GPU情報

AMD Radeon RX 5600 XTはさらに高速化され、さらに混乱しています。

投稿日:

AMD RX 5600 XT:人工的な製品のセグメンテーションがメリットよりも問題を引き起こす場合

Radeon RX 5600 XTの悲惨な発売は、小売店、メーカー、顧客の間に混乱をもたらした。

14 Gbpsメモリと150W+トータルグラフィックスパワーへの土壇場の仕様変更により、AIIBは発表されたばかりのRadeon RX 5600モデルのパラメータを変更することができました。

カードを出荷していないメーカーは、モデルのBIOSをアップグレードするだけで、最高の状態になりました。

すでにカードを製造しているボードパートナーや、さらに悪いことに販売店にカードを出荷しているボードパートナーは、BIOSアップデートをリリースするしかありませんでした。

これは、カードがより高速なメモリ速度で正常に動作する保証がないため、トリッキーな操作でした。

その結果、いくつかのブランドは、そのままにしておき、適切な認証プロセスを経て新しいモデルをリリースすることにしました。

結局、Radeon RX 5600 XTについては、信じられないほど混乱した状況になってしまった。

どのモデルを購入するかだけでなく、どのBIOSが同梱されているかも確認しなければならない。

AMDは、BIOSのアップグレードに失敗した場合や、AIBがどのように対処すべきかについて、何の約束もしていない。

AMDはBIOSのアップグレードに失敗した場合、AIIBがどのように対処すべきかを約束していませんが、もしうまくいかなかった場合は、自分で対処するしかありません。

しかし、この時点ではアップグレードされたモデルを購入する可能性が高いので、BIOSのアップグレードは必要ないかもしれません。

いずれにしても、お気に入りの小売店に、どのモデルが提供されているのか、BIOSアップグレードでうまくいかない場合のプロセスは何かを正確に尋ねることを確認してください。

これは、Radeon RX 5600 XTモデルの最新のリストです。

※ 2020年5月5日現在

ソース:Videocardz.com - AMD Radeon RX 5600 XT gets faster and even more confusing

 

解説:

Videocardz.comに便利な表がありましたので、掲載します。

Radeon RX5600XTは発売後にメモリ14Gbpsに対応し、クロックも向上しました。

しかし、当初の仕様と違いすぎたため、出荷時期によって仕様が違います。

そのため、BIOSのバージョンによって仕様が違ったり、出荷時期によってメモリのクロックが違ったりしています。

その仕様の一覧が掲載されていました。

当サイトの読者さんはぜひ失敗しないように選択してください。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,617 (2020/08/10 00:45:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥40,900 (2020/08/10 04:29:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.