、3DMark Firestrike Ultra(4K)、Time Spy Extreme(4K)、Port Royal Default(4K)などがある。

たまたま見たグラフィックス性能チャートでは、「E438」と呼ばれるRadeon RX 6000シリーズの "Big Navi GPU "グラフィックスカードが紹介されていた。

このカードは、NVIDIAのGeForce RTX 3080とGeForce RTX 2080Tiのグラフィックスカードと比較されていた。

スペックについては言及されていないが、性能数値は以下の通り。疑惑のAMD Radeon RX 6800 XTグラフィックスカードは、4K解像度の3DMark Firestrike Ultraで12,781点をスコア。

比較のため、GeForce RTX 3080が10,531ポイントをスコアしているのに対し、GeForce RTX 2080 Tiは8,210ポイントをスコアしている。このカードはRTX 3080よりも22%速く、GeForce RTX 2080 Tiよりも56%速い。

4K解像度の3DMark TimeSpy Extremeに進むと、AMD Radeon RX 6800 XTが8,230点のスコアを叩き出すという。

比較に使用したGeForce RTX 3080は7,978点、Geforce RTX 2080 Tiは6,933点となっている。ベンチマークを見る限り、Radeon RX 6800 XTはRTX 3080よりも3%前後、RTX 2080 Tiよりも19%前後速いようです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

私たちのスコアに加えて、KittyYYuko(元KittyCorgi)は、Twitter仲間のHarukzae5719がまとめたAMD Radeon RX 6800 XT(80 CU Big Navi)グラフィックスカードのベンチマークを上のチャートに掲載してくれました。

なお、Harukzae氏が投稿したパフォーマンスメトリクスは、グラフィックススコアだけを基にしたものであることに注意してください。

最後に、デフォルトの4K解像度でテストした3DMark Port Royalがある。Radeon RX 6800 XTはここで4387ポイントを獲得したが、RTX 3080とRTX 2080 Tiはそれぞれ5351と4241ポイントを獲得した。

AMD Radeon RX 6800 XT "Big Navi" GPUは、RTX 3080が22%のリードを得て、このレイトレーシング特定のベンチマークで競争よりもわずかに遅いことが判明したが、Radeon RX 6800 XTは、NVIDIAから製品の最後の世代の間に製品のフラグシップレイトレーシングだったRTX 2080 Tiよりもわずかに優れたパフォーマンスを提供するために管理しました。

今、それはレイトレーシングのパフォーマンスが完全に現在のドライバではまだ最適化されていない可能性がありますし、我々 はカードが消費者やレビュアーに出荷するときに最終的なドライバでより良いパフォーマンスを期待することができます可能性があります

疑惑のAMD Radeon RX 6800 XT「ビッグナビGPU」グラフィックスカードベンチマーク:

GPU名AMD Radeon
RX 6800 XT
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
3DMark
Firestrike Ultra 4K
12871 (100%)10531 (81.8%)8210 (63.8%)
3DMark
TimeSpy Extreme 4K
8230 (100%)7978 (96.9%)6933 (84.2%)
3DMark
Port Royal 4K
4387 (100%)5351 (122.0%)4214 (96.1%)

AMD Radeon RX 6800 XTとNavi 21 XT & Radeon RX 6800とNavi 21 XL GPU

AMD Radeon RX 6800シリーズは、RDNA 2ベースのグラフィックスカード2枚、Navi 21 "Big Navi "ベースのRadeon RX 6800 XTとRadeon RX 6800を搭載する。

AMD Radeon RX 6800 XTには、Navi 21 XT GPUが搭載されており、72のコンピュートユニットまたは4608のSPを搭載したカットダウンSKUとなっています。

また、このカードは256ビットバスインターフェースで16GBのGDDR6メモリを搭載し、全帯域幅は512GB/s、クロックはリファレンススペックでベースが2015MHz、ブーストが2250MHzとなっています。

昨日、「Navi 21 XT」は、リファレンス仕様で320W、カスタム仕様で355Wという高いTBPを搭載する可能性があると報じられていた。

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、4096ストリームプロセッサの64コンピュートユニットを搭載したNavi 21 "Big Navi" GPUをさらに削減したものになります。

このカードは、同じVRAM構成の16GB GDDR6メモリ、256ビットのバスインターフェイスを備えているが、最終的には14Gbpsのわずかに低いメモリクロックで448GB/sの正味の帯域幅を提供すると報告されている。

GPUはリファレンススペックで1815MHzのゲームクロックと2105MHzのブーストクロックを搭載するという。

また、AMD Radeon RX 6800 with Navi 21 XL GPUは、純正クロックで290WのTBPを搭載する可能性があると述べられています。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "RDNA 2 "グラフィックスカードをラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6700
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
GPUチップNavi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTX
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm
CU数未確認40647280
SP数未確認2560409646085120
TMU数
/ROP数
未確認未確認未確認未確認未確認
ベース
クロック
未確認未確認未確認未確認未確認
ゲーム
クロック
未確認未確認1815 MHz2015 MHz2040 MHz
ブースト
クロック
未確認未確認2105 MHz2250 MHz2330 MHz
メモリ容量
・種類
12 GB GDDR612 GB GDDR616 GB GDDR616 GB GDDR616 GB GDDR6
メモリバス幅192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit
メモリ
クロック
14 Gbps?16 Gbps?14 Gbps16 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅320 GB/s384 GB/s448 GB/s512 GB/s512 GB/s
TDP未確認未確認290W TBP?320W TBP?>320W TBP?
価格未確認未確認未確認未確認未確認

 

トリプルファン冷却ソリューションを搭載したAMD Radeon RX 6900シリーズ

デザイン自体はともかく、Radeon RX 6000のフラッグシップモデルの冷却デザインは、赤と黒を基調としたデザインが目を引く。このカードは、シュラウドにトリプルアキシャルテックファンを搭載し、その下を走る大型のアルミ製ヒートシンクを搭載しています。

カードの側面には、LEDライト付きのRadeonのロゴがあり、ファンが熱風を排出するための大きな切り欠きが側面にあります。このデザインは、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズのFounders Editionクーラーを彷彿とさせる。

このカードは、デュアル8ピン電源を搭載し、ディスプレイポートには、USB Type-C (VirtualLink)、HDMI、DisplayPortコネクタが2つ搭載されています。

このカードはまた、クーラーを固定するためのリテンションブラケットとともに、派手なバックプレートを備えています。

Radeon RX "Big Navi" GPUは、NVIDIAのフラッグシップRTX 3080と同じ標準的な2スロットのリファレンスデザインで提供されるようだが、トリプルスロットのGeForce RTX 3090ほど巨大ではない。

AMDは10月28日にRX 6000シリーズのグラフィックカードファミリーを正式に発表する。

最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、2020年後半は間違いなく面白い時代になるだろう。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6800 XT “Big Navi” GPU Alleged 3DMark Benchmarks Leaked – Faster Than GeForce RTX 3080 at 4K, Slower In Port Royal Ray Tracing

 

解説:

記事中で敢えて誤認させるような書き方をしているので、解説でははっきり書いておきます。

元記事の中でRX6800XTとされているのは80CUのエンジニアリングサンプルであり、スペック的にはRX6900XTと同等です。

その点に触れていないのは良くないと思いますので、指摘しておきます。

その点を前提に話を進めます。

このベンチマーク結果に偽りがなければ、RX6900XTはDirectX11の性能のみRTX3090に匹敵する可能性があります。

ただし、DirectX12に関してはRTX3080相当です。

この段階での5%以内の差は誤差と言ってもよい可能性があります。

Navi10ではTuringやAmpereと比べるとDirectX12よりDirectX11の方が性能が高くなる傾向にあります。

そのため、DirectX11のベンチマークであるFireStrikeではGeforceを圧倒する結果が出てもおかしくないです。

nVidiaはTuringから旧世代の規格となったDirectX11よりもDirectX12の方に性能の焦点を合わせています。

それは、PascalとTuring、Ampereを比較するとはっきりと傾向として表れています。

RX6900XTは完全にイコールではないものの、DX11に関してはRTX3090に匹敵する性能があることは事実だと思いますし、これは素直に凄いことなのかなと思います。

恐らく、かなり無理をしてクロックを上げているのでしょう。

これだけ性能が高いとRX6900XTは事前リークの$549ではなく、もっと高くなるかもしれません。

10万円以上してもおかしくはない性能だと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/24 02:21:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.