CPU情報 その他

1usmus、AMD Ryzen 3000 CPU用ClockTunerパフォーマンスブーストユーティリティを発表、各CCXの効率も向上

投稿日:

AMD Ryzen 3000 CPU用の新しいパフォーマンス向上ユーティリティ「ClockTuner for Ryzen」(略して「CTR」)を発表しました。この新しいツールは、Zen 2 Ryzenのオーナーにパフォーマンスを向上させるだけでなく、Zen 2ベースのプロセッサの消費電力を減らすことで効率を向上させることを目的としています。

1usmus の CRT (ClockTuner for Ryzen) Unveiled - すべての Zen 2 ベース AMD Ryzen CPU のパフォーマンスを向上させ、効率を向上させます。

1usmusは、Ryzen用のDRAM Calculatorで有名だが、今ではそれを超えて彼の能力を拡大している。

彼の最新のRyzenチューニングツールは、Ryzen用のCTRまたはClockTunerとして知られている。

このチューニングユーティリティは、消費電力を増加させることなく、Ryzen 3000と第3世代Ryzen Threadripper CPUを含むZen 2ベースのプロセッサのパフォーマンスを向上させるように設計されています。

このツールがどのようにそれを実現するかは非常に複雑だが、1usmusのCTRは完全に自動化されているので、ユーザーは何も心配する必要はない。

このユーティリティは、個々のCCXモジュールのそれぞれをアンダーボルトすることで、AMDのZen 2プロセッサ、特にチップレットベースの設計を特徴とするプロセッサの全体的な性能を向上させると説明されている。

各CCXに低電圧化を行うことで、Zen 2プロセッサは高速に動作するだけでなく、冷却も可能になることが示されています。

これにより、CPUがすべての省エネ技術のためにアクティブな状態を維持しながら、全体的な消費電力を削減することができます。

CTRのもう一つの重要な機能は、各CCXの品質を評価し、個別に周波数を調整するスマート・オーバークロックです。

1usmusmusが開発したPrime95の特別なプリセットは、各CCXの品質を評価するユーティリティに組み込まれている。

CPUノード(モジュール)の負荷を移動させることなく、すべてのCCXのバランスのとれた動作のために周波数を微調整するアルゴリズムが設計されています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

CTR内に組み込まれている評価ソフトはPrime95だけではない。
1usmusでは、Cinebench R20のプラグインテストパッケージも紹介しており、これはチューニングされたCPUの全体的な性能を評価するだけでなく、内蔵のCinebench R20ベンチマークを実行している間に達成された効率テストの一環として、CPUの電圧と消費電力を表示している。

1usmus'sは、CTRは誰でも無料で利用でき、TBPを50%、時にはそれ以上に増加させる一方で、性能をわずかに増加させるだけのオーバークロックユーティリティやマザーボードベンダーが提供する自動ブースト技術よりも優れた性能を提供していると述べている。

 

1usmusのCTR (AMD Ryzen用ClockTuner) CPU性能と効率性のテスト

CTRで達成された結果については、1usmusは2つのZen 2システムから結果を提供しています。

1台はRyzen 9 3900X(ASUS ROG Crosshair VII Hero)で構成され、もう1台はAMD Ryzen Threadripper 3960X(ASUS ROG Zenith II Extreme)で動作しています。両システムともデフォルト&チューニング(CTR)設定で比較した。

デフォルトのAMD Ryzen 9 3900X CPUと比較すると、チューニング版では、CPUの総消費電力を12.8ワット削減しながら、パフォーマンスを7%向上させています。

CPUは、デフォルトの1.312Vに対して1.225Vの低電圧を維持しながら、より高い周波数で動作します。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen Threadripper 3960Xシステムでは、パフォーマンスが5.2%向上し、総消費電力が12ワット低下した。

また、CPUは1.296Vに設定されたデフォルトチップと比較して、安定したクロックを維持しながら、1.25Vの低電圧で動作していました。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

互換性については、AMD Ryzen CPU用のCTRソフトウェアは、すべてのAM4マザーボードでサポートされている。

マザーボードがCCX用のCCX構成をサポートしていない場合でも、低レベルのSMUアクセスはCPUやマザーボードベンダーが課す制限をバイパスできるため、動作するだろう。

また、CTRには、アンチウイルスソフトがシステムにとって危険だと認識するような危険なコードが含まれていないことも明記されている。これは、Ryzen CPU用のAMD DRAM計算機の大きな問題の1つだったが、CTRで修正されている。

ソース:wccfteh - 1usmus Unveils ClockTuner Performance Boosting Utility For AMD Ryzen 3000 CPUs, Also Improves Efficiency of Each CCX

 

解説:

ClockTuner for Ryzenというソフトが発表され、これを使えば簡単にRyzenの性能を引き出すことが出来るようになるそうです。

どこでダウンロードできるのか探してみましたが、残念ながらまだ発表されただけでダウンロードできないようです。

性能向上とともに、省電力にもなるようで、これが事実としたらちょっと驚きです。

 

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,538 (2020/10/25 20:09:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/25 20:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/25 20:09:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/25 20:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.