ゲームについて その他

PS5はXSXよりもコストが高くなる一方で、マルチプラットフォームのゲームでは性能面で苦戦しているとインサイダーが語っています。

投稿日:

PS5とXboxシリーズXの発売は比較的近いかもしれませんが(おそらく今から約3ヶ月後に発売されると思われます)、公式な情報がまだかなり不足しており、主に新製品の中で最も重要な要素の一つである価格についてです。

CAPCOM(バイオハザード/ストリートファイター)やサイレントヒルの噂で知られるインサイダーのDusk Golem氏は、ResetEraのスレッドに「現実的に、マイクロソフトはどのようにソニーの次世代ゲーム機に対抗していくのでしょうか?」と題した新しい情報を投稿しました。

さらに、Dusk Golem氏は、ソニーの次世代機はマルチプラットフォームゲームの性能でXboxシリーズXよりも苦戦しているという情報を情報源から得たと報じています。

 

幾つかのツイートを聞いてきたが、この話題は両プラットフォームの詳細がもう少し明らかになった時に「面白く」時を重ねるのではないかと疑っていると言っておこう。

これはもういくつかの意味で言っているのですが、大まかに言うと、生のパワーだけで言えば、Xbox Series XはPS5よりも圧倒的にパワフルで、マルチプラットフォームのゲームはそちらの方がより快適に動くでしょうし、それはユーザーが覚悟しなければならないことです。

これに加えて、Microsoftは価格に関してソニーを追い込む準備ができています。

Microsoftはより簡単に犠牲を払うことができますが、ソニーのゲーム機の売上高よりも、ゲームパスの利益を多く得ることがでるためです。

PS5の方が全体的に開発しやすいし、ソニーには才能あるスタジオが集まっていて、PS5の良さを最大限に引き出してくれるだろう。

しかし、クロスプラットフォームのゲームに関しては、最終的にはXbox Series Xの方がはるかに良いパフォーマンスを発揮することになるだろう。

基本的な話を聞くと、PS5は専用ゲームには非常に優れているが、実際にはマルチプラットフォームのゲームではスペックが合わなくなってしまうということだ。

マルチプラットフォームの場合、PS5のSSDシステムを使用することで少しは助けにはなるが、最大限にはならない。

もちろん、これは私が話を聞いた中でのほんの一部の人たちの話で、他にも色々あるんだけど、今世代をちょっと面白くしそうな話を聞いたんだけど、PS5とXbox Series Xが他の分野に力を入れていることで、今世代はマルチプラットフォームのゲームを「面白く」しそうだと思うんだ。

その後の投稿では、彼が言及しているのはほとんどがPlayStation 5で60fpsで1080pを実現するのに苦労している『バイオハザード ビレッジ』のことであることを明らかにしました。

つまり、Dusk Golem氏は他の開発者の友人からも、これはおそらく他のマルチプラットフォームのゲームでも起こるだろうと聞いています。

さて、ここでハッキリさせておきましょうか...。

バイオハザードヴィレッジの話です。PS5の発表イベントでのこのゲームのひどい性能と、トレーラーにあるひどいフレームレートは、数ヶ月前のPS5でのゲームの現状を表しているようなものだった。

どうやらこのゲームはXbox Series Xでは完璧に動作しているようですが、PS5ではフレームレートが安定しないという問題があったようです(ソニーはPS5でPS5イベントのゲームプレイを録画するというルールを設けていたため、トレイラーでのフレームレートの悪さが原因となっていたようです)。

しかし、それはREエンジンで実行されているし、彼らはそこにゲームを活用するために、より多くの最適化を行っているでしょう。

価格のものは、異なるソースからのものであり、私は以前にそれを言ったが、ここで明確になります。

私は逸話的に私の他のいくつかの開発者の友人から聞いたことから、Xbox Series X は、ほとんどの面でマルチプラットフォームのゲームになると優位性を持っています。

しかし、これはまだこのトピックについて話した数人からの逸話ですが、少なくともPS5とXbox Series X用のゲームを作っている人たちと話したことがある人たちとは一致していたので、それに備えておくべきだと思います。

もちろん、これらの情報はすべて噂とみなされるべきである。

しかし、Dusk Golemは信頼できるリーク者であることを証明してくれましたし、マイクロソフトの財務状況(価格面)やXbox Series XのTFLOP(性能面)の高さを考えれば、これらの情報は突飛な主張には聞こえません。

PS5の価格は今月下旬に明らかになる可能性があり、Xbox Series Xの価格は確かに密接に追随するだろうから、我々はいずれにせよすぐに詳細を知る必要があります。

ソース:wccftech - PS5 to Cost More Than XSX While Struggling More with Multiplatform Games in Performance, Says Insider

 

解説:

PS5はXbox Series Xよりも価格が高くなる一方でマルチタイトルには弱くなると言う衝撃的な話が出ていました。

価格に関しては、ゲームパスの収益によって、MSの方がより有利な価格設定にすることが出来るとしています。

※ Xboxゲームパスは、XboxとWindows PC向けゲーム「100本以上」が月額課金で遊び放題になるサービス (先行提供中の米国ではXbox 260本前後、PCベータ190本前後)。

また、PS5はバイオハザード・ヴィレッジの1080p、60FPSを出すのにも苦労している状態であり、SSDの速度は多少の助けになっている程度とのことです。

元々、Xboxは組み込みのWindows、PS5はFreeBSDを元にしたOSとシステム周りも大きく違いますので、移植には苦労していそうです。

※ FreeBSDは商用フリーなのでMacOSなど権利をガチガチに主張するOSのもととしてよく使われます。

それにもして8Kを視野に入れたシステムが1080pの60FPS動作に苦労しているというのはちょっとショッキングな話です。

私は国産の最後の大型コンシュマー向け半導体製品であるPS5には頑張ってほしいと思っているのですが、GAFAMの物量には敵わないのかなあと残念に思います。

参考記事:GAFAMの時価総額、東証1部超え

GAFAMは時価総額で日本の東証一部企業の合計額を超えてしまっているので、今のMSが本気で物量作戦に出るとソニーはなすすべがないでしょう。

PS4発売時とはもはや企業の体力が全く違ってきています。

それもすべて、新しい技術が出るたびに規制しまくり、IT化を怠ってきた老害や官僚の責任でしょう。

昔はゲーム脳と言われていましたが、今や日本が世界に取り残されているのはこうした老害の「昭和脳」のせいです。

日本の全産業の中で唯一気を吐いていると言ってもよい状態だったのがゲーム機産業でしたが、何とか踏ん張ってほしいところです。

ゲーム機までGAFAMとか勘弁してほしいです。

頑張れソニー。負けるなPS5。

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.