CPU情報

Intel Core i3-10300とi3-10100 Cinebenchのスコア結果がリーク、Ryzen 3 3300Xと3100との比較

投稿日:

インテルは、「Comet Lake」マイクロアーキテクチャをベースにした第10世代Core i3デスクトップ・プロセッサの仕上げを行っている。

これらの次期ソケットLGA1200プロセッサは4コア/8スレッドで、Core i3デスクトッププロセッサのブランド拡張にHyperThreadingとTurbo Boost技術のデビューを見ることができます。i3-10100は3.60GHz、4.30GHzブーストのエントリーレベルの製品で、i3-10300は公称3.70GHz、4.40GHzブーストの高クロックです。

クロック速度以外にも、2つのパーツはL3キャッシュ量で差別化されており、i3-10100は6MB、i3-10300は8MBとなっています。

この2つのチップのCinebench R20スコアが、CPU-Monkeyによってウェブ上にリークされた。

i3-10100はシングルスレッドテストで448点、マルチスレッドテストで2284点と報告されています。

一方、i3-10300は、シングルスレッドテストで457点、マルチスレッドテストで2330点となっている。

同じ情報源によると、第3世代AMD Ryzen 3 "Matisse" 4コア/8スレッドプロセッサシリーズをテストしたところ、Ryzen 3 100はシングルスレッドで444点、マルチスレッドで2154点、Ryzen 3 3300Xはシングルスレッドで491点、マルチスレッドで2341点を記録したとのことです。

これらのスコアが本当であれば、2社のエントリーレベルのチップの間で勝負になります。

ソース:techpowerup - Intel Core i3-10300 and i3-10100 Cinebench Scores Surface, Compared with Ryzen 3 3300X and 3100

 

解説:

下位のCPU同士の激突はAMDの圧勝か?

話題のRyzen3 3300X/3100のベンチマークとCore i3-10300/10100のベンチマーク結果がリークしました。

ベンチマークはお馴染みCinebench R20です。

結果を見ると、今までと正反対の結果でシングルスレッドでRyzen3 3300Xがリード、マルチスレッドで互角となっています。

Comet Lakeは当初は無いといわれていた10350Kがあるようですので、10350Kで3300Xと互角か少しリードしているくらいでしょうか。

ここでもPCI Express4.0が欲しい方はRyzen3 3300X/3100を選択すべきだと思います。

価格とのバランスもありますので、3300Xは15000円台で購入できるCPUとしては非常に優秀だと考えてよいでしょう。

第九世代は9350Kは流通せず、9350KFのみの販売でした。

同じGPUがないCPU同士ならば、10350KFが二万円程度で売られている9350KFと同じ程度の価格なら、競争力はあまりないかなと思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.