GPU情報

インテル、XeSS Super Resolutionを「Hitman 3」と「The Riftbreaker」で披露

投稿日:

インテルXeSS、実際のゲームで披露

インテルは、XeSSに対応したタイトルのポートフォリオを徐々に拡大しています。IO Interactive社およびExor Studios社との新たなパートナーシップにより、2つのゲームにスーパーサンプリング技術が実装された。

1月に発売された「Hitman 3」は、XeSSに対応した初のAAAタイトルです。

YouTubeに投稿された、ロジャー・チャンドラー氏(インテルのクライアント・グラフィックス・プロダクト&ソリューション担当副社長兼GM)が開発者のパートナーとしてインテルを宣伝するビデオの一部として、デモが公開されています。残念ながら、本稿執筆時点では1920×1080の低品質な動画しか公開されていませんが、インテルは後日4KのXeSS動画を公開することを約束しています。

なぜ、XeSSの開発のたびに高品質の動画をアップロードするようインテルに要求しなければならないのか、その理由はよくわかりませんが、どうやらそれは繰り返されるテーマのようです。

Hitman3におけるIntel XeSS、ソース:インテル

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

このゲームは、更新された Glacier Engine を使用しており、将来的にレイトレーシングをサポートすることが確認されています。

残念ながらこの技術はまだゲームに追加されていませんし、NVIDIA DLSSやAMD FSRのようなSuper Resolutionにも対応してません。しかし、古いAMD FidetlityFX CAS(Contrast-Adaptive Sharpening)のみを搭載していますが、このような状況になっています。

Super Resolutionとレイトレーシング機能を搭載した次世代のゲームアップデートは、インテルのディスクリートGPUシリーズ「Arc Alchemist」とともに、来年発売される可能性があるようです。

XeSSは、NVIDIAとAMDのグラフィックカードでサポートされているため、競合他社のGPUでもパフォーマンスを向上させることができるからです。

Hitman3におけるIntel XeSS、ソース:インテル

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

さらに、「The Riftbreaker」というゲームを題材にしたXeSSのデモが、リサ・ピアース氏(インテルのアーキテクチャ、グラフィックス、ソフトウェア担当副社長)によって披露された。

このゲームは、ポーランドのExor Studios社が開発したもので、今年6月にAMD FidelityFX Super Resolution(FSR)を搭載したばかりだ。

つまり、RiftbreakerはFSRとXeSSをサポートする最初のゲームとなる。

残念ながら、この映像はかなりぼやけていて(低ビットレート)、細部に注目しないとネイティブとXeSSの違いがわかりにくい。

The RiftbreakerにおけるIntel XeSS、ソース:インテル

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

インテル、XeSSアーリーアクセスを発表

インテルは、DevMeshプログラムを通じてXeSS技術へのアクセスを提供する準備も整えています。

このプログラムは、大規模なスタジオから小規模なインディーデベロッパーまで、誰でもゲームを応募することができます。

より多くの開発者がこのプログラムに応募すれば、来年インテルの技術がリリースされた際には、スーパーサンプリング技術の競争が激化することになります。

応募フォームはIntel DevMeshのサイトにあります。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

Intel Xe-HPG GPU

インテルは、Intel Innovationイベントにおいて、DG2 GPUファミリーの詳細を明らかにしなかった。

同社は、第1世代のXe-HPG GPUである「Arc Alchemist」を2022年の第1四半期に発売することを再確認したが、それがモバイル向けSKUなのかデスクトップ向けSKUなのかは確認されなかった。

Intel Arc Alchemistグラフィックスカードは、最大32個のXe-Cores(4096個のシェーディングユニット)と16GB GDDR6メモリを提供する予定です。

噂では、第1世代Arcシリーズは、ハイエンドセグメントを代表するNVIDIA GA104やAMD Navi 22のGPUと競合すると言われています。

ソース:Videocardz.com - Intel demonstrates XeSS super resolution technology in Hitman 3 and The Riftbreaker

 

 

 

解説:

XeSSのデモが公開される

Hitman3とThe Riftbreakerと言う2つのタイトルでXeSS処理前、処理後の比較が公開されたようです。

画像を見た感じではきちんと処理出来てる感じですね。

少なくとも、手始めの頃のDLSSよりは高画質っぽいです。

皆さんお馴染みのHitman3がXeSSに対応する初のAAAタイトルになるそうです。

Hitman3はAMD FidetlityFX CAS(Contrast-Adaptive Sharpening)のみに対応し、Super Resolution系の技術への対応はあまり積極的ではなかったようですが、なぜかIntelのXeSSには対応するようです。

これでnVidiaのDLSS、AMDのFSR、IntelのXeSSと3社の記述が出そろいました。

この中で一番オープンなのはAMDのFSRですが、技術的にはあまり見るべきところがありません。

XeSSはnVidiaの元研究員が関わっていますので、かなりDLSSに近いものでしょう。

こちらがオープンな規格になれば、かなり変わってくると思います。

こういうソフト的な技術の開発はやはりIntelには敵わないところです。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.