CPU情報

ASUSの次世代VivobookにDDR5メモリ対応のAMD Ryzen 6000U「Rembrandt」APUが登場、Ryzen 7 5800Uより高速になる

投稿日:

ASUSのAMD Ryzen 6000 Rembrandt APU搭載次世代ノートパソコンが再びリークされ、今回はBAPCoベンチマークリポジトリに掲載されました。

AMD Ryzen 6000U「Rembrandt」APU&DDR5メモリ搭載のASUSの次世代Vivobookが登場、AMDのフラッグシップ「Ryzen 5000U」より高速化

AMD Ryzen 6000 Rembrandt APUは、1月4日のCES 2022で発表される際に、Zen 3+ CPU & RDNA 2 GPUコアという形でメジャーアップデートが行われる予定です。

以前、ハイエンドのRyzen 6000Hのラインナップのリストも見たが、今回はエントリークラスのAMD Ryzen 6000 Uシリーズにフォーカスする。

BenchleaksがBAPCoで発見した、コードネーム「100-000000560-40_Y」のAMD APUが8コア16スレッドで登場した。

識別子の通り、4.0GHzのクロック速度を特徴とし、ASUS M3402RAノートPC内で動作していたと述べられている。

M3401シリーズはASUS Vivobookシリーズに特化しているため、M3402のラインナップに次のAMD Ryzenアップグレードが搭載されることは容易に想像がつく。

その他、デュアルチャネルで動作する16GBのDDR5-4800メモリ&ディスプレイ解像度2560x1600を搭載している。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

性能面では、AMD Ryzen 6000U「Rembrandt」APUが総合で1436点という立派なスコアを記録した。

これは、既存のASUS VivobookプラットフォームがAMDのRyzen 5000U「Cezanne」チップを搭載しており、ほとんどが生産性とメインストリーム向けの軽量ノートPCのデザインなので、ASUSがTUF Gaming & ROGラインアップのノートPCに予約されている上位Ryzen 6000H SKUで出荷するとは考えられないので、Ryzen 6000HではなくRyzen 6000Uという結論に至ったのである。

同じベンチマークでAMD Ryzen 7 5800Uと性能を比較すると、新しいラップトップは約4%速く、これは適切な最適化をしていない場合であり、また、これは現在エンジニアリングサンプルなので、チップが意図通りに動作したかどうかは誰にもわからないことを考慮しなければならない。

とはいえ、これは非常に優れたショーケースであり、同じベンチマークでRyzen 9 5980HXにほぼ迫っています(このチップは54Wです)。

Zen 3+コアは、ラップトップ・プラットフォームでその力を発揮するでしょう。

さらに、統合RDNA 2コアによる驚くべきパフォーマンスも期待でき、グラフィックス性能を現行のディスクリート・グラフィックス・カードに匹敵するレベルにまで押し上げるでしょう。

AMD Zen CPU / APU ロードマップ:

Zen
アーキテクチャー
Zen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5
製造プロセス14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?
サーバーEPYC Naples
(第一世代)
無しEPYC Rome
(第二世代)
EPYC Milan
(第三世代)
無しEPYC Genoa
(第四世代)
EPYC
Bergamo
(第五世代?)
EPYC Turin
(第六世代)
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen
Threadripper
1000
(White Haven)
Ryzen
Threadripper
2000
(Coflax)
Ryzen
Threadripper
3000
(Castle Peak)
Ryzen
Threadripper
5000
(Chagal)
無しRyzen
Threadripper
6000
(未確認)
未確認
メインストリーム
デスクトップ
Ryzen 1000
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
(Matisse)
Ryzen 5000
(Vermeer)
Ryzen 6000
(Warhol /
キャンセル)
Ryzen 7000
(Raphael)
Ryzen 8000
(Granite Ridge)
メインストリーム
デスクトップ
ノートPCAPU
Ryzen 2000
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 (Picasso)Ryzen 4000
(Renoir)
Ryzen 5000
(Lucienne)
Ryzen 5000
(Cezanne)
Ryzen 6000
(Barcelo)
Ryzen 6000
(Rembrandt)
Ryzen 7000
(Phoenix)
Ryzen 8000
(Strix Point)
低電圧
モバイル
無し無しRyzen 5000 (Van Gogh)
Ryzen 6000 (Dragon Crest)
未確認未確認未確認未確認

ソース:wccftech - AMD Ryzen 6000U ‘Rembrandt’ APU Shows Up With DDR5 Memory Support In ASUS’s Next-Gen Vivobook, Faster Than Ryzen 7 5800U

 

 

 

解説:

RembrandtはDDR5対応

Zen3+コアを搭載したAPU、コードネームRembrandtはDDR5対応になることがベンチマークでリークされた。

私が気になるのは、Rembrandtのデスクトップ版はどうなるのか?と言うことです。

ノート版がDDR5対応と言うことは、デスクトップのセグメント分けとして、プラットフォームはDDR5対応と言うことになり、AM5と言うことになります。

しかし、AM5はZen4 Raphaelからであり、Zen4が出た後にRembrandtを出してもあまり意味はないからです。

予定されていたWarholもキャンセルされましたが、Rembrandtもデスクトップでは出ないかもしれません。

今一つの可能性はRembrandtがDDR4/5両対応と言うものですが、コスト重視のAPUで余計なものを搭載する可能性は低く、こちらも可能性は低いように見えます。

非常に残念ですが、デスクトップ版Ryzen6000Gシリーズはキャンセルの可能性が高いと思われます。

最近の自作向けAMD CPU/APU本当に良い話がありませんね。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.