CPU情報

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCore i9-10900KF、Core i7-10700KF、Core i5-10600KF CPUのリーク– iGPUはありませんが、通常のSKUと同じ仕様

投稿日:

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUの最新仕様がリークされており、今回は「F」および「KF」シリーズのSKUを検討しています。

Informatica Ceroは以前に第10世代のComet Lake-Sラインナップの残りの仕様をもたらした様々なテクノロジー企業と契約している代理店で、その報告によると、「F」および「KF」パーツは標準SKUと同様の仕様をとなりますが、統合されたグラフィックス機能は含まれません。

 

Intel第10世代Comet Lake-Sデスクトップ「F」および「KF」CPUのリーク-Core i9-10900KF、Core i7-10700KFおよびCore i5-10600KFの詳細

既存の「F」および「KF」パーツと同様に、第10世代のSKUは標準モデルの仕様を踏襲します。

これらは、統合グラフィックスが製造中の検証を通過しなかった製品であり、そのため、不良品としてラベル付けされています。

ただし、CPU部分は使用に最適であり、これがこのラインナップが存在する理由です。

最後の世代では、Intelは「KF」および「F」シリーズの価格を標準モデルに近づけ、値下げによりコストを少し抑えましたが、大きなマージンはありませんでした。

Intelの第10世代Comet Lake-S「F」および「KF」シリーズプロセッサの仕様がリークしています。 (画像クレジット:Informatica Cero)

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

Intelは今回、「K」/「KF」と「F」/「非F」のバリアントの価格差を大きくする可能性がありますが、まだ確認されていません。

仕様に関しては、このファミリーには少なくとも3つの「KF」125W製品と3つの「F」65W製品を含むSKUが少なくとも6つあるようです。

以下は、第10世代SシリーズSKUの詳細と仕様の表です。

 

Intel Core i9-10900KF-10コア、最大5.3 GHzシングルコアターボ、4.9 GHzオールコアターボ

Intel Core i9-10900KFは、第10世代デスクトップCPUファミリーのフラッグシップ製品です。

インテルには、Core i9-9900KSよりも優れたパフォーマンスを提供するためのいくつかの工夫があります。

i9-10900KFは、10個のコア、20個のスレッド、20 MBの合計キャッシュ、125W TDPを備えています。

チップの基本周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。

ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzをブーストでき、さらに良いのは4.9 GHzの全コアブーストです。

この特定のチップの機能には次のものがあります。

  • 最大4.8 GHzの全コアターボ
  • 最大5.3 / 4.0 GHzの熱速度ブーストシンギング/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループの調整

興味深い部分は次のとおりです。

チップには、現在の主力製品と同様に、Thermal Velocity Boostも設定されます。

Core i9-10900KFなど、このアルゴリズムをサポートするCPUは、5.3 GHz(シングルコア)および4.9 GHz(オールコア)のさらに高速なブースト周波数を備えています。

ただし、その名前が示すように、最高の冷却ソリューションのみが、Thermal Velocity Boost機能を最大限に活用できます。

したがって、ハイエンドの簡易水冷またはDIY水冷を取り付けしない限り、持続的な速度ブーストではなく、しきい値に達するまでの短いブーストになります。

この機能が提供しなければならない機能の全範囲と、Core i9-10900KFが一般的に必要とする冷却の種類を知ることは重要でしょう。

 

Intel Core i7-10700KF-8コア、最大5.1 GHzシングルコアターボ、4.7 GHzオールコアターボ

Intel Core i7-10700Kは、8つのコアと16のスレッドを備えています。

このチップは、16 MBの合計キャッシュと125 WのTDPを持ちます。

このチップは、3.8 GHzのベースクロック、5.0 GHz(シングルコア)およびTurbo Boost Max 3.0を搭載した5.1 GHz(シングルコア)のブーストクロックを備えています。

チップは、シングルコアでは100 MHz速くなりますが、500ドル以上で販売されているCore i9-9900Kよりも100 MHz遅くなります。

これはi7製品であるため、価格は約350〜400ドルに下がると予想されます。

 

Intel Core i5-10600KF-6コア、最大4.8 GHzシングルコアターボ、4.5 GHzオールコアターボ

Intel Core i5-10600KFは、6つのコアと12のスレッドを備えています。

チップには、合計12 MBのキャッシュと125WのTDPが収容されます。

このチップは、4.1 GHzのベースクロック、4.8 GHz(シングルコア)および4.5 GHz(オールコア)のブーストクロックを備えています。

このチップは、第8世代のフラッグシップであるCore i7-8700Kよりも高速で、シングルコアとすべてのコアでより高いベースクロックとブーストクロックを備えています。

Core i5は、220米ドルから270米ドルのセグメントで小売りされるでしょう。

これは、高速な6コアおよびマルチスレッドチップの正当な価格です。

 

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ブースト
Turbo Boost
Max 3.0
(Single-Core)
全コア
ブースト
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/203.7 GHz5.1 GHz
5.3 GHz
(Velocity)
5.2 GHz4.8 GHz
4.9 GHz
(Velocity)
20 MB125W不明
Intel Core
I9-10900
10/202.8 GHz5.0 GHz
5.2 GHz
(Velocity)
5.1 GHz4.5 GHz
4.6 GHz
(Velocity)
20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz不明不明20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W不明
Intel Core
I7-10700
8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz不明不明16 MB35W不明
Intel Core
I5-10600K
6.124.1 GHz4.8 GHz無し4.5 GHz12 MB125W不明
Intel Core
I5-10600
6.123.3 GHz4.8 GHz無し4.4 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10600T
6.122.4 GHz4.0 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10500
6.123.1 GHz4.5 GHz無し4.2 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6.122.3 GHz3.7 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10400
6.122.9 GHz4.3 GHz無し4.0 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I3-10350K
4/8不明不明無し不明8 MB125W不明
Intel Core
I3-10320
4/83.8 GHz4.6 GHz無し4.4 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10300
4/83.7 GHz4.4 GHz無し4.2 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100
4/83.6 GHz4.3 GHz無し4.1 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz無し不明8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz無し不明4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz無し不明2 MB35W不明

これらに加えて、Twitterの友人_ROGAMEは、3DMarkデータベースに定期的に表示されているIntelの第10世代CPUのさまざまなリストも見つけました。

以下のさまざまなリストを見ることができます。

 

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

Intelの第10世代Comet Lake-Sラインナップは、これまでで最も高速なクロックCPUの一部です。

これは、IntelがAMDとその既存の第3世代Ryzen CPUに対抗し、第10世代プロセッサファミリのパワーと全体的な効率を犠牲にしようとする必死の動きです。

私たちは、新しいLGA 1200ソケットプラットフォームについて多くのことをすでに知っています。これは、今後のプロセッサで必要になります

また、ハイエンドの第10世代CPUは300ワット以上の電力を消費することもわかっています。これは、32コアチップであるRyzen Threadripper 3970X CPUが消費するのと同じ電力であり、Intelの懸念です。

AMDは、IntelがCore i9を350〜400米ドルに引き下げない限り、Ryzen 3000がIntelの第10世代の部品と競争するのに十分な競争力があるため、値下げの提供を検討することさえしないかもしれません。

しかし、再び、彼らはデスクトップセグメントで競争力を維持するためにそれを行う財政的な余力を持っています。

Intelの第10世代のラインナップでは、すべての製品でマルチスレッド化とクロックの高速化が可能ですが、より多くの電力とより強力な冷却が必要になります。

来年に予定されているZen3とすべてのセグメントでAMDが市場シェアを獲得しているため、IntelはデスクトップCPU戦略全体を再考する必要があります。

ソース:wccftech - Intel’s 10th Gen Comet Lake-S Desktop Core i9-10900KF, Core i7-10700KF, Core i5-10600KF CPUs Leak Out – No iGPU But Same Specs As Regular SKUs

 

解説:

Comet Lake-Sのリーク情報です。

前々から噂になっていましたが、今回も末尾に「F」が付くGPUが動作しないモデルがあるようです。

この意味するところは、第九世代と同じ状況であるということです。

Intelは製品のクオリティを均質にすることを是としており、「正確にコピーしろ」というスローガンが知られているほどです。

しかし、そのIntelをしても14nmで8コア、10コア、5.0GHzで動作する個体を大量生産するのは至難らしく、CPU部分とは特性が大きく違うGPU部分が不良のコアが相当の数出ているようです。

元記事にはIntelの値下げを期待する箇所がありますが、数が出せなければ値下げ戦略も取れません。

値下げして数が売れたとしても店頭から商品が消えるだけになります。

果たして、生産が開始されたばかりのプロセスなら経験の蓄積で技術が上がることは期待できますが、成熟しきったプロセスでそれが期待できるのかどうかは極めて疑問です。

仮に初期出荷用のまとまった数の製品をストックできたとしても、もともとの生産能力が低ければ(イコール歩留まりが低ければ)すぐに製品がショートしてしまうだけになります。

第十世代Coreのカギは性能だけでなく、製品の供給能力もAMD+TSMCに勝てるのかどうかという点になります。

おりしも、TSMCの7nmはアップルが開放しAMD用のキャパが増えます。

Intelが応えられないOEM向けの需要もAMD+TSMCなら応えられるということになります。

なにせ大量に出荷されるスマホのSoC分のキャパが丸々使えるわけですから。

2020年は大量のRyzen3000シリーズや、モバイルRyzen4000シリーズが出回る年になるかもしれません。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.