GPU情報

NVIDIAのAmpere GPUは、おそらく2020年第4四半期に遅れました。それはコロナウイルスが原因ではありません

投稿日:

伝説的なAquariusZiは、PC_Shoppingフォーラムに投稿し、RTX 3000シリーズ(Ampere GPUを搭載)が2020年第4四半期まで発売しないことを知りました。

この決定は明らかに世界経済をほぼ停止させたコロナウイルスの影響を受けますが、この決定の大部分は、AMDのBig Naviが2020年第4四半期前に見られると期待しているNVIDIAが期待して待っているためです。
(AMDファンにとって朗報ですか?)。

ただし、AquariusZiはこれまで非常に信頼できましたが、COVIDの状況は突然、予期せずに変化する可能性があるため、これはうわさとして扱っていることに注意してください。

 

Ampere GPUを搭載したNVIDIA RTX 3000シリーズは2020年後半に遅延、COVIDの経済減速、AMDのBig Naviが主な要因

NVIDIAには、明らかにGTCのために何か美味しい計画がありました。

このことは、あらゆる手段を開催するために試みたという事実から明らかです。

最初に、彼らはイベントでセキュリティ手順を強化しようとし、キャンセルを拒否しました。

その後、彼らはそれをオンラインショーに移しました。

それをニュースのみのイベントにしようとしてもうまくいきませんでした(あなたはそのような誇大広告を実際に作成することはできません)。

そして今、ライブストリーミングされるGTCだけがあります。

彼らの決定は、コロナウイルスが世界経済と貿易に大混乱をもたらしていることと多くの関係があるようです。

私たちは景気後退の危機に直面しており、内々の予想ではワクチンはほぼ1年先です。

NVIDIAは、ハイエンドGPUの需要が激減する経済に伴い減少していることを感じ、発表を遅らせるというビジネス上の決定を下しました。

そうは言っても、AquiariusZiがこの投稿で指摘しているように、別の大きな理由があります。 NVIDIAは、AMDのBig Naviが発売されることを待っています。

Xboxの仕様では、大勢の人が驚き、ほぼ確実にNVIDIAが(設計を見直すために)図面に戻ります。

ゲーム機よりわずかに速いだけの699ドル相当のフラッグシップを実際に販売することはできません(ゲーム機の価格は499ドル前後と仮定しています)。

これは、AMDのBig Naviが同様の強さと価値で価格設定されることを意味し、同社はそのリリースを待つのがよいでしょう。

現在のGPUにはすでにパフォーマンスクラウンがあり、NVIDIAが発売を進める理由はありません(後で価格を下げる必要があり、それはビジネスパートナーに損害を与えます)代わりに、AMDが動くのを待ちます。

ここでの朗報は、ほぼすべての証拠が、AMDがついに期待していたBig Navi GPU-ゲーマーが非常に長い間待っていたもの-を展開したことを示しています

あふれんばかりの機能を詰め込み、真新しいRDNAアーキテクチャに基づいて、GPU戦争は数年ぶりに再び戻ってくるかもしれません。

 

Ampere GPUとNVIDIA RTX 3080 Tiフラッグシップの噂スペック

NVIDIAの今後のAmpere GPUは、誇大広告と期待の公平なシェアの対象となっています。

しかし、この特定の噂が信じられるとすれば、NVIDIAの主力GPUには大規模な826mm²のダイがあります。

プロセスノードについては言及しませんでしたが、この大きさのダイは、12NFFのような古い、より成熟したノードである確率をわずかに高めます。

TSMC 7nmの成熟度にもよりますが、826mm²の大きなダイは、限られた数量の実行でもまったく問題になりません。

以前のリークでは、Ampereを使用して会社が7nmに移行することを指摘していたため、この記事全体では、このアーキテクチャ全体が7nmに基づいていると想定しています。

7nmの826mm²のダイは、非常に巨大で非常に高密度になります。

これは、同社がハイエンド製品(通常はワークステーションで使用され、TITANシリーズはほとんど使用されない)で以前にパワーエンベロープとサーマルエンベロープを推進していたことを考えると、必ずしもNVIDIAの特徴とは言えません。

この規模のGPUは、AMDが2020年の残りの期間に計画していたものを簡単に破壊してしまいます。

NVIDIA Ampere GPUには、RTXが倍の速度になり、Tensorコアが再設計されます

ここで興味深いことがありますが、噂には、アーキテクチャの改善とNVIDIAのRTX戦略の倍増を示すブロック図(KittyCorgiが作成したと思います)が含まれています。

最後の部分は、TuringのRTX部分が比較的小さく、RTXゲームのアプリケーションの規模が制限されていたため、特に驚くことではありません。

噂で提案された改善点のリストは次のとおりです。

  • INT32ユニットは変更されません。
  • シェーダーの割合については、FP32ユニットを2倍にします。
  • 新しいTensorコアのパフォーマンスは2倍になりました。
  • より包括的な機能のための拡張L1データキャッシュ。
  • まったく新しいデザインのRT CORE ADVANCEDを使用したRTX GAMINGの真のアーキテクチャ。

最後の部分は、NVIDIAのマーケティング資料から直接作られたように見えるもので、これが真実であるかもしれないと私に思わせたものです。

RT Core Advancedは、英語を母国語としない人に由来する非常に妥当な命名スキームでもあります。

私はまだ興味をそそられていますが、これにはこれはかなり割り引いて受け取ることをお勧めします。

 

NVIDIA RTX 3080 Ti 'GA103' GPUには60個のSMと320ビット10GB / 20GBグラフィックメモリが搭載されます

噂はこれで終わりではありません。ツイーターはGA103およびGA104 GPUのブロック図も作成しました。-メインストリームクライアントが実際に発売後にに購入するグラフィックプロセッサになります。

これらは、ゲーマーが予算にあった製品です。

最終的にRTX 3080 TiまたはNVがそう呼ぶであろうと思われるハイエンドGA103製品の場合、60個のSMで、古い割合を想定した場合、合計3840個のCUDAコア、またはSMあたり新しい128個のコアを想定した場合、7680個のCUDAコアを見られます。(旗、BoroとPCMasterRaceに感謝!)。

参考までに、RTX 2080 Tiには4608 CUDAコアを備えた72個のSMがあります。

RTXコアの2倍のパフォーマンス(および結果として生じるDLSSスループットの増加)と組み合わせると、Turingの50%の範囲での実際のパフォーマンスの向上を簡単に確認できます。

NVIDIAが7nmプロセスに移行した場合、許容される電力しきい値内に十分に収まりながら、これらすべてを管理できます。

GA103 Ampere GPUは、10GB / 20GB vRAMと結合されます。

 

NVIDIA RTX 3080 'GA104' GPUには48個のSMと256ビット8GB / 16GBグラフィックスメモリが搭載されます

次に、GA104 GPUがあります。これは、48個のSM(古い割合に基づいた3072個のCUDAコア、新しい6144個)を備えたRTX 2080代替品(RTX 3080?)になります。

これは、46 SMのRTX 2080よりもわずかに大きくなっています。

より高いパフォーマンススループットと2倍のRTXコアを組み合わせることで、これが真実であることが判明した場合、再び大幅なパフォーマンスの向上が見られます。

噂によると、RTX 3080 GPUは8GB / 16GBのvRAMと256ビットのバス幅で結合されます。

この噂が真実であるかどうかはわかりませんが(ゲーマーとして、そうすることを望みます)、お茶を飲みながら非常に興味深い読み物になります。

1つ確かなのは、NVIDIAのAmpere GPUの誇大広告は過去最高を記録しており、ジェンセンが個人的に報道関係者を招待することで、今年のGTC 2020でそれらを発表する準備が整ったことを示しています。

ソース:wccftech - NVIDIA’s Ampere GPU Likely Delayed To Q4 2020, And It’s Not Just Because Of Coronavirus

 

解説:

Ampereは2020Q4

Ampereは2020年の第4四半期になるとの情報が入ってきました。

この情報によると一番大きな理由はBig Naviがどのような性能になるか待っているとのことですが、本当の理由は元記事にある通り、

ゲーム機よりわずかに速いだけの699ドル相当のフラッグシップを実際に販売することはできません(ゲーム機の価格は499ドル前後と仮定しています)。

これだと思います。

ゲーム機が極端に安いのは全世界で1億台以上という巨大なボリュームを誇り、初期発売時は原価ギリギリまで価格を下げて、一気に台数を売ってライバルを蹴散らし、ソフトのライセンス料で利益を出すというビジネスモデルだからです。

単体で利益を出す必要のあるPCパーツとはビジネスモデルが違いすぎるので価格と性能のバランスに差がついてもどうしようもないのですが、同じ「ゲーム向け」というカテゴリの中ではどうしても比較されます。

そうはいってもPCパーツは価格で勝つのは無理ですから、性能で勝つしかありません。

そのため、Big Naviというよりは次世代のゲーム機の性能を見据えてということだと思います。

実際にPS5やXbox Series XはRTX2080Ti(13.8TFLOPS)の1.5倍とか2倍の性能があるといわれていますが、これはさすがに無いです。

おそらく、NVMe SSDの圧縮機能に使われる演算能力などを全部合計しているのだと思います。

PS5もXboxもGPU部分に使われる性能は最大でも12.5TFLOPS相当になると思います。

このSP数が3382SPといわれていますので、単純に計算すると5120SPといわれるBig Naviは約1.5倍の性能になり、18.75TFLOPSになります。

ただしこれは単純計算した場合で、PolarisベースのPS4Proは互換性維持のためにPC版のPolarisよりも性能が落ちていました。

それを計算に入れると1.75-2倍程度の性能になってもおかしくないということになります。

ちなみに1.75倍だと21.875TFLOPS、2倍だと25.0TFLOPSと(特に2倍の場合)RTX3080Tiの現在予測されている性能でも全く追いつけない怪物クラスの性能になります。

ここまで考えるとかなり怪しくなってくると思いますが、ゲーム機の場合、ハッタリ的なマーケティングを行うことも多く、完全な仕様が公開されるとテック系のサイトから訂正されることもしばしばあります。

同じ技術、同じ製造プロセスで製造されるといわれているものですから、MSやSONYが関与した独自部分によほどの何かが無い限りは極端にエネルギー効率が変わるとも思えません。

MSとソニーという巨大な2つの企業とゲーム機需要が生み出す巨大な売り上げの前にはnVidiaであっても当て馬的に使われる可能性が非常に高いです。

例えるならば、「あのnvidiaの最新GPUですらも敵わなかったNaviと同系列のものが入っている」という感じですね。

Big NaviがRTX3080Tiに勝てばゲーム機自体の性能が負けてもマーケティングとして有効です。

ゲーム機市場にいるユーザーはPCパーツ市場に居るユーザーよりも技術にはあまり重きを置きませんので、Big Naviが勝った=PS5とXboxには同系列のGPUか入っている=nVidiaに勝ったという3段論法にすらなってない3段論法を受け入れてしまう可能性が大で、そうなるとnVidiaにとってはかなりのマイナスです。

そのため、Big Naviを警戒しているのだと思います。

私もゲーム機のマーケティングはずっと見てきましたが、ハッタリ的だったり誇大な表現をしたりとそのやり方には疑問を感じます。

いずれにしてもBig Naviはゲームのために作られ、Vegaと違って演算性能なりのゲーム性能を持っていると思います。

そのため、Big NaviがRTX2080Tiだけでなく、RTX3080Tiを打ち破り、CUDAコア数が8KクラスのRTX3080Ti Superが発売される可能性も0ではないと思います。・・・まあ、いくらになるかはわかりませんが。(笑

ここまで行くと「勝った」という事実を演出するためだけの製品になり、ゲーム用に購入するには現実的ではない価格になる可能性が高いのかなと思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,984 (2020/10/01 01:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/10/01 06:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.