CPU情報 その他

PassMark:AMD、14年ぶりに最大40%のCPU市場シェアを獲得

投稿日:

x86市場でのAMDの台頭を止めることはできますか?

PassMarkのデータを見ると、おそらくできそうにありません。

PassMarkを実行しているマシンの調査レポートで、同社はAMDの市場シェアが非常に長い時間で初めて40%に増加したことを報告しました。

このデータは、Intelが7nmプロセスに基づいており、Intelが14nmのままであるため、Intelが提供する最高の性能を備えたAMDのZen 2ベースのプロセッサとの競争の激化に直面した後のものです。

 

AMDが2020年1月のPassMarkアップデートで最大40%の市場シェアを奪う

AMDのRyzen 3000シリーズは2019年7月にリリースされ、サブ14 / 16nmプロセス(つまり7nmノード)への同社の歴史的な移行を示しました。

30年以上ぶりに、Intelはx86業界でプロセスのリードを失い、AMDはその利益を最大限に得た会社でした。

AMDの7nmプロセッサは、Intelプロセッサのパフォーマンスを一致させる(そして時々破る)だけでなく、はるかに低価格で提供することを証明しました。

AMDの略奪的な価格設定の使用は、Intelからますます多くの市場シェアを奪い取っているため、すぐに実を結ぶようです。

Intelは引き続きリードしていますが、AMDは最新のPassMarkレポートで最大40%の市場シェアを取り戻しました(注意:これは1つのデータポイントであり、PassMarkを実行しているデバイスのみに基づいています。

以下の警告の完全なリスト)、これは2006年以来見られていないものです-ほぼ14年前です。

AMDは以前、Intelを打ち負かすとは思っていなかったことを認めていましたが、Intelの10nmへの取り組みにおける失敗は、AMDにとって究極のチャンスであることが証明されました。

AMDは2017年のZenベースのプロセッサのデビュー以来、市場シェアを獲得していますが、市場シェアを獲得する速度は増加しており、Intelが注意を怠ると(意味:全面的に価格をさらに下げること)、最終的にこれらの市場シェアレポートでインテルを追い抜くでしょう。

AMDにはプロセスの優位性がありますが、Intelは(現時点では)14nmプロセスに基づいたクロックの優位性を維持しています。

ゲームはまだクロック速度に依存しているため、同社はゲームの敵に関してはわずかな優位性を持っていますが、プロセッサで確保しているプレミアム(9900kなど)は、AMDの絶え間ない改良に耐えることが期待できないものです。

10nmが登場するまで、Intelは非常に慎重に物事を処理する必要があります。

さもなければ、市場シェアをさらに失う可能性があります。

IntelのCEOは以前、同社が現在の地位にどのように位置付けられたかについて非常に率直な洞察を提供してきました。

PassMark調査の脚注:

  • このグラフは、これらの期間中に送信されたベースラインをカウントするため、購入したCPUではなく、使用中のCPUを表しています。
  • 四半期は、財務ではなく暦年ごとです。 (つまり、Q1は1月1日から始まります)
  • ベースラインはどこからでも送信できるため、これらはグローバル統計です。
  • AMDおよびIntel以外のCPUタイプのサブミッションは少数ありますが、割合は非常に少ないため、グラフ化する価値はありません。これは、パーセンテージを小数点以下2桁に四捨五入することと組み合わせると、各四半期が常に正確に100%になるとは限りません。
  • このグラフにはx86プロセッサのみが含まれ、これらのメーカーが販売する他のチップアーキテクチャは含まれていません。
  • このチャートには、PCにインストールされたCPUのみが含まれ、ゲームコンソールは含まれません。
  • PerformanceTestソフトウェアはWindows OSでのみ実行され、ユーザーがベンチマークを送信することを期待しているためです。このグラフは、Windows以外のユーザーベースを反映していない場合があります。
  • この数値は、新しいCPUの売り上げを表しているだけではありません。また、過去5〜10年の設置ベースをある程度反映しています。そのため、CPU売上の月ごとの大きな変動は、インストールベースの変換に時間がかかります。
  • チャートは毎日更新されますが、データポイントは四半期のものであるため、新しい四半期の最初の数日間はサンプルがわずかになります。つまり、新しい四半期の最初の数日間は、四半期の終わりに比べて精度が低くなります。

ソース:wccftech - PassMark: AMD Snatches Up To 40% CPU Market Share For The First Time In 14 Years

 

解説:

Passmarkの統計データでAMDのシェアが14年ぶりに40%超えたということです。

注意すべきなのはベンチマークを実行するのはユーザーの中でも一部の人に限られるということです。

ハードウェアをより深く分析したいと考える一部のマニアでしょう。

しかし、それでも出荷数ベースではなく、実際に使われているデータを反映していますので、ある種の実態を反映した興味深いデータと言ってもよいです。

何よりも非常に長期間集積されたデータですので、統計情報としては非常に貴重なものです。

私は複数の売り上げデータや統計情報をもとにした記事を取り上げていますが、こうしたデータはポジショントークを行い真実の情報を発信しない不誠実な情報発信者に対して一切の反論を許さないものです。

論というのは結論ありきで書けばいかなる暴論でも成立させられますが、実態を先に出してしまえば空論であることは明らかにできます。

2020年はAMDがIntelを超えることができるのかどうか、その動向は引き続き追っていきたいと思います。

 

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.