CPU情報

AMD Ryzen Threadripper PRO 3000 CPU公式スペックがリークアウト - Ryzen Threadripper PRO 3995WXフラッグシップ、最大64コア、128スレッド、128PCIeレーン、8チャネル/2TB DDR4メモリをサポートします。

投稿日:

AMDのRyzen Threadripper PRO 3000 CPUの公式仕様がVideocardzによってリークされた。ワークステーションセグメントを目指すRyzen Threadripper PRO 3000 CPUは、プロフェッショナル市場に焦点を当てたThreadripperプラットフォームに重要な改良を加え、非常に多くのI/Oとメモリサポート機能を提供します。

AMD Ryzen Threadripper PRO 3000 CPUsの公式仕様がリークアウト - 64コア、128スレッド、128PCIeレーン、8チャネル/2TBメモリをサポートする3995WXフラッグシップモデル

AMD Ryzen Threadripper 3000 PRO CPUファミリーは、前回の記事で詳しく紹介したように、4つのSKUで構成されている。4つのSKUはすべて、7nmのZen 2コア・アーキテクチャと14nmのI/Oダイを特徴としており、すべて大型インターポーザーにチップレット・フォーム・ファクタで組み込まれている。

PROラインアップをThreadripperの標準品とは別にセグメント化した主な目的は、Threadripperの標準品がウルトラ・エンスージアストやプロシューマー向けであるのに対し、PROラインアップはプロフェッショナル、エンジニア、サイエンティスト、デザイナーなどの異なる市場に向けて設計されていることです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

それでは、AMD Ryzen Threadripper PRO 3000ファミリーの4モデルについてお話していきましょう。

Ryzen Threadripper PRO 3995WX」「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」「Ryzen Threadripper PRO 3955WX」「Ryzen Threadripper PRO 3945WX」です。記載されている各チップのスペックは以下の通り。

 

AMD Ryzen Threadripper PROシリーズのラインナップ

モデル名CPUコア数CPU
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
L3 キャッシュ /
PCIe レーン数
TDPメモリCh数
種類(最大容量)
価格発表日
AMD Ryzen Threadripper 3995WX641282.7 GHz4.2 GHz256 MB / 128
PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2020/7/14
AMD Ryzen Threadripper 3975WX32643.5 GHz4.2 GHz128 MB / 128
PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2020/7/14
AMD Ryzen Threadripper 3955WX16323.9 GHz4.3 GHz64 MB / 128
PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2020/7/14
AMD Ryzen Threadripper 3945WX12244.0 GHz4.3 GHz64 MB / 128
PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2020/7/14

AMD Ryzen Threadripper PRO 3995WX 64コアCPU

AMD Ryzen Threadripper 3995WXは、Ryzen Threadripper PRO 3000 CPUファミリーのフラッグシップモデル。

64コア、128スレッドを搭載しています。チップには288MBの総キャッシュが搭載されている。クロックは2.7GHzベースと4.2GHzブーストで維持され、TDPは280Wに設定されている。

通常のCPUとは異なり、PROシリーズは、与えられたTDP内で最大のクロック能力を提供するように設計された熱狂的なチップに対して、280Wでより良いクロックを維持することができる。

このチップの他の特徴は、PCIe Gen 4.0レーンが標準ラインナップの64レーンに対し、128レーンのPCIe Gen 4.0レーンを搭載することで、最大2TBの容量(UDIMM、RDIMM、LRDIMM)までの8チャンネルECCをサポートすることである。

AMD Ryzen Threadripper PRO 3975WX 32コアCPU

AMD Ryzen Threadripper 3975WX 32コアCPUは32コア64スレッドを搭載する。

144MBの総キャッシュ、128のPCIe Gen 4.0レーン、280WのTDPを搭載する。

Ryzen Threadripper PROシリーズのCPUはすべて、8チャネルDDR4メモリをサポートし、128PCIe Gen 4.0レーンを保持している。

各部で異なるのはコア構成だ。Ryzen Threadripper PRO 3975WXは、ベースクロックが3.5GHz、ブーストクロックが4.2GHzで動作する。

AMD Ryzen Threadripper PRO 3955WX 16コアCPU

AMD Ryzen Threadripper 3955WXは16コア32スレッドを搭載する。

72MBの総キャッシュ、128のPCIe Gen 4.0レーン、280WのTDPを搭載する。

Ryzen Threadripper PRO 3955WXは、ベースクロックが3.9GHz、ブーストクロックが4.3GHzで動作する。

Ryzen Threadripperファミリーが24コアにダウンするのに対し、AMDはPROシリーズで16コアと12コアにまでダウンしているのは興味深いところだ。

AMD Ryzen Threadripper PRO 3945WX 12コアCPU

最後に、最もエントリーレベルのバリアントであるAMD Ryzen Threadripper 3945WXは、12コア24スレッドを搭載しています。

総キャッシュ容量70MB、PCIe Gen 4.0レーン128基、TDP280Wを搭載しています。

Ryzen Threadripper PRO 3955WXは、4.0GHzのベースクロックと4.3GHzのブーストクロックで動作します。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

AMDが同セグメントでIntelのvPROパーツに対抗するために、そのPRO技術を利用することが言及されている。

今回、AMDはより多くのコア数とスレッド数だけでなく、より優れたメモリサポート機能を提供することで、ワークステーション市場をリードしている。

これらのパーツの価格はまだ明らかにされていませんが、AMD Ryzen Threadripper PRO 3000シリーズの発表日である7月14日には、より多くの情報が得られると思われます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper PRO 3000 CPU Official Specs Leak Out – Ryzen Threadripper PRO 3995WX Flagship, Up To 64 Cores, 128 Threads, 128 PCIe Lanes & 8-Channel / 2TB DDR4 Memory Support

 

解説:

科学技術計算・クリエイター向けThreadripper登場

前々から言われていたWRX80チップセット(?)向けのThreadripperがPROシリーズとして2020/7/14に公式発表されるようです。

興味深いのは64コア/32コアモデルのほかに16コア/12コアモデルがラインナップされていることです。

トータルの演算能力よりもI/O性能が重要と言う用途向けですね。

クロックも低く抑えられていて、明らかにゲーマー向けではありません。

同じ16コアならば、3955WXよりも3950Xの方が向いているでしょう。

個人がゲームも含めた万能的な使い方をするならば、明確に通常のThreadripperのほうが良いでしょう。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.