CPU情報

Intel Core i7 vPROの「Rocket Lake-S」CPUは8コアと12(?)スレッドになる

投稿日:

次世代のRocket Lake-S vPROプロセッサ。

Intel Core i7に12スレッド搭載?

信頼できるソースから、かなり興味深い写真が届きました。

この写真は、最大8コアと16スレッドを搭載する次期デスクトップ向けRocket Lakeアーキテクチャの性能層を示している。

新シリーズについてはすでにかなりの数のリークがありましたが、これまでのところどれもCore i7がコアとスレッドの「不均等な」構成を特徴とすることを示唆していません。

画像によると、Core i7シリーズは8コアを搭載するが、16スレッドの代わりに12スレッドを搭載するという。

これが資料の誤字なのかどうかは確認できなかったが、そもそもこの「想定外」のCPU構成があったからこそ、この画像が出てきたのだ。

このチャートでは、8コアのCore i9シリーズについても言及されており、i7シリーズとは異なり、16スレッドを搭載することになります。

このリークからもう一つ興味深いのは、Comet Lake Refreshです。

Intelは、いくつかのSKUをリフレッシュする予定だが、Core i3シリーズとPentiumシリーズのみを対象としているとされている。

注目すべきは、これはRocket Lake vPROシリーズ向けのリークで、vPRO以外のSKUが常に含まれているわけではないということだ。

グレードブランドセグメント
P2Core i9高性能
P1Core i7高性能
MS2-MS0Core i5メインストリーム
T3-T1Core i3ビジネス
L3-L1Pentiumレガシー

ソース:Videocardz.com - Intel Core i7 vPRO ‘Rocket Lake-S’ CPUs to get 8 cores and 12 (?!) threads

 

解説:

Rocket Lake-SのCore i7は8コア12スレッドになる

またIntelがヘンテコなことを始めました。

Rocket Lake-SのCore i7は8コア12スレッドになるようです。

確かに8コア8スレッドにすると下位のCPUよりスレッド数で負けてしまうので問題なのかもしれませんが、8コア12スレッドってなんだか気持ち悪いです(笑

全コアでHTTが有効になっている必要はないわけですが、半分の4コアだけHTT有効と言うのもなんだかなあと言う感じです。

Core i3とPentiumに関してはComet Lake-Sのままらしいです。

私としてはCyperss Coveの実力が早く見たいところです。

TigerLakeと同じはずだと思うのですが、リークされたベンチマークを見ると妙に遅いですから、何が違うのか早く詳細が知りたいところです。

他に注目点はやはりPCI Express4.0に対応し、チップセット間リンクもPCI Express3.0X8になったことです。

こちらはPCI Express4.0X4(X570と同一)相当の帯域になります。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.