メモリ関係 その他

AMDは2022年までにDDR5、LPDDR5、PCI-Express gen 5.0をサポートし、IntelはDDR5を初めて市場に投入する。

投稿日:

業界筋を引用したMyDriversのレポートによると、AMDは2022年までに次世代DDR5メモリ規格をサポートすると予想されている。

5年前のDDR4メモリ規格が今後3年間で段階的に廃止され始め、メモリ規格の変更が間近に迫っている。

SK Hynixなどの大手DRAMメーカーは、すでに2020年内に次世代DDR5メモリの量産を開始することを示唆しています。

DDR4と同様に、IntelはDDR5をサポートするプロセッサを最初に市場に投入する可能性があり、「Sapphire Rapids」Xeonプロセッサで搭載する可能性がある。

一方、AMDは、2021年の技術発表を予定している「Zen 4」マイクロアーキテクチャでのみ、DDR5のサポートを開始する可能性があり、2022年の発売を予定している。

AMDの「Zen 4」では、新しいシリコン製造プロセス、おそらくTSMCの5nmクラスへの移行が見られる。

エンタープライズおよびデスクトップ・プラットフォームではDDR5メモリ・サポート、モバイル・プラットフォームではLPDDR5、ボード全体ではPCI-Express gen 5.0の導入が予定されており、I/Oの観点から同社にとっての転換点となるだろう。

世代的な帯域幅の倍増に加えて、PCIe gen 5.0は、エンタープライズ・セグメントのハイパースケーラビリティを支援する業界標準の機能をいくつか導入すると予想されており、AMDのCDNA2のような複数のスカラー・プロセッサを搭載したコンピュート・クラスターに利益をもたらします。

インテルは、独自のCXLインターコネクトでこれらの機能の多くを導入した。

AMDが2020年内に予定している「Zen 3」マイクロアーキテクチャは、2021年に市場に参入する予定で、DDR4、LPDDR4x、PCI-Express gen 4.0規格を採用すると予想されている。

DDR5では、データレートが3200~8400MHzの間で、シングルランク32GB UDIMMのような密度が可能になるほか、同一バンクリフレッシュのような物理層の新機能がいくつか追加される。

ソース:techpowerup - AMD to Support DDR5, LPDDR5, and PCI-Express gen 5.0 by 2022, Intel First to Market with DDR5

 

解説:

DDR5、PCI Express5.0のサポート時期が明確になる

情報によると、2022年のZen4=Ryzen5000シリーズでサポートされることになるようです。

一方Inelは「Sapphire Rapids」 Xeonプロセッサで最初にDDR5をサポートするといわれていますが、普及の大きなカギを握るデスクトッププラットフォームでいつ頃サポートされるのか今のところはっきりしていません。

Intelは、デスクトップ向けの10nmプロセッサの立ち上げに苦労しており、最短で2021年になるといわれているAlder LakeでDDR5がサポートされる可能性があるのではないかと思います

※ ただし、Sapphire Rapidsが2021年予定であり、それが最速といわれているため、Alder Lakeではサポートされない可能性が高いです。

PCI Express5.0に関してはもっと不透明ではっきりしません。

DDR5、PCI Express5.0に関して明確に時期を公表できるAMDとはっきりしないIntel、ここでも明暗がくっきり分かれています。

 

-メモリ関係, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.