CPU情報

Intel LGA 1200ソケット、今後のIntel第10世代CPU向けに確認

投稿日:

YouTubeエディターのキース・メイがレビューのためにArctic Freezer 7Xを受け取ったとき、彼は裏面に非常に興味深いものがあることに気付きました。:まだ存在しないIntelソケットとの互換性。

Arctic Freezer 7Xは、Intelの第10世代プロセッサであるLGA 1200のソケットを誤って確認したCPUクーラーです。

LGA 1200ソケットが複数のリークで表示されるのをすでに見てきましたが、Intelパートナーの製造された製品を介して疑う余地のない証拠があるのはこれが初めてです。

 

第10世代CPU用のIntel LGA 1200ソケットを確認

このようなことは、ある企業の製品が発売日に近づき、パートナーがその製品の補完的な製品の製造を既に終了しているときに起こります。

これは、Intelが実際に第10世代プロセッサで実際に使用しているソケット(LGA 1200)がすでに決定していることを意味します。

難しい話は抜きにして、ここに決定的な写真があります:

これはまた、Intelの第10世代の部品がすぐに発売されることを期待すべきであることを意味します。

Comet Lake-Sは、Intelの14nmプロセスに関する最後のファミリーになり、おそらく高クロックレートの意味を固めるでしょう。

5.1GHzまでのブーストクロックは、これらのプロセッサが搭載すること、およびAMDに対抗するためのIntelの一般的な価格の引き下げを期待するものです。

2020年はゲーマーにとって非常に良い年になるでしょう。

 

これまでのところ、Intelの第10世代Comet Lake-S CPUについてリークが示唆したこと

Comet Lake-Sは、400シリーズのチップセットとLGA 1200ソケットと組み汗せ、メインストリームラインアップに最大10コアを導入するIntelの計画です。

Comet Lake-Sは2019年末近くに発表し、2020年第1四半期初頭までに店頭に並ぶ予定でした。

ラインナップには、125W TDPと非常に高いクロックレートを備えた高性能「K」シリーズ製品が含まれます(これらは、同社の非常に成熟した14nmプロセスに基づいています)。

Intelの2020年第1四半期のComet Lake-Sラインアップ発表、最大10コア/ 20スレッド、Rec.2020およびHDRサポート、HEVCおよびVP9 10ビットハードウェアデコード/エンコード

IntelのComet Lake-Sラインナップは2019年末までに展開され、2020年初頭に購入できるようになる予定です。

ただし、プラットフォームはLGA 1200ソケットを備えた400シリーズチップセットに基づいており、300シリーズとの下位互換性がないため、新しいマザーボードを購入する必要があります。

Comet Lake-Sは、Intelの最初の10コアのメインストリームプロセッサを代表します(4コアまでの時代を覚えている人はいますか?AMDに感謝しましょう)また、非常に成熟した14nm ++(+?)プロセスに基づいていることを考えると、非常に高いクロックが期待できます。

Intelの14nmプロセスは非常に興味深い問題を表しています。

シリコンウロボロスと呼ぶ人もいます。

Intelの14nmプロセスは非常に成熟しているため、クロック速度は実際には10nmのような上位ノードへのシフトダウンが実際に有害になる可能性があるポイントに達しました。(IPC向上は、低いクロック速度差を相殺できません)。

これにより、デスクトップなどの高性能セグメントの10nmへの移行が非常に困難になります。

ラップトップとモバイルの場合、通常はクロックが低く、リーク電流が発生するため、10nmが実行可能なオプションになります。

このロードマップは2019年第2四半期に終了するため、2020年後半には10nmデスクトップ製品が発売されると思われます。

Intel Comet Lake-Sは、125W、65W、さらには35Wの3つのモデルに分けられます。

これはかなり標準的なものですが、125Wのラインナップは、Intelが成熟した14nmプロセスに投資し、CPUにこれらの高クロックをヒットするために必要な電力を与えたいという要望を示しています。

これらのプロセッサ(10コア)で5.0 GHzマークに近いクロック速度が表示されても驚かないでしょう。

もちろん、WiFi 6、USB 3.1、Thunderbolt 3などの最新機能がプラットフォームに統合されています。

また、最新かつ最高のハードウェアコーデックも含まれています。

そうは言っても、このプラットフォームを実際に作り上げたり壊したりするのは価格設定です。 AMDは過去にかなり積極的に価格設定を行ってきましたが、今後も価格設定を続けることを期待できます。

また、Intelの最高のコア製品は、2020年第二四半期の間は28コア/56スレッドのIntel Xeon W-3175Xのままです。

Intelがどのように製品を命名するのかはまだわかりませんが、10nmモバイルの命名法と何らかの関係がある場合、第10世代のブランドが使用されることになるでしょう。

Intel Core i9-10900K、Intel Core i7-10700k、およびIntel Core i5-10600Kは遅かれ早かれ姿を現すでしょう。

ソース:wccftech - Intel LGA 1200 Socket Confirmed For Upcoming Intel 10th Generation CPUs

 

解説:

CPUクーラー製品のArctic Freezer 7Xのレビューを依頼されたYoutuberが製品の箱にIntelの未発売のソケットLGA1200の記述を見つけたという話です。

CPUクーラー製品は通常製品が発売する直前にならなければこのような記載は行いませんので、やはり、当初の予定ではCES2020で発表して、1-2月中に発売される予定だったのだと思います。

こうしたことを考えると、Comet Lake-Sの歩留まりはかなり悪いんじゃないかと思います。

もちろんすべてわたくしの推測にすぎません(あてずっぽうともいう)。

しかし、AMD大攻勢の最中に製品を延期する理由などそれ以外にはあり得ないと思います。

ターボクロックは5.1GHzとも5.3GHzともいわれていますが、元はSkyLakeのコアをそこまで回す(回せる個体を生産する)のは困難を極めるのかもしれません。

もともとSky Lakeのデスクトップ向け最上位モデル6700Kは4.2GHzです。

それを改善されているとは言え同じ製造プロセスで作られた製品を1GHz以上もクロックを上げるのですから、かなり無理があるといってもよいのではないかと思います。

 

果たして言われている通り4月に出せるのか?

昨年末に発売された9900KSの出来を見ると、それよりももっと大きなダイであるComet Lake-Sを5.0GHz以上回る製品を生産しなくてはなりません。

当初の予定では2020年Q1とのことでしたが、4月となれば2020年Q2となります。

個人的には当初の2020年Q1は1月を指していたものと思っていました。

しかし、CES2020の直前に2月という噂が流れ、その後、CES2020でIntelの鶴の一声で関連製品を含めて会場でのお披露目中止、その後の情報では2020年4月となりました。

この経緯を見るだけでもその製造が困難を極めていることが想像できますが、果たして、2020年の4月に予定通りに出せるのか?出せたとして、需要に応えることができるのかという問題があります。

SkyLakeと比較するとCPU部分だけの単純計算でダイのサイズは2.5倍にもなります。

AMDのようにチップレット構成を取り、CPUのダイとGPUのダイを分けて生産してつなげるということもできないようですし、長蛇の列を作ったCoffee Lake Refleshの悪夢の再来となるのではないかと危惧しています。

あの時と比較すると、デスクトップモデルの需要はAMDに移っています。

しかし、Core i9-9900KSが全コア5.0GHzターボで限定モデルだったことを考えると、Coffee Lake Reflesh比でもさらにダイが大きくなったと思われるComet Lake-Sをまとまった数が出せるのか私は疑問です。

しかも、Core i9-9900KSの保証期間はたったの一年間です。

ソース:Intel製品情報

Intelが一年間しか保証を付けられない製造クオリティということは相当に無理しているものと思います。

延期に延期を重ね、最後のSkyLakeアーキテクチャとなる予定のComet Lake-Sは果たして予定通り出せるのか?

注目です。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.