CPU情報

IntelデスクトップCPUが2020年後半に大幅な値下げを行い、AMDのZen3に対する市場での地位を維持

投稿日:

Intelは2020年後半に向けて、CPUラインアップの大幅な値下げを発表する予定です、とDigiTimesは報告しています。

このレポートは、AMDの今後のZen 3ベースのCPUの猛攻撃に対する市場の優位性を維持するために、Intelによって値下げが行われると述べています。

Intel、AMDのZen 3に取り組むために2020年の主要CPU値下げを準備-2020年の大半で市場での地位を維持しようとする

レポートで述べたように、この情報はPCメーカーまたはOEMから直接得られますが、アジアのPC小売業者およびサプライヤーも同様のことを示唆しています。

ただし、これは、CPUのラインナップ全体が値下げされる可能性や、Intelが価格を黙って調整するのか、それについて公表するのかを意味するものではありません。

問題は、レポートはあまり明確ではなく、値下げがすべてのIntel CPUセグメントまたは特定のセグメントのどちらに向けられるかについて言及していないことです。

私たちが知っていることは、IntelがすでにPC HEDT CPUの価格を引き下げて、熱狂的な市場での関連性を維持していることです。

また、Xeon Wファミリ、第9世代メインストリームデスクトップファミリ、さらに最近では第2世代Xeonスケーラブルファミリプロセッサの大幅な値下げを発表しました。

しかし、ここで重要なのは、競争力を維持するためにIntelが現在行っている唯一のことは、値下げだけを提供することです。

今後の第10世代のラインアップ全体は、同じコアをさらに追加し、クロック速度を上げるだけで、消費電力が大幅に増加し、さらに高温になります。

第10世代のComet Lake-Sファミリーは、今後数か月のうちに発売される予定であり、これは値下げを期待しています。

現時点では、Comet Lake-SデスクトップCPUは前の機種と同じ価格帯で置き換えられますが、それでもIntelをバックアップする金融馬力があれば、1つではなく2つの値下げでデスクトップPCセグメントの競争力を維持できます。 。

CPUラインナップは、LGA 1200ソケットでロック解除された「K」シリーズSKUをサポートするフラッグシップZ490チップセットを含む、新しい400シリーズマザーボードに基づいています。

IntelのComet Lake-Sプラットフォームは、PCIe Gen 4.0サポート(チップセット経由)を搭載することが期待されていたが、いくつかの問題のため、サポートを削除する必要があるという報告があります。

2番目の可能性は、デスクトップのラインナップが低価格になるだけでなく、2020年下半期に発売予定の次世代14nm Cooper Lake-SPおよび10nm Ice Lake-SPチップも入手できることです。

AMDがEPYC Milan(第3世代EPYC)ラインアップを発表する前に、Intelがはるかに手頃な価格で次世代のスケーラブルなXeonファミリーを提供しないことは、チャンスを逃すことになります。

Intelはプロセッサのコアカウントを押し上げ、新しいアーキテクチャを利用しますが、AMDはEPYCチップでも同じように、HPCとデータセンターに非常に大きな価値を提供するより堅牢なプラットフォームで行うことが期待されています。

AMDが、サーバーとデスクトップの両方のセグメントで過去のレベルを上回ることを目標に、来四半期までに2桁のサーバーCPU市場シェアを達成することを確信しているのはこのためです。

そのため、私たちはそのラインナップを非常にうまく構築しています。

そして、複数世代にわたるロードマップ全体で構築している機能は、データセンターの顧客ベースにとって重要な必須事項の1つである総所有コストを実際に押し上げていると考えています。

ですから、最初に2桁のシェアを獲得し、その後、投資家の期待という観点から、過去の最高値を少し現実的にすることができます。

そして、会話はそれをどのように超えますか?

このZenがロードマップのアーキテクチャを支えているのを見ました。

私たちは現在、Zen 2とZen 3を使用しています。そして、Zen 4が間に合うようになり、その旅に役立ちます。

したがって、これはお客様が購入した複数世代にわたる取り組みです。データセンターでの評判を高めました。これは重要でした。

ルース・コッター、AMDのワールドワイドマーケティング担当副社長、HR&IR-アルファを求めて

本当に値下げを計画しているのであれば、これはすべてIntelと消費者にとって良いことだと思いますが、同時に、彼らはラインアップをより競争力のあるものにするだけの値下げにすべての信頼を置くべきではありません。

AMDは2020年後半にZen 3コアアーキテクチャベースのRyzenプロセッサとEPYCプロセッサを導入し、新しいアーキテクチャ、大幅なIPCゲイン、高速クロック速度、コアカウントの追加、および新しい

機能の数々を発表します。 IntelのCPUラインナップにさらにプレッシャーをかけることになります。

そのため、これらすべての値下げは、Intelが現在のCPU市場での地位を維持するのを支援するものであり、特にZen 3のパフォーマンスレベルについて聞いた限りでは、Intelにとっては困難です。

そして、2020年まで続くと予想されるIntelの供給の問題を考慮すらしていません。これは、供給の低下を相殺するために値下げが必要な理由を説明するかもしれません。

AMDのZen 2ベースのプロセッサは、主要なDIY市場ですでにIntelを破壊しています。Intelが主要なパフォーマンスと効率の向上をもたらすプロセッサファミリを持つまで、Zen 3も同じことを期待できます。

IntelのRocket Lake-Sデスクトッププロセッサで起こっているバックポートシェナンガンの噂については知っています。

Intelは、最新のプロセスロードマップで新しいアーキテクチャを古いノードにバックポートできることを既に確認しているため、あそこのIntelからの驚きの要素を期待できますが、これらを確認するためにIntel自身からの詳細を待つ必要があります。

ソース:wccfteh - Intel Desktop CPUs To Get Major Price Cuts In Second Half of 2020 To Retain Market Position Against AMD’s Zen 3

 

解説:

Intel製品が値下げされるという話

こういった話はたびたび出てきますが、実際の製品の価格が下がってもIntelから値下げの公式なアナウンスはありません。

現在は供給がショートしているからという要素が大きいと思います。

しかし、ようやくというかついにというか2020年の後半には製品を値下げして対抗せざるを得ないのではないかという話が上がっています。

逆に考えれば、2020年の後半にはAMDのZen3に対する競争力は大きく失われ、OEMも含めた市場のシェアと評価が逆転するかもしれないと考えているということです。

先日の証券アナリストの分析といい、現在のIntelは非常に厳しい見方をされているということになります。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.