GPU情報

AMD RDNA 2 GPUはPCが先に、次世代コンソールは後に - Big Navi「Halo」&メインストリームのRadeon RXグラフィックスカードは今年後半に第2世代Naviを搭載

投稿日:

AMDは、同社のRDNA 2「Big Navi」GPUが、ソニーやマイクロソフトの次世代コンソールよりも先に、PCプラットフォーム向けのRadeon RXグラフィックスカードに搭載されることを確認した。

この確認はBank of America 2020 Securities Global Technology Conferenceで行われたもので、AMDのCFOであるDavid Kumar氏は、次世代GPUアーキテクチャは、次世代コンソールが登場する前にPCプラットフォームで利用できるようになると述べています。

AMD RNDA 2 GPU搭載Navi 2Xグラフィックスカードが次世代コンソールに先駆けてPCプラットフォームに登場 - Halo「Big Navi」グラフィックスカードも含まれる

ウェブキャストの中で、David氏は、AMDが最初にPCプラットフォームにRDNA 2 GPUを提供することに注力していることを明らかにしました。

このラインナップには、David氏が明らかにしたBig Navi GPUが搭載されており、これは、ウルトラエンスージアストゲーム市場に焦点を当てたHalo製品であることを明らかにしています。

MicrosoftとSonyの次世代コンソールは2020年のHolidayに発売される予定なので、Big Naviの登場は2020年第4四半期の初め頃か、それ以前になるかもしれません。

 

David氏はまた、RDNA 2アーキテクチャがスタック全体を通過することを明らかにしました。

これは、ハイエンド製品だけでなく、エンスージアストセグメントの下でメインストリームやハイエンドのグラフィックカードも手ごろな価格で手に入ることを意味します。

David氏がウェブキャストの中で述べたキーポイントのいくつかは以下の通りです(Videocardz経由)。

"Navi 2、または私たちのファンがBig Naviとしてダブっているもののための多くの興奮がある"

"Big NaviはHalo商品"

"熱狂的なファンは最高のものを買うのが好きで、我々は確かに最高のものを提供するために努力しています。"

"RDNA 2アーキテクチャはスタック全体を貫く"

"メインストリームのGPUからエンスージアスト向けのGPUに至るまで、このアーキテクチャはゲームコンソール製品にも適用されます。

"これにより、より大きなエコシステムを活用し、レイトレーシングなどのエキサイティングな機能の開発を加速させることができます。"

AMDのCFO、David Kumar氏より

多くの愛好家は、AMDがVegaベースのハイエンドグラフィックスカードの後継機を発売するのを長い間待っていました。

AMD Radeon RX 5700 XTは、多くのユースケースでRadeon VIIを上回る結果となりましたが、NVIDIAは、GeForce RTX 2080、GeForce RTX 2080 SUPER、GeForce RTX 2080 TiのようなTuringベースのGeForceグラフィックスカードで、未だにトップパフォーマンスのグラフィックスカードの王冠を保持しています。

PascalベースのNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiでさえ、Navi 10ベースのRadeon RX 5700シリーズのグラフィックスカードに対して手ごわい相手であることに変わりはない。

もしDavid氏の発言が持ちこたえられるなら、大きなNaviベースのRadeon RXグラフィックスカードは、間違いなくNVIDIAの1000ドル以上の RTX 2080 Tiグラフィックスカードに戦いを挑むことになるだろう。

また、このニュースは、Sienna Cichlidというコードネームの謎のAMD RDNA 2 GPUがLinuxドライバ内で発見され、Big Navi (Navi 21) GPUそのものではないかと推測されたわずか1日後に発表されました。

AMDがビッグナビをHalo製品と呼んでいるのも興味深い。

Halo製品とは、通常、各ブランドカテゴリのフラッグシップ製品と定義されている。

Ryzen CPUのHalo製品は「Ryzen 9 3950X」、ThreadripperのHalo製品は「Ryzen Threadripper 3990X」だ。

現在、Radeon RXブランド内には、Radeon VIIが最後の1つとなっているが、Halo製品は存在しない。R

adeon ブランドが Ryzen ラインナップと同様のアクションを見てからしばらく経ちましたが、AMD が Radeon (RTG) ブランドをより重視していることで、状況が変わろうとしているように見えます。

AMDはまた、RDNA 2に何が期待できるかについていくつかの情報を公開し、メインストリームGPUとしてファミリ内により多くの製品が見られ、また、最近リークされたものである次世代APU内の統合GPUの情報も共有しました。

 

ここではRDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XデスクトップGPUについて知っていることを全て紹介します。

AMD RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2xグラフィックスカードファミリーは、RyzenがCPUの世界全体を破壊したように、4Kゲーミングセグメントを破壊するとも言われています。

これはAMD自身のかなり大胆な主張ですが、リークや噂では、これがAMDの次世代Radeon RXグラフィックスカードにも当てはまるのではないかと示唆されています。

AMDは、そのRDNA 2 GPUが、Zen 2がZen 1を上回ったように、第一世代のRDNA GPUを上回る性能のジャンプを実現すると発表した。

第一世代のRDNA GPUは、GCNアーキテクチャを上回るワットあたりの性能を50%も大幅に向上させたが、RDNA 2 GPUは、RDNA 1を上回る性能を実現し、ワットあたりの性能をさらに50%向上させることが期待されている。

AMDが共有したロードマップによると、RDNA 2 GPUは、新しいGPUアーキテクチャの一部となる3つの重要な機能を備えているという。

まず何よりもまず、ワットあたりの性能向上だが、これにはいくつかの理由がある。

AMDは、TSMCの7nmプロセスから、より先進的な7nmプロセスノードに移行する。

新しいプロセス・ノード自体が新しいGPUのトランジスタ効率を向上させる一方で、全体のサイズを小さくすることで、AMDはより小さなパッケージにより多くの性能を詰め込むことができるようになります。

ワットあたりの性能を50%向上させた主な変更点は、クロックあたりの性能を向上させたIPC(Performance Per-Clock)の再設計されたマイクロアーキテクチャ、デザインの複雑さとスイッチング電力の削減に役立つロジックの強化、クロック速度の向上などの物理的な最適化などだという。

また、AMDは、RDNA 2 GPUにVRS(Variable Rate Shading)とハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを搭載することも発表している。

AMDは、すでにTuring GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードに同技術を実装しているNVIDIAに追随している。

マイクロソフトとソニーの新しいコンソールの発売が間近に迫っていることから、AMDは、開発者が次世代ゲームタイトルに統合できるように、独自の最適化フレームワークを使ってこれらの機能を提供していく予定です。

また、AMDは最近、MicrosoftのDXR 1.1 (DirectX 12 API Ultimate) デモを実行しているRDNA 2 GPUを内部で公開し、ハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを利用しています。

AMDのレイトレーシングへのアプローチは、開発の簡素化と迅速な採用を提供することであり、これはゲーム開発者の大多数が力を注いでいるコンソールを通じて可能であることは間違いありません。

最近の噂では、AMDのハイエンドのRDNA 2 GPUラインアップのみがハードウェアレベルでレイトレーシング技術を搭載するのに対し、エントリー層とメインストリームのラインアップは、NVIDIAがGeForce RTXとGeForce GTXラインのTuringグラフィックスカードをどのように区別するかに似た、より高い性能効率に焦点を当てることをほのめかしていました。

AMDのリサ・スー最高経営責任者(CEO)はすでに、RDNA 2 GPUを搭載したRadeon RXハイエンドファミリと、7nmのRDNAリフレッシュファミリが今年中に発売されることを期待できると述べている。

「Navi 2x」のラインナップは上から下までスケールアップし、その名の通り、第1世代のRXグラフィックスカードに比べて2倍の性能効率の向上を実現すると述べたプレゼンテーションの中でも同様のことが述べられていた。

そうは言っても、AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、巨大なダイサイズとGDDR6メモリを特徴とし、Navi 10の最大2倍の速度を実現する可能性があると指摘した最近の噂はすでに知っている。

第2世代Radeon RX Navi GPUに期待される機能のいくつかは以下の通りだ。

  • 最適化された7nmプロセスノード
  • 熱心なデスクトップグラフィックスカードのオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代のNavi GPUよりも電力効率が高い

Big Navi Radeon RX GPUの重要な特徴の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したように、4Kゲームセグメントを破壊しようとしていることだ。

これらは、AMDによるいくつかの大胆な主張ですが、これらの噂されている仕様が何かによって行くために何かである場合、これらの主張は、はるかに先見の明がないかもしれません。

「Radeon 5000シリーズで、今日のPCゲーマー全体の90%程度をカバーしています」とChandrasekhar氏は言います。

「Radeon 5000シリーズでは、今日のPCゲーマーの90%程度をカバーしています。

「4K対応のGPUが来ないということではなく、来ています。

「Ryzenと同様に "Radeon GPUエコシステムの繁栄が必要だという。では、我々は4Kを追いかけて、同様に4Kを破壊するつもりなのか?絶対に、それに期待していい。しかし、私が今言えるのはそれだけだ。」

- PCGamesN

今回も、AMDは独自のプレゼンテーションで、RDNA 2ベースのRadeon RX 'Navi 2X' GPUの熱狂的なクラスのパフォーマンスを強調しているので、それは何かを考慮する必要があります。

競争は、しかし、反対側からの競争は、AMDは、その高性能なグラフィックスカードを起動するだけで目を閉じて行くことはありません。NVIDIAベースの次世代GeForce GPUは、私たちが見てきた初期のスペックに基づいて、独自の獣になるようにシェイプアップされている。

噂では、NVIDIAとAMDの両方が、2020年9月までに次世代のフラッグシップゲーミンググラフィックスカードを発売する計画を立てていることも示唆されています。

そのため、AMDのRDNA 2 GPUは、NVIDIAの次世代GPUの在庫が何であれ、競合することになりそうだ。2020年のQ3とQ4は、最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、間違いなく面白い時代になるだろう。

ソース:wccftech - AMD RDNA 2 GPUs Coming To PC First, Next Gen Consoles Later – Big Navi ‘Halo’ & Mainstream Radeon RX Graphics Cards With 2nd Gen Navi Later This Year

 

解説:

Big Naviの登場時期についてAMDが言及

それによると、PS5やXbox Series Xより先になるということのようです。

nVidiaのAmpereもBig Naviに合わせるという話ですので、9月前後になるということのようです。

丁度、延期になったAAAゲームの新作Cyber Punk 2077と同時期になるようですね。

事前のプロモではnVidiaはCyber Punk 2077に対してかなり触手を伸ばしていますが、Big Naviはどうなのか気になるところです。

AMDの今までのフラッグシップモデルのアーキテクチャーであったVegaはゲーム向けとしてはイマイチのもので、そのためにAMDはnVidiaに対してかなり不利な戦いをせざるを得ませんでした。

しかし、Naviはもともとゲーム機向けとして開発されたGPUであり、ゲームでも後れを取ることは考えられません。

さらに時期的に言ってDirectX12の性能を重視されているはずであり、どちらがゲーム用GPUとして優れているか、決着をつけるのにちょうどよい製品と言ってよいでしょう。

nvidiaは一見余裕がありますが、AMDは現在Ryzenで飛ぶ鳥を落とす勢いのプラットフォームホルダーであり、Big Naviの性能がRTX3080Tiと同程度だった場合、Ryzenと同時のプロモを行えば販売的にはかなり有利になると思われます。

また、マザーボードの主要AIB4社のすべてがAMDのGPUを製造・販売しているという事実もかなりプラスに働くのではないでしょうか。

今回はnvidiaにとってはかなり不利な状況であることは明白で、nVidiaもRTX3080TiがBig Naviに性能で負けるようならば、早々に手を打ってくるでしょう。

いずれにしても、我々ゲームファンにとってはかなり大きな恩恵をもたらしてくれることは確実ですので、今から楽しみにしていましょう。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥50,127 (2020/07/10 23:01:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥38,557 (2020/07/11 02:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

"Radeon RX590"をamazonで検索する

 

Radeon RX 580

"Radeon RX580"をamazonで検索する

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

 

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560

"Radeon RX 560"でAmazonを検索する

 

Radeon RX 550 2GB

"Radeon RX 550"でAmazonを検索する

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.