CPU情報

AMD、メインストリーム向けRyzen AM4デスクトップCPUを3月15日に発表、4月4日に発売。Ryzen 7 5700X、Ryzen 5 5600、Ryzen 5 5500、Ryzen 5 4600G、Ryzen 5 4500、Ryzen 3 4100を含む。

投稿日:

AMDは、今後数週間のうちに、Zen 3D、Zen 3、Zen 2チップを含むRyzen AM4デスクトップCPUの発表を数多く控えています。

我々は、これらのチップがいつ正式に発表され、小売セグメントで利用可能になるかを情報源に確認しました。

AMD Ryzen 5000 & Ryzen 4000 AM4メインストリーム・デスクトップCPUが来月店頭に並ぶ、正確な発売日はこれだ

前回の記事では、この新しいAMD Ryzen 5000 & Ryzen 4000 AM4 デスクトップCPUが自ら搭載するスペック、価格、構成についてお伝えしました。

新ラインのポイントは、Zen 3が発売されて以来、何も新しいものがなかったメインストリームユーザーに、より多くの選択肢を提供することです。

AMD Ryzen 7 5800X3Dは、近日中に価格とともに正式発表される予定ですが、発売は4月20日以降になる見込みです。

その他のRyzenメインストリームチップについては、3月15日に発表される予定ですが、小売店には少し早く4月4日に並ぶ予定です。

というわけで、発売計画をまとめると

  • AMD Ryzen 7 5800X3D - 4月20日 (発売)
  • AMD Ryzen 5700X/5600/5500/4600G/4500/4100 - 4月4日 (発売日)
  • AMD Ryzen 5700/5100/4700 - 4月 (販売開始)

AMD Ryzen 7 5800X3D CPU - 7nm Zen 3D「Warhol」搭載

まず最初に、Zen 3Dコア・アーキテクチャを採用した唯一のWarholチップ、これがAMD Ryzen 7 5800X3Dです。このCPUは、8コア、16スレッド、64MBの3D Stacked SRAMの追加設計により、100MBの複合キャッシュを提供する予定です。

クロックはベース3.4GHz、ブースト4.5GHzで、TDPは105Wを維持する。最近の報道では、3D V-Cache部分にはオーバークロックのサポートはないとのことです。

価格については、CPUは5800Xと同じ希望小売価格449ドルで、非3Dチップは399ドルかそれ以下に値下げされることになります。

この価格設定は、5800X3Dを、より多くのコア/スレッドを提供は、より低いキャッシュ容量を搭載するIntel Core i7-12700Kよりも高価です。

この2つのチップの性能ベンチマークを見るのは興味深いことです。

AMD Ryzen 5000 AM4 CPU Refresh - 7nm Zen 3 "Vermeer "搭載

次は、Ryzen 7 5700XやRyzen 5 5600など、Zen 3「Vermeer」CPUのリフレッシュモデルを紹介します。

AMD Ryzen 7 5700Xは、8コア16スレッド、ベースクロック3.4GHz、ブーストクロック4.6GHz、キャッシュ36MBで、TDP65Wとなる。価格は299ドルで、Intel Core i5-12600Kと同レベルとなる。

AMD Ryzen 5 5600は、6コア12スレッド、ベースクロック3.5GHz、ブーストクロック4.4GHz、キャッシュ35MBを搭載し、TDP65Wのパッケージとなる。

価格は199ドルで、Intel Core i5-12400の「F」バージョンと競合することになる。

AMD Ryzen 5000 AM4 CPU Refresh - 7nm Zen 3「Cezanne」搭載

また、Zen 3「Cezanne」ダイをベースにした3つの新しいSKUが登場する予定です。

これらのAPUはコストが最適化され、APUのダイを使用しているため、キャッシュが少なくなるのが特徴だ。

このSKUには、Ryzen 7 5700、Ryzen 5 5500、Ryzen 3 5100が含まれる。

Ryzen 7 5700は8コア16スレッドで24MBキャッシュ、Ryzen 5 5500は6コア12スレッドで19MBキャッシュ、Ryzen 3 5100は4コア8スレッドで6MBキャッシュを搭載しています。

Ryzen 5 5500の希望小売価格は159ドルで、Core i3-12300より若干高価ですが、より多くのコア/スレッドを提供します。

Ryzen 7 5700は約249ドル、Ryzen 3 5100は約119ドルとなる可能性があります。

AMD Ryzen 4000 AM4 CPU Refresh - 7nm Zen 2「Renoir」搭載

最後に、Zen 2「Renoir」ダイをベースにしたAMD Ryzen 4000パーツのトリオを紹介します。

6コア、12スレッド、ベースクロック3.7GHz、ブーストクロック4.2GHz、キャッシュ11MB、65Wパッケージで、DIYセグメント向けに再登場するRyzen 5 4600Gが含まれています。小売価格は154ドル。

非iGPUのバリエーションには、6コア、12スレッド、ベースクロック3.6GHz、ブーストクロック4.1GHz、キャッシュ11MB、TDP65Wの「Ryzen 5 4500」が含まれる。

価格は129USドル。Core i3-12100と同価格になる最もエントリーなSKUは、4コア8スレッド、ベースクロック3.8GHz、ブーストクロック4.0GHzの「Ryzen 3 4100」である。

6MBのキャッシュを搭載し、TDPは65Wで、価格は99USドル。

AMD Ryzen 5000 Serie & Ryzen 4000 CPU ラインナップ(2022年)

CPU名アーキテクチャーコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP希望小売価格
AMD Ryzen
9 5950X
7nm Zen 3 'Vermeer'16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen
9 5900
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.0 GHz4.7 GHz64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen
7 5800X3D
7nm Zen 3D 'Warhol'8/163.4 GHz4.5 GHz64 MB + 32 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen
7 5700X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz36 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
7 5700
7nm Zen 3 'Cezanne'8/16不明不明20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 5600X
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.5 GHz4.4 GHz35 MB24 + 1665W$199 US
AMD Ryzen
5 5500
7nm Zen 3 'Cezanne'6/123.6 GHz4.2 GHz19 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$159 US
AMD Ryzen
5 5100
7nm Zen 3 'Cezanne'4/8不明不明不明20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
7 4700
7nm Zen 2 'Renoir'8/163.6 GHz4.4 GHz20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 4600G
7nm Zen 2 'Renoir'6/12不明不明11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$154 US
AMD Ryzen
5 4500
7nm Zen 2 'Renoir'6/123.6 GHz4.1 GHz11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$129 US
AMD Ryzen
3 4100
7nm Zen 2 'Renoir'4/83.8 GHz4.0 GHz6 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$ 99 US

AMD、300シリーズマザーボードでRyzen 5000/4000 CPUをサポート可能に

AMDは、これらのSKUに加えて、300シリーズマザーボードの全ラインアップでAMD Ryzen 5000およびRyzen 4000デスクトップCPUをサポートする予定であると報告されています。

新しいAGESA 1.2.0.7 BIOSは、このサポートを有効にし、以前のBIOSで発生したfTPMの問題も修正し、間もなくロールアウトする予定です。

また、AMDのRadeon RX 6*50 XT refresh GPUも4月20日に発表されることが確認されています。

ソース:wccftech - AMD Unveils Mainstream Ryzen AM4 Desktop CPUs on 15th March, Launch on 4th April: Include Ryzen 7 5700X, Ryzen 5 5600, Ryzen 5 5500, Ryzen 5 4600G, Ryzen 5 4500, Ryzen 3 4100

 

 

 

解説:

Ryzen5000、4000シリーズの追加モデルの発売日がリーク

  • AMD Ryzen 7 5800X3D - 4月20日 (発売)
  • AMD Ryzen 5700X/5600/5500/4600G/4500/4100 - 4月4日 (発売日)
  • AMD Ryzen 5700/5100/4700 - 4月 (販売開始)

元記事にもありまずが上のようなスケジュールで発売されるようです。

注意してほしいのは表には載っているRyzen 9 5900無印は含まれていません。

こちらのモデルに関してはちゃんと出るのか、Ryzen 9 3900無印のようにOEM専売になり、バルクで細々と流れてくることになるのかはわかっていません。

また、RenoirやCezanneのダイを使っているモデルであってもj末尾にGが付いていない限り内蔵GPUは有効になっていないと思われます。

こちらは記事中には名言されていないのではっきり断言はできませんが、恐らくそうなると思われます。

RenoirやCezanneのダイを使っているモデルはキャッシュの容量がVermeerと比べると少なくなっていますので注意してください。

 

私の雑感などを

CPUだけでなく、激しく競争を繰り広げているGPUもトップモデルの性能で勝った方が価格の決定権を持ちます。

トップモデルがライバルの同等モデルの性能を超えられるかどうかと言うのが一つの焦点になります。

今回AMDはトップモデルの性能で大きく水をあけられ、頭を抑え込まれてしまいました。

そのため、中から低価格帯のモデルを拡充しする形でAlderlakeに対抗します。

しかし、こうした防御的なラインナップでは、新しいコア、新しい技術を投入して全体の性能を高めたAlderLakeに対抗するのは難しいでしょう。

このラインナップは新しくIntelからユーザーを奪うラインナップではなく、あくまでも既存のAM4ユーザーがIntelプラットフォームに流出しないためのものです。

AlderLakeと同等以上の商品力を持つとしたらZen4ですが、それまでは今のラインナップでだましだましやっていくしかありません。

恐らくAMD自身もそれは一番よくわかっていることと思います。

逆に言えば、今まで、Ryzen5000シリーズが高すぎて更新されていなかったAM4ユーザーは今回の低価格モデル発売を機に、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

Zen3ならば、RTX4000シリーズやRDNA3の性能も引き出すことが出来ると思います。

高止まりすることが予想されるAM5をすぐに購入することができない方は今回のラインナップの購入を検討するのも悪くないと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

AMD Ryzen 9 5950X without cooler 3.4GHz 16コア / 32スレッド 72MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000059WOF
AMD

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.