その他

インテルは、経営陣の変更と「ファブレス」になる可能性を含む再編の見通しの中で、ジェフリーズによって格上げされました。

投稿日:

ジェフリーズのアナリストであるマーク・リパシスは、Intelの評価(NASDAQ:INTC 60.975 2.31%)を以前の「アンダーパフォーマンス」の指定から「保留」に更新すると同時に、チップメーカーの株価目標を40ドルから64ドルに引き上げ、60%増加しました。

Intelが金曜日に59.60ドルで取引を終了し、現在の価格レベルが時価総額256.13億ドルに相当することに留意してください。

ジェフリーズからの格上げ促した主な要因は、2020年と2021年のチップメーカーの管理チームのオーバーホールによる「劇的な変化」の可能性に関連しています。

社内の才能を促進する慣習からの完全な脱却において、インテルは最近、外部の採用活動に乗り出しました。それにより、競争から著名な幹部を引き付けることができました。

例として、チップメーカーは2019年12月にGlobalFoundriesの最高技術責任者(CTO)であるGary Pattonを雇いました。特に、PattonはIBM(NYSE:IBM 138.89 0.42%)チップユニットでも10年以上働いています。

さらに、過去1年間、IntelはAMDのJim KellerをSoCシリコンエンジニアリングを監督する上級副社長に任命しました。 Raja Koduriは、Intelのアーキテクチャ、グラフィックス、ソフトウェア部門で働くために、AMD(NASDAQ:AMD 51.255 0.64%)からも引き離されました。

さらに、チップメーカーは、Qualcommから現在の最高技術責任者であるMurthy Renduchintalaを雇いました(NASDAQ:QCOM 94.53 -1.44%)。

インテルも人員を削減しています。例として、ラジーブ・ハズラ– Intelのデータセンターグループの企業副社長およびエンタープライズおよび政府グループのGM – 2019年11月に出発

さらに、金曜日のレポートは、シリコンジャイアントが重要なデータセンターグループの従業員の25〜33%をレイオフすることを計画していることを示しました。

この最新の大量レイオフはまだ確認されていませんが、Intelは木曜日に詳細を明らかにし、2019年第4四半期の業績を発表する可能性があります。

それにもかかわらず、インテルの経営陣におけるこの泡立った混乱は、積極的なリバイバルのアナリストの間で希望を呼び起こしました。

Mark Lipacisがアップグレードのために提供したもう1つの理由は、Intelの収益、フリーキャッシュフロー、および株価を押し上げることを目的としたリストラの可能性に関連しています。

詳細は乏しいが、アナリストは、リストラがメモリ事業の売却の形でもたらされ、SG&A支出を削減し、興味深いことに、ファブレスモデルに移行するためにファブをライバルに売却すると推測している。

ファブレスモデルはIntelでどのように機能しますか?

チップメーカーの最初の7nm製品(TSMCの5nmノードに相当)は、2021年の第4四半期に発売される予定です。

その間、同社はまだ10nm製品(TSMCの7nmノードに相当)の完全な需要を満たすことができず、その結果、14nm製品への依存度が高まります。

一方、AMDはすでに7nmチップを生産しています。

さらに、金曜日の台湾のDigiTimesのレポートによると、Intelの供給問題は2020年末まで続くと予想されます。

このようなシナリオでは、シリコンの巨人がAMDに対する競争力の回復が高くつきすぎると判断した場合、AMDとGlobalFoundriesの間に現在存在するものと同様のウェーハ供給契約(WSA)を確保しながら、製造事業を競合他社に売却する可能性があります。

しかし、このような動きがこの段階ではほとんどありそうにないことを認めていますが、ジェフリーズの有能なアナリストがそのようなシナリオを熟考しているという事実は、簡単に解雇することはできなくなりました。

Intelは現在、世界のCPU市場のほぼ4分の3を支配しています。

さらに、インテルのCEOによるWccftechの独占インタビューで詳述されているように、同社はCPUだけに依存するのではなく、GPU、FPGA、AI、次世代5Gテクノロジーなどにも注力しています。

したがって、ジェフリーズによるこの前向きな予言がチップメーカーに当てはまるかどうかを見るのは興味深いはずです。

ソース:wccftech - Intel Upgraded by Jefferies Amid Changes in its Management Team and the Prospects of a Restructuring That Includes the Possibility of Going ‘Fabless’

 

解説:

ついに、証券アナリストの口からIntelがファブレスになるという分析が出てくる

※ 文中に出てくるJefferies Group LLCは、ニューヨーク市に本社を置くアメリカの多国籍独立投資銀行および金融サービス会社です。

10年前、こんなことを言ったら頭がおかしいと思われたでしょう。

現在Intelにその気はさらさらないようですが、証券アナリストがこのようなシナリオを考え始めたため、簡単にリストラが出来なくなったと元記事にはあります。

第一世代のRyzenが発売されてからたったの3年、ついにIntelはここまで追い詰められてしまったことになります。

半導体産業というのは最先端になればなるほど加速度的に投資額が増え、リスクが大きくなっていきます。

常に激しい競争にさらされ、その中で少しでも立ち止まるとたちどころに追い抜かれてしまいます。

現時点ではおそらくIntel自身にはファブレスになるという選択肢は無いと思います。

しかし、今後少しでも予定が遅れるようならばどんどんこの話は現実的になっていくと思います。

とりあえず、Comet Lakeが予定通り今四半期中(Q1)に出せるかどうかです。

CES2020では、マザーボードの準備が整っているがCPUが用意できなかったため、展示できなかったとまことしやかに語られていました。

もしもComet LakeがQ2にずれ込むようならば赤信号です。

Rocket Lakeの予定は年末(Q4)ですが、そうするとComet Lakeは一度もクリスマスシーズンを迎えることなくEOF(終売)になります。

このスケジュールが如何にぎりぎりなのかよくわかるのではないでしょうか。

今後少しでも遅れるようならば、後に続く計画も後ろにずれこんでどんどん苦しくなるということです。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.