CPU情報 その他

NVIDIAの潜在的なアームの買収は、x86のための競争を増加させながらも激烈なものになる

更新日:

NVIDIA Corporation (NASDAQ:NVDA 507.34 4.47%)が英国のチップ設計会社Arm Ltd.の買収に関心を示しているとの報道は、業界のウォッチャーや一般の人々の間で様々な反応を呼んでいる。

競争力の高い製品でデータセンターや人工知能市場に参入しているNVIDIAは、プロセッサやグラフィックス処理装置の低消費電力アーキテクチャの設計で知られるArm社とはビジネス上の相乗効果がない。

当然のことながら、このことは、NVIDIA社がArm社を買収しようとした動機に疑問を投げかけるものであり、この取引を進めた場合、NVIDIA社が今後直面するであろういくつかの問題につながっている。

 

NVIDIAのARMの買収は、会社のオペレーティング・モデルを根本的に再構築するだろう

全体を俯瞰してみると、NVIDIAとArmが収益を生み出す方法が構造的に異なっていることは明らかです。

前者は、自ら設計したハードウェア製品を消費者や企業に販売することで収入を得ている。

後者は、リファレンスデザインと最終製品を作成し、それを企業にライセンスして価格で提供している。

つまり、NVIDIAが自社のデザインを自社の製品にのみ使用することを制限しているのに対し、Armはこれらのデザインをライセンシーに販売しているのだ。

このため、GPUメーカーは製造コストを負担し、Armの顧客はこれらのコストを自分たちで負担するため、NVIDIAのマージンは当然ながらArmのものよりも低くなる。

さらに、両社はエンタープライズ、データセンター、自動車市場をターゲットにしているが、Arm社だけは、ローエンドのノートパソコン、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルなどを駆動する製品の開発を担当している。

両社を統合することは、NVIDIAの運営方法を根本的に作り直さなければならないことになるだろう。

もしArmを買収すれば、NVIDIAは、第5世代のセルラーネットワークが展開されている時期に、モバイルコンピューティングとコネクティビティ市場の未来を牽引する能力を持つことになる。これにより、NVIDIAは、その決定が世界中に広がる大小様々なテック企業の利益に影響を与えることを確実にします。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

NVIDA、Arm買収の前後に複数のハードルと困難な決断に直面

当然のことながら、このような事件には、マイナス面とプラス面の両方がある。この場合、NVIDIAのC.E.O.であるJensen Huang氏が革命的な計画を持っていない限り、前者の方が後者を凌駕することになる。

Arm社を買収することは、何よりもまずNVIDIAを米国と中国の間の貿易関係を緊張させる中心に置くだけでなく、この取引を広範囲にわたる規制上の精査の対象とすることになります。

英国の当局は、大西洋を横断しようとしている重要な企業に注目し、中国の当局は、Arm社のIPへの重要なアクセスを遮断しかねないさらなる制裁措置を心配しているだろう。

規制上の懸念から先に進むと、Arm社とNVIDIA社が運営面で異なるという事実は、買収後の文化的統合には良い結果をもたらすものではありません。

この取引の型破りな性質を考えると、Armの従業員は、製品やビジネスが自分たちのものとは異なる会社で働くことに憤慨する可能性が高い。

これは、大きな転換につながる可能性があります。

資本金の捻出は、NVIDIAがArmを買収する際に解決しなければならないもう一つの問題であることを証明しています。

7月の第2四半期末には、NVIDIAは約30億ドルの現金を持っていたが、これは四半期中に120億ドル減少した。Arm社の評価額は500億ドルから700億ドルで、NVIDIA社の負債と資本の合計は250億ドルであるため、同社は、現金と株式のスワップを含むオプションの組み合わせを検討しなければならない。

資金調達の最終的な選択は、現在の親会社であるソフトバンク(Softbank)が決定することになるが、ソフトバンクは、事業活動の資金調達のためのオプションを探していると報じられている。

もし負債に大きく依存するならば、NVIDIAは、Armの事業から最大の利益を得ることを確実にしなければならないだろう--Apple、Intel、AMDなどのArmの顧客が満足するような動きにはならないだろう。

 

英国のデザインハウスを買収してNVIDIAの収益源を増やす

この買収によるNVIDIAの利益は、買収後の業界の混乱最大化させる可能性があることです。

Arm社を買収することで、NVIDIAは、単にハイパフォーマンスコンピューティングのためのコンポーネントを提供する企業から、これらのアプリケーションのためのプラットフォーム全体を提供する企業へと移行することになる。

買収後、NVIDIAが自社製品をArm社のソリューションとをバンドルすることを決めた場合、Arm社のライセンスのユーザーは、NVIDIAにより多くのライセンス料を支払うか、カリフォルニア大学バークレー校が開発したRISC-Vのような代替製品に切り替えることを余儀なくされることになる。

それは、GPUの収益の周期的な性質に依存しないものである。

この収益源は、スマートフォンからモノのインターネット、医療アプリケーションに至るまでの産業全体に及び、NVIDIAが買収後もArmをそのまま維持することを決定した場合、NVIDIAは事実上、これらすべてのパイから利益を得ることになります。

Arm社がx86ベースのプラットフォームを提供し始めているときにCPUライセンスへのアクセスを得ることは、NVIDIA社のCUDAプラットフォームをArm社のCPUとペアリングする機会を提供することになります。

これにより、そのような製品に興味を持っている人たちには、チプレットのような半導体パッケージの進歩によって性能が向上すると予想されるIPを持つ強力な計算プラットフォームを使用するという優れた選択肢が提供されることになります。

このような動きは、買収後のNVIDIAがCUDAをArmに統合するためのコストを吸収できるようにするために、顧客からの保証されたサポートが必要になるだろう。

しかし、もし成功すれば、NVIDIAはArmプラットフォームを自社製品で効果的に浸透させ、その結果、収益とターゲット市場の両方を大幅に多様化させることになる。

ソース:wccftech - NVIDIA’s Potential Arm Acquisition To Be Tumultuous Yet Increase Competition For x86

 

解説:

真のx86キラーはnVidiaになるのか?

nVidiaがArmを買収することによってGeforceをGPUとし、そこからライセンス料を得るビジネスモデルを行うのではないかと言うことです。

このライセンス料を取るビジネスモデルはG-SYNCなどでも挑戦していましたが、あえなく潰えています。

しかし、Armは米中貿易の核心企業の一つであり、その扱いはかなり神経質なものになるでしょう。

また、その収益モデルは今のnVidiaと真逆であり、短期的にArmの従業員にはかなりのストレスがかかるのではないかと言われています。

しかし、数々の問題を乗り越えたとき、世界はGeforceを搭載したSoCであふれるバラ色の世界が待っているかもしれません。

かつてAMDがATiを買収し、inteのCPUがGPUを内蔵し始めたとき、「nVidiaは終わった」と思いました。

その後、演算性能やAI、機械学習などの新規分野の中心はGPUになり時価総額でIntelを超えるところまで来ました。

さらに、ここにきて、nVidiaがプラットフォームホルダーどころか、CPUメーカーになるとは思いもよりませんでした。

Armを手に入れたnVidiaがどこに行こうとしているのかはいまだにはっきりとしませんが、目が離せない組み合わせであることは確かです。

案外、10年後のゲーミングPCはnVidiaのGPUを搭載したArmのSoCによって支えられているかもしれません。

 

※ 筆者は2020年を境に世界は大きく変わるという世界観を持っており、その一貫としてx86は徐々にフェードアウトするという考えを持っています。そのようなバイアスのかかった記事であることはお断りしておきます。

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.