GPU情報

Intel初の市販DG1 3GBグラフィックスカードが登場: PS4よりも高速で(最低スペック)VRも可能

更新日:

Intel初の商用グラフィックスカード「DG1」のSisoftSandraの動作がリークされた。

この実行は、コア数だけでなく、クロック速度も示唆しています。

これを使えば、シングルコンピュート性能の大まかな目安もわかる。

768コアと1.5GHzのクロックレートを搭載したIntel DG1 GPUは、ゲーマーが待ち望んでいた安くてもモダンなアドインカードになるのでしょうか?

ああ、そして、初めて、VRAMの容量も判明しましたが、DG1は3GBのvRAMを搭載しているように見えます。

Intel DG1 GPU Sisoft Sandraのベンチマークがリークした:2.3 TFLOPs、768コア、1.5 GHzおよび3GBのvRAM

現在、IntelのGPU野望については、多くの不確実性がある。唯一確実に分かっていることは、彼らがエンタープライズ市場をターゲットにしているということだ。

ゲーマー向けの計画は今のところ不明で、DG1はゲーマーにとっては天の恵みとなるだろうが(IntelはDG1に補助金を出して市場シェアを獲得するために、その「財政的な力」を使うことができる)、今のところそのような計画はない。

最新のディスプレイエンジンを搭載し、PS4を打ち負かすのに十分なゲーミングパワーを持ち、VRの最小スペック(1.9 TFLOPs)をサポートする安価なアドインカードは、予算重視のゲーマーにはお買い得でしょう。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

Sisoftの実行はクライアントプラットフォームのキャノンレイクを参照しています。

DG1 dGPUはすべての点でTigerLake iGPUと同じで(もちろん、許容されるTDPの大きな例外を除いて)、TGLは本当のキラーになるようにシェイプアップされています。

IntelのTigerLakeもコンシューマー市場に到着することが確認されており、モバイルフォームファクタで提供されることを考えると、性能密度の面ではるかに高いパンチを提供するだろう。

また、ノートパソコン用の最初の「本格的な」iGPUとなり、ユーザーはNVIDIAのMXシリーズのような従来のエントリーレベルのdGPUを見送ることができます。

リキャップ:Intel Xe DG1 GPUプレビュー

Intelはまた、Xe DG1 GPUが低電力(LP)シリーズの一部であり、ゲーマーが手にする製品ではないことを(再び)確認している--これは高電力(HP)シリーズの一部になるだろう。DG1の全体的な目的は、エコシステムの残りの部分のための一種のトレーニングホイールとして機能し、後のラインの下でIntelの本格的な製品の到着に備えています。

ここでは、追加のルックとレンダーをいくつか紹介しよう。

画像出典:wccftech

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

IntelのXe DG1のデモは外付け筐体で動いていて、今は1つのゲームしか遊べませんでした。それはWarframeです。

GPUは1080pのテレビに接続されており、以下にハンズオン体験の詳細を読むことができますが、一般的なコンセンサスは、パフォーマンスが非常に満足のいくものであったということです。

Intel Xe DG1 GPUは、3つのDisplayPortsと1つのHDMIポートを備えています。

また、二次電源コネクタを必要とせず、すべての電力をPCIeグリッドから供給します。これは基本的にはプラグアンドプレイの問題であり、もしIntelがDG1の小売店に行くことを決定したならば、これはプラグアンドプレイの問題である。

このグラフィックスカードは、AIIBやISVが独自にXeアーキテクチャのテストや最適化を行うためのプラットフォームとなることを意図しています。

これはプロトタイプであることを考えると、私たちはこのカードが多少の不具合があると予想していたが、後述のハンズオンで読むように、Intel Xe DG1ソフトウェア開発車両は例外的に良好なパフォーマンスを発揮した。

余談だが、同社はまた、Integer ScalingがTiger Lakeにも搭載され、DG1にも搭載されることを明らかにした。

ソース:wccftech - Intel’s First Commercial DG1 3GB Graphics Card Spotted: Faster Than A PS4 And (Minimum Spec) VR Capable

 

解説:

Xe DG1のSisoft Sandraのベンチマークがリークしました。

それによるとFP32の演算性能は2.3TFLOPSです。

ここで低価格帯のGPUの演算性能を見てみましょう。

Xe DG1・・・2.3TFLOPS

Tiger Lake iGPU・・・2.3TFLOPS

GTX1650・・・2.98TFLOPS

RX5500XT・・・5.19TFLOPS

Raven Ridge iGPU(Vega10)・・・1.75TFLOPS

Tiger LakeのIGPUはXe DG1と全く同じと言われていますが、最上位のものと同じという意味でしょう。

また、RX5500XTはNaviで最下位のGPUですから入れてありますが、明らかにグレードが違うのがわかると思います。

下位のモデルはユニット数の少ないバージョンが搭載される可能性もありますので、お断りしておきます。

PS4のRadeon HD7800系カスタムGPUが1.84TFLOPSということなので、それよりも性能が高いということになります。

あまり高くはならないと思いますので、予算に余裕があるならば安定性や画質などを見るために一つ買っておくのもよいと思います。

特に画質に関しては現在のディスプレイはデジタル接続になってますので発色に差はないはずですが、RadeonとGeforceは明らかに違うので、IntelのGPUも違った見え方をするかもしれません。

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.