その他

【悲報】NVIDIA、10億ドルの仮想通貨製品の収益を虚偽表示したとして訴えられる

投稿日:

数年前、グラフィックス処理装置の設計者であるAdvanced Micro Devices Inc (NASDAQ:AMD 54.2 -0.57%)とNVIDIA Corporation (NASDAQ:NVDA 339.63 5.73%)は、クリプトカレンシーのマイニングブームの恩恵を受けて、同社のGPU製品が空前の売上高ブームを経験した。

両社の製品は、もともとゲームユーザーのニーズに応えるために設計されていましたが、クリプトカレンシーのマイニングの中心にある複雑な数学的タスクを計算するのに適していることがわかりました。

このブームが終わると、NVIDIAとAMDの両社は、GPUの出荷台数が減少し、在庫が増加し、クリプトカレンシーの価格が下落したために、両社の製品に対する需要が鈍化しました。

NVIDIA, その部分について, それは最初に約束していたようにOEMカテゴリとは対照的に、誤ってゲームの下で収益ストリームを分類することによって、クリプト製品からの収益の真の範囲から投資家を保護しようとすることによって、金融不適当の非難を受けた.

 

そのために、NVIDIAは現在、投資家にクリプトカレンシーの販売に依存しているという事実を誤って伝えたとして、投資家から訴訟を起こされています。この訴訟は、最高経営責任者のジェンセン・フアン氏を含むNVIDIAの経営陣の上級メンバーを被告としており、NVIDIAの全投資家を代表して提訴されています。

NVIDIAは、仮想通貨製品の販売から得た少なくとも11億ドルの収入を過小評価しているとして投資家に訴えられました。

今週初めに提出された訴訟では、ホアン氏に加えて、NVIDIAの最高財務責任者であるコレット・クレス氏と、当時のGeForceの上級副社長(現在の上級副社長)であるジェフ・フィッシャー氏を、前述の収益の過小表示の直接の責任者として挙げています。

訴状は、その主張を補強するために、5人の元NVIDIA社員の証言を使用しています。その5人とは、2017年に退職した中国のシニアアカウントマネージャー、2017年5月以前にカリフォルニア州で働いていたシニアプロダクトディレクター、最初にラテンアメリカの消費者マーケティングのシニアディレクターを務めた個人、2017年まで働いていたロシアのモスクワのコミュニティマネージャー、そして2019年までその役割を務めていたNVIDIAの南アジアの消費者マーケティングの責任者である。

中国とロシアの元従業員は、エネルギーコストが低いために、仮想通貨のマイニング作業が一般的にこれらの国に位置していたという事実のために、NVIDIAが本当に投資家を誤解させたのかどうかを評価する上で非常に重要な役割を果たします。

 

訴状は、NVIDIAの経営陣が、主に以下のような方法で、この問題の全貌を投資家に誤解させたと主張している。

  1. 訴訟でカバーされた期間中のNVIDIAの総収入と比較すると、仮想通貨のマイニング製品を販売することによって得られた収入は取るに足らないものであったと述べています。
  2. 会社が仮想通貨ブームの間に経験したゲームの収益のブーストは、ゲーマーに作られた販売からであり、マイニング製品からの収益は、OEMセグメントにのみ反映されていたと主張。
  3. マイニング製品からの収益がOEMセグメントにのみ反映されていたことを示唆し、実際にはマイニング収益の3分の2がNVIDIAのゲーミングセグメントに反映されていたが、訴訟では反映されていた。

訴訟の期間中、原告はまた、NVIDIAの経営陣がその収益ブームの源泉を綿密に監視し続けていたと主張している。

彼らは、採掘者のGeForceの販売データを具体的に数値化すること、同社の副社長が最高経営責任者のHuang氏に暗号の販売データを提示する四半期ごとの会議を開催すること、採掘者の販売をカバーする毎週の販売データを分析すること、GeForce Experienceの使用データを研究すること、グラフィックカードを採掘者に販売して得た収益の割合を分析するための社内調査を委託することにより、NVIDIAの経営陣は、同社がゲーマーではなく採掘者に製品を販売して得た売上の程度を十分に認識していたと述べています。

さらに、NVIDIAの中国販売チームが収集したデータによると、2017年を通して、中国での同社のGeForceの売上の60%以上が、ゲーマーではなく鉱夫による購入によるものであったと主張している。

 

訴状は、NVIDIAの経営陣がこの問題について完全に知っていただけでなく、需要の増加を経験した後も、仮想通貨の採掘者を標的にし続けたと主張しています。

これは、ビットコインのマイニングに来たときにNVIDIAの中国の関与の終わりであることを証明するものではないだろう。

2017年、請求人は、フィッシャー氏が中国における暗号製品の需要に関する調査を依頼したと主張しています。

この調査の結果、2017年末までにNVIDIAは中国の採掘業者に約200万個のGPUを販売すると予測していた。この需要の範囲が明らかになり始めたことで、フィッシャー氏は同時代の人々にこの需要は「危険なもの」であると注意を促しました。

これが株主に対する受託者責任の範囲に含まれるかどうかは、裁判所が判断する問題です。

最後に、この訴訟の請求者は、NVIDIAのマイニング製品の収益に関する不実表示の程度を分析するために、コンサルティング会社のPrysm Groupにも依頼しました。

以下に示すこの調査結果によると、2017年5月から2018年7月末までの間に、NVIDIAは採掘者への製品販売から約17.3億ドルの収益を得ており、この期間中、NVIDIAは経営陣が当初約束していたように、11億ドルの暗号収益をOEM部門ではなく、ゲーミング部門に分類していたことを示唆している。

Prysmの研究は、昨年2月にNVIDIAが仮想通貨による収益で当初の発表よりも約13億5000万ドル多い収益を得ていると述べたRBCキャピタルのアナリスト、ミッチ・スティーブズ氏の研究に続くものです。

スティーブズ氏は、その期間中に処理にGPUを必要とする仮想通貨のハッシュレートに基づいて結論を出した。ハッシュレートはビットコインの処理に必要な電力量を決定するもので、一般的には1秒あたりのハッシュ数で計算されます。

カリフォルニア州オクラホマ区北部地区連邦地方裁判所に提出されたCase No.4:18-cv-07669-HSGの修正済み全文は、こちらからアクセスできます。

ソース:wccftech - NVIDIA Sued For Misrepresenting $1 Billion Of Cryptocurrency Product Revenue

 

解説:

nVidiaが仮想通貨の収益を過少報告していたとして投資家に訴えられています。

私のイメージだと過大に申告して、業績が傾いてないと見せかけていたのかと思いきや、景気の良かったころに過少申告していたということのようです。

まあ、実にnVidiaらしいと言えばらしい訴えられ方ですが、仮想通貨のような実体のないものに関して言えば、PC業界には何も良い影響を与えてないような気がするのは私がゲーマー視点で物を見てるいるからでしょうか。

特にGPUが高騰して、ゲーマーの方はなかなか悔しい思いをされた方も多いのではないでしょうか。

自分の意見としては、通貨の発行権やコントロールの管理主体がない状態というのは恐ろしいのかなと思います。

また、将来的に量子コンピューターなどで、コンピューターの演算性能が飛躍的に増大した場合、その基盤が揺らぎかねません。

これを全く管理主体のない有志の手のみで行うのはむりがありすぎるのではないかと思います。

ただし、ブロックチェーン自体は有効な技術だと思います。

表に仮想通貨という名前が出てこなくなったとてもブロックチェーンの技術自体は使われると思いますし、我々が普通に使うようになることもあるでしょう。

もし仮にその時、その技術が「仮想通貨」や「ビットコイン」でなくなっていたとしても、我々がその恩恵にあずかる日はきっとやってくると思います。

 

 

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.