CPU情報

インテルCore i9-10900K CPUのフラッグシップレビューが流出

投稿日:

Intelの次期フラグシップ「Core i9-10900k」の初期レビューがTeclab @Bilibili(via Videocardz)からリークされました。

このレビューでは、Core i9-10900kをAMDの第3世代Ryzen 9 3900XとRyzen 9 3950Xフラッグシップと比較しています。

Teclabがテストしたサンプルはリテールサンプルのようで、ベースクロックは3.7GHzとなっています。

Core i9 10900Kは、ゲームテストでは似たような性能を持っていますが、他のほとんどすべてのベンチマークでAMDの3900と3950Xに負けています。

 

Intel Core i9 10900Kの演算性能。AMDの製品に負けている

私たちの友好的な犬のレビュアーは、IntelとAMDにそれぞれZ490とX570マザーボードシリーズを使用しました。

Z490の正確なマザーボードモデルはわからないが(AIIBがCPUサンプルを入手したことはほぼ確実なので、AIIBがトラブルに巻き込まれることはないだろう)、問題のX570マザーボードはMEG X570 GODLIKEであることはわかっている。

4000MHzクロックのDDR4 RAM(G.Skill Trident Z)が使用されていたが、AMD版ではタイミングが若干異なっていた。

すべてのCPUは360mmのAIOで冷却され、強力なHOF RTX 2080 Tiグラフィックカードとペアリングされており、ゲームをできるだけCPUに縛られないようにしていました。

 

まとめと翻訳はVideocardzさんのご好意で。

  • i9 10900Kの消費電力と温度がまた高い、360統合水冷は最低放熱基準
  • CPUレンダリング+トランスコードアプリに頼るか、Ryzen 9を選択すると強い
  • ゲームや日常の操作アプリケーションを再生すると、5GHz +クロック速度で新しいi9は確かに高速です。
  • 3つのプロセッサのオーバークロック性能比較テストが終了したので、近日中に公開予定
  • 最後に、設定リストのメモリパラメータを修正し、AMD X570の部分は、周波数はDDR4 -3600ですタイミングは18-22-22-42 1T FCLK = 1800です。

 

まずはCinebenchのスコアを見てみましょう。しかし、その前に、これはCPUのリテール版であり、最終製品の代表的なものである可能性が高いことを覚えておいてください。何が変わるかというと、BIOSやCPUのマイクロコードの更新、ドライバの更新などがありますが、それはノイズの範囲内でなければなりません。

Intel Core i9 10900Kは、Cinebench R15で2671点、Cinebench R20で6315点のスコアを出している。

一方、AMDのRyzen 9 3900Xは3109点と7009点をスコアし、3950XはR15とR20でそれぞれ大規模な4126点と9406点をスコアしている。

これは公式なものです: Intelは現在、CPUの性能に関しては非常に多くの劣勢を強いられています。

インテルの14nmプロセスは、その年齢を示しているし、10nmはすぐに会社のために十分に来ることはできません。

 

Cinebench R15 & R20

 

インテル10900Kゲーミングパフォーマンス。AMD 3950Xよりも3.3%速く、AMD 3900Xよりも4.1%速いテスト済みの集計

シンセティックについても見てみましょう。

シンセティックは、通常、生の計算性能よりも全体的なゲーム性能に近い表現です。

また、Cinebenchのような理論的なピークベンチマークでは考慮されないような最適化(または最適化されていない)も考慮されています。

ゲーム性能は常にIntelの14nm CPUの救世主であり、ここでのゲームとシンセティックのサンプル(3つのCPUで合計24のデータポイント)が何らかの理由で平均と極端に違った値が出ていることが判明しない限り、これは正しいでしょう(その可能性は低い)。

ゲームのシンセティックでは、Core i9 10900Kは、かろうじてAMDのR9 3900Xを打ち負かすことができたが、3950Xには負けてしまった。

興味深いことに、グラフィックススコアが高い変動を示す一方で、CPUスコアの変動は実際にはほとんどありません - つまり、AMD 3950XとIntel 10900kの間には、ゲームで利用可能な性能の面ではあまり差がないことを意味します。

少なくとも純粋な計算の違いほどではありません。

 

3DMark Fire Strike Extreme(2560X1440) & Time Spy(2560X1440)

しかし、実際のゲーミングベンチマークでは、Intel 10900kがゲーミング性能でわずかにリードしています。

我々は、すべての3つのCPUの相対的なパフォーマンスの数字を計算し、平均的な集計を作成しました。

Intel Core i9 10900kはAMD 3950Xよりも平均で3.3%速く、3900Xよりも4.1%速くなっています。

 

Tomb Raider 9(トゥームレイダー:アンダーワールド?)2560X1440

 

GTA5 2560X1440

 

メトロ・エクソダス 2560X1440

 

ファークライ5 2560X1440

 

ボーダーランズ3 2560X1440

 

アサシンズ・クリード:オデッセイ 2560X1440

 

ただし、これはすべて非常に大きな消費電力になります。

Intel Core i9 10900Kは、ピーク時に338Wの電力を消費します(3900Xと263Wはそれぞれ263Wと306W)。

 

Intel Core i9 VS Ryzen 9 温度

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Intel Core i9-10900K VS Ryzen 9 消費電力

ソース:wccftech - Intel Core i9-10900K CPU Flagship Review Leaks Out

 

解説:

中国の動画サイトからCore i9-10900Kのベンチマーク結果がリークしました。

これによると

  • CineBench R15/R20のマルチコアはRyzen9の圧勝
  • 3DMarkのFireStrike Extreme/TimeSpykCPUスコアはRyzen9有利
  • ゲームのベンチマークは古いゲームではRyzen9が有利で最新のゲームはCore i9が有利
  • 消費電力は圧倒的にRyzen9が有利

ゲーム系のスコアは現実的な価格で買える高FPSモニターの解像度である2560X1440で統一されおり、かなり有用なテストと言ってもよいと思います。

Core i9-10900KとRyzen9で差がつく最新のゲームでもその差は10%以内に収まっており、60FPSで使用したい方や、そこまでFPSにこだわらない方にとってはAMDでもいいかなと思わせる結果になっています。

また、消費電力は莫大なものになっており、Ryzen9の二つのCPUをいずれも大きく超えています。

ただし、低負荷時の消費電力はIntelの方が低く、この電源周りはかなり得手不得手が出るのでIntelが得意とするところです。

それでも後負荷時は圧倒的な消費電力というのはもう14nm自体が限界なのでしょう。

結果は下馬評とほぼおなじですが、この最新ゲームにおけるFPSの差とマルチコア性能の差をどのくらい重視するかで変わってくるでしょう。

  • 最新のゲームで144FPSや240FPSなどのモニターを使って快適なプレイ環境を目指すならCore i9
  • マルチコア性能やPCI EXpress4.0など最新の規格を重視するならばRyzen9

ということになりそうです。

ただし、Ryzen9 3900X/3950Xというのは2019年の製品であり、2020年の製品であるRyzen9 4000シリーズが出ればこの評価はどうなるかわかりません。

Rocket Lake-Sがきちんと今年出れば話は別ですが、そこまで計算に入れるならば、「Rocket Lake-Sでよいのでは?」となってしまうのがComet Lake-Sの微妙なところです。

一応予定ではたったの半年しか現役ではないモデルなので、それが真実であってもRocket Lake-Sが遅れたとしても微妙なモデルと言わざるを得ません。

あくまでもゲーム向けとして考えた場合であることはお断りしておきます。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.