CPU情報

AMD Ryzen 4000 RenoirデスクトップAPUを発表 - Zen 2 CPUとVega 7nm GPUコアを融合させたデスクトップAM4プラットフォーム

投稿日:

モバイル・プラットフォームでのRyzen 4000ファミリーの発売から約3ヶ月が経過したAMDは、デスクトップのAM4プラットフォームにRyzen 4000のラインナップを導入します。

7nm Zen 2 CPUと強化されたVega GPUアーキテクチャを搭載したRyzen 4000 Renoir Desktop APUファミリーは、前世代のAPUを上回る飛躍的な性能を実現し、毎日の消費者にコンピュートとグラフィックスの両方のワークロードにおいてより優れたパフォーマンスを提供します。

AMD Ryzen 4000 Renoir Desktop APUファミリーが正式に発表 - 未来は確かにFusion!

デスクトップ・プラットフォーム向けのAMD Ryzen 4000 Renoir APUファミリーは、モビリティ・プラットフォームと同様に、APUセグメントに大きな変革をもたらします。

AMDはCPUとGPUエンジンを更新するだけでなく、コア数と生のIPCを大幅に向上させています。

Ryzen 4000 Renoirファミリでは、AMDは7nmのZen 2コアと7nmのVegaグラフィックス・コアを融合させています。

7nm Zen 2コアは、IPCの点で優れているだけでなく、ワットあたりの性能も向上しています。

アーキテクチャに加えて、Renoirファミリは、6コアと8コアのオプションを追加することで、前世代の製品の2倍のコア数を提供しています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

グラフィックス面では、AMDはRyzen 4000 Renoir APUファミリーにVegaグラフィックス・アーキテクチャを採用しました。

しかし、これは単なるVegaではなく、新しいグラフィックスコアは7nmプロセスノードを更新し、コアあたりの性能を大幅に向上させています。

AMDのRobert Hallock氏によると、Ryzen 4000 APUに搭載されているVega CUはそれぞれ59%の性能向上を実現し、クロック速度も向上しているという。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Ryzen 4000 Renoir APUのもう一つの大きな変更点は、そのパッケージデザインだろう。

チップレット設計を特徴とする第3世代Ryzen CPU(Matisse)とは異なり、Ryzen 4000 Renoir APUはモノリシック設計を採用します。

モノリシック設計は、チップレット設計よりもわずかに効率が良く、レイテンシと帯域幅の数値も大幅に改善されます。同時に、チップ上のL3キャッシュはチップレット製品と比較して大幅に減少します。

AMD Ryzen 4000 Renoir APUファミリーの仕様

ラインナップ自体の話をすると、AMD Ryzen 4000 Renoir APUのラインアップは、Proシリーズと標準モデルの2つに分かれている。Proシリーズはビジネス市場向けにセキュリティを高めて微調整されているのに対し、スタンダードシリーズは一般ユーザー向けとなっている。

我々は以下に記載されている 'GE'セグメントの35Wモデルもあります。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen 7 4700G / Ryzen 7 PRO 4750G 8コアAPU

AMD Ryzen 7 4700G / Ryzen 7 PRO 4750Gは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを採用したラインナップのフラッグシップAPU。

8コア、16スレッド、4MBのL2キャッシュと8MBのL3キャッシュを搭載し、合計12MBのキャッシュを搭載している。

これは8コアのRyzen 7 3800Xが搭載している32MBのL3キャッシュよりも明らかに低いですが、Ryzen 3000の「Matisse」シリーズのデスクトッププロセッサのチップレットベースのデザインではなく、単一のパッケージに依存したチップのモノリシックな性質によるものです。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

CPUの特徴は、ベースクロックが3.60GHz、ブーストクロックが4.45GHzで、先にリークした仕様と一致している。

CPUは65WのTDPで動作し、AM4ソケットに対応している。グラフィックス側は、512コアを形成するために8つのCPUが付属する強化された7nm Vega GPUを搭載しています。

GPU側のクロックは2100MHzで、統合グラフィックスチップの中では最速のクロックを誇る。AMD Ryzen 7 4700Gの価格は約300ドルと予想されています。

AMD Ryzen 5 4600G / Ryzen 5 PRO 4650G 6コアAPU

AMD Ryzen 5 4600G / Ryzen 5 PRO 4650Gは、6コア12スレッドを搭載したZen 2 APUです。

APUのクロックはベースが3.7GHz、ブーストが4.2GHzに設定されています。

CPUは6MBのL3キャッシュを搭載し、TDPは65W。

GPU側はVega 7統合グラフィックスを搭載し、最大1900MHzのクロックスピードで動作する448コアをサポートしています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Ryzen 5 3600Xと比較すると、Matisse CPUは3.8GHzのベースクロックと4.4GHzのブーストクロックを提供しなければなりません。

これは、ベースクロックとブーストクロックの両方で、RenoirのAPUより2%向上しています。また、Ryzen 5 3600XはTDPが95Wと高く、Renoir APUよりも高いクロックスピードを長時間維持することができます。AMD Ryzen 5 3600Xの価格は現在219.99ドル前後ですが、Ryzen 5 PRO 4650Gの価格は249ドル前後になると予想されています。

AMD Ryzen 3 4300G / Ryzen 3 PRO 4350G 4コアAPU

AMD Ryzen 3 4300G / Ryzen 3 PRO 4350Gは、4つのコアと8つのスレッドを搭載したZen 2 APUです。APUのクロックはベースが3.8GHz、ブーストが4.0GHzに設定されています。CPUは4MBのL3キャッシュを搭載し、TDPは65W。GPU側にはVega 6統合グラフィックスが搭載されており、最大1700MHzのクロックスピードで動作する384コアをサポートする。

AMDのRyzen 3 3300Xはベースクロックが3.8GHzとRenoirのAPUと同じだが、ブーストクロックが4.3GHzと高く、Ryzen 3 4350Gよりも5%アップしている。CPUのTDPは同じ65Wだが、Ryzen 3 PRO 4350GのようにTDPを共有するiGPUを搭載していない。

AMDはRyzen 3 3300Xの価格を120ドルに設定しているが、Ryzen 3 PRO 4350Gの価格は149ドル前後と予想されている。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

AMD Ryzen 4000「Renoir」デスクトップAPUラインナップ

APU名製造プロセス
アーキテクチャー
コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
対応メモリiGPUGPU
クロック
TDP価格
AMD Ryzen
7 4700G
7nm Zen 28/163.6 GHz4.45 GHzDDR4-3200Vega 8 / 512 SPs2100 MHz65W$289以内
AMD Ryzen
5 4600G
7nm Zen 26/123.7 GHz4.20 GHzDDR4-3200Vega 7 / 448 SPs1900 MHz65W$219以内
AMD Ryzen
3 4300G
7nm Zen 24/83.8 GHz4.00 GHzDDR4-3200Vega 6 / 384 SPs1700 MHz65W$139以内
AMD Ryzen 7
PRO 4750G
7nm Zen 28/163.6 GHz4.45 GHzDDR4-3200Vega 8 / 512 SPs2100 MHz65W$289以内
AMD Ryzen 5
PRO 4650G
7nm Zen 26/123.7 GHz4.30 GHzDDR4-3200Vega 7 / 448 SPs1900 MHz65W$219以内
AMD Ryzen 3
PRO 4350G
7nm Zen 24/83.8 GHz4.10 GHzDDR4-3200Vega 6 / 384 SPs1700 MHz65W$139以内
AMD Ryzen 7
PRO 4750GE
7nm Zen 28/163.1 GHz4.35 GHzDDR4-3200Vega 8 / 512 SPs2000 MHz35W後日発表
AMD Ryzen 5
PRO 4650GE
7nm Zen 26/123.3 GHz4.25 GHzDDR4-3200Vega 7 / 448 SPs1900 MHz35W後日発表
AMD Ryzen 3
PRO 4350GE
7nm Zen 24/83.5 GHz4.00 GHzDDR4-3200Vega 6 / 384 SPs1700 MHz35W後日発表

入手可能性と販売計画については、以前にも説明した通り、AMD Ryzen 4000 RenoirデスクトップAPUファミリーはOEMセグメントに限定されることになります。

いくつかのベンダーが本日、PROと標準SKUを使用したAMD第3世代Ryzen 4000 APU搭載システムを発表する予定です。

しかし、AMDはまだこのプロセッサの公式な小売販売開始を明言していない。

いくつかのサードパーティの小売店では、Ryzen 4000デスクトップAPUがリストアップされているかもしれないと言われていますが、それらのチップは保証されていませんし、価格も希望小売価格に近いものにはならないでしょう。

AMD Ryzen 4000 RenoirデスクトップAPUをベースにした最初のシステムがこの秋に登場することになるだろう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000 Renoir Desktop APUs Launched – Zen 2 CPU & Vega 7nm GPU Cores Fused Together For The Desktop AM4 Platform

 

解説:

デスクトップ向けAPU Ryzen 4000GシリーズがAMDから正式発表

デスクトップ向けのRyzen4000GシリーズがAMDから正式に発表されました。

以前7月21日発売と記事に取り上げましたが、どうも発表だったようです。

記事中にある通り、AMDはOEMを中心にRenoirを展開する予定のようで、リテール版が流通するかどうかの明言はされていません。

参考記事:AMD Ryzen 4000 Renoir PRO デスクトップCPUがオンラインで販売開始 - Ryzen 7 PRO 4750G, Ryzen 5 PRO 4650G, Ryzen 3 PRO 4350G 価格・スペック詳細

しかし、上の記事で取り上げた通り、末尾にMPK付でリテール版があるという扱いをしているショップもあり、出るのか出ないのかはイマイチはっきりしていません。

これまでのAPUはローエンド向けの製品として扱われていました。

しかし、Renoirから8コア16スレッドや6コア12スレッドのモデルがラインナップされており、デスクトップRyzenの売れ筋モデルである8コア版と思いっ切り食い合う形になってしまいます。

AMD、Zen 2コア採用APU“Renoir”のデスクトップ版を国内販売

上の記事に国内の流通価格が書いてあります。

モデル税別価格
Ryzen 7 4750G39,980円
Ryzen 5 4650G26,980円
Ryzen 3 4350G19,980円

同グレードのノーマルRyzenとほぼ同じ価格かそれ以上で、ブランド力の弱かったこれまでならこのまま発売したのかもしれませんが、RyzenがIntel製品を凌ぐ強力なブランドに育ちつつある現在、同価格以下で販売するのはやはり躊躇われるのかもしれません。

また、8月8日に発売されるのはバルク版(パッケージ無しの裸売り)となっています。

Renoirは同グレードのノーマルRyzenと比較するとスペック的に劣る部分があります。

また、別途単体GPUを付けるゲームやクリエイター向けの高性能PC用途としてはiGPUは不要であり、ミドルレンジ向けのCPUとしては微妙なスペックになっています。

 

ノーマルのRyzen4000シリーズがどうなるのかによっても変わってくる可能性がある

ここからは私の予測になります。

Renoirのリテール版が発売されるかどうかはRyzen4000シリーズがどうなるのかによっても変わってくるのではないかと思っています。

現在のRyzen3000シリーズは

6コア12スレッドが2モデル

8コア16スレッドが2モデル

12コア24スレッドが1モデル

16コア32スレッドが1モデル

となっています。

これが、TDPや選別品の関係で12コア24スレッドや16コア32スレッドが2モデルとなり、Renoirとのオーバーラップするモデルがずれるとすると、APUを発売する意味が出てくるのかなと思います。

つまり、現時点ではCPUとAPUのモデルがかぶっているが、将来的にはその限りで無くなってくれば、パッケージ版が発売される目は十分にあると言うことになります。

さらにCPU版の方は同グレードでも価格が高くなる可能性もあるでしょう。

現時点では発売が名言されていなくてもデスクトップ版のノーマルRyzen4000シリーズが発売され、現在のノーマルRyzen3000シリーズが終売になれば、十分に存在価値があることになります。

これだと現時点でAMDがパッケージ版の発売を名言できない理由も納得できるのではないかでしょうか。

元々、CPUとAPUの関係と言うのはそういうものでしょう。

AM4版のRyzen4000シリーズに24コア48スレッドや32コア64スレッドが下りてくるかと聞かれればそれは厳しいと思います。

しかし、性能や価格でAPUとは明確に差別化できる可能性は十分にありますので、そうなればRenoirのパッケージ版が販売される可能性も十分にあるのではないかと思います。

 

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/21 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/21 20:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/21 20:07:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/21 20:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.