CPU情報

Intel Core i9-10980HK 8コア、16スレッド、5 GHz +フラッグシップモバイルCPUパフォーマンスベンチマークのリーク

投稿日:

フラッグシップCore i9-10980HKを含むIntelの第10世代モバイルプロセッサの最初のベンチマークがリークされました。

リークは、AMDのRyzen 4000「Renoir」ラインナップに対抗するためにリリースされるモバイルセグメントの最速チップのパフォーマンスベンチマークと特定のラップトップ構成のさまざまなソースから発生します。

 

Intel Core i9-10980HKフラッグシップと他のいくつかの第10世代モビリティCPUベンチマークリークアウト-5 GHz +ブーストを備えた8コア&16スレッド

IntelはCES 2020で、新しい第10世代第4世代Comet Lake-Hシリーズのラインアップを発表すると発表しました。

Core i9、Core i7、およびCore i5ファミリーのいくつかのSKUを備えた新しいプロセッサは、45W TDPで構成され、以前よりもさらに高いクロックを備えています。

Intelは、Core i7で5.0 GHz以上のクロックを、Core i9チップでさらに高いクロックを見るようになるとからかいました。

もちろん、実際のクロックは、これらのプロセッサが最終的に搭載されるゲーミングノートブックの冷却および熱設計に完全に依存します。

インテルはまた、ハイエンドSKUにThermal Velocity Boostテクノロジーを搭載し、制約のない冷却性能でさらに高いブーストスパイクを提供します。

Intelはラインアップの特定のSKUについて詳しく説明しませんでしたが、パフォーマンスメトリックとともにさまざまなデータベースに表示され始めたようです。

 

Intel Core i9-10980HK 8コア/ 16スレッドCPU

話題に出す最初のチップは、8コアと16スレッドを誇るフラッグシップCore i9-10980HKです。

Core i9-10980HKには45W TDPが設定されており、Core i9-9980HKの2.40 GHzベースクロックよりもはるかに高い3.10 GHzのベースクロックを備えています。

このチップのブーストクロックは5.0 GHzを超えると言われていますが、ベンチマークでは5.00 GHzで報告されており、より持続的なブースト周波数になる可能性があります。

このチップは16 MBのL3キャッシュ、UHD 630グラフィックチップを搭載し、DDR4メモリをサポートします。

 

TUM_APISAKは、Geekbench 4でCore i9-10980HKの3つの異なるベンチマークを見つけました。これらのベンチマークでは、約5500ポイントの平均シングルコアスコアと約31,600ポイントのマルチコアスコアが報告されています。

これは、マルチコアテストではデスクトップグレードのAMD Ryzen 5 3600Xのパフォーマンスを3000ポイント上回っていますが、デスクトップグレードのRyzen 7 3700Xと比較すると約4000-5000ポイント不足しています。

ただし、Core 7-9700Kと比較すると、このチップはマルチコアではデスクトップCore i7 SKUと同等ですが、シングルコアでは遅れています。

旧モデルであるCore i9-9980HKと比較すると、マルチコアのパフォーマンスが14%向上し、シングルコアのパフォーマンスが5%向上しています。

テストは以下のとおりです。

翻訳

17インチゲーミングラップトップ。おそらくi9-10980HK +不明なNvidia GPU

-総合スコアは9980HK + 2070ノートブックと9980HK + 2080 Max Qコンボよりも15%向上しています。
-14Gbps GDDR6
-1365MHzブースト
-2070 Super Notebookまたは2080 Max Qのいずれか

 

_ROGAMEによると、Intel Core i9-10980HKは、GeForce RTX SUPERモバイルラインアップの一部である最新のNVIDIAモバイルGPUで構成されます。

17インチのゲーミングノートPCは、9980HK + RTX 2070ノートPC構成よりも15%高いパフォーマンスを示しました。

未リリースのノートPCは、NVIIDA GPU用の14 Gbps GDDR6メモリと1365 MHzのブーストクロックも備えていました。

RTX 20 SUPERモバイルラインナップの詳細については、まもなく別の記事で取り上げますので、ご期待ください。

Core i9-10980HKに加えて、Core i7-10750HおよびCore i5-10300Hのパフォーマンス結果もあります。

Core i7-10750Hの詳細はExpreviewであり、2.60 GHzのベースクロックを持つ6つのコアと12のスレッドを備えています。

Geekbench 5では、このチップはシングルコアで1258ポイント、マルチコアベンチマークテストで6065ポイントを獲得しました。

繰り返しになりますが、Core i7-10750Hは、前モデルのCore i7-9750Hと比較して、シングルコアが7%向上し、マルチコアテストのパフォーマンスが5%向上しています。

また、Core i7-10750Hは、Ryzen 7 4800Uよりも3DMarkベンチマークで最大14.7%優れたパフォーマンスを提供すると報告されています。

 

Ryzen 7 4800Uは15W-25Wチップであり、Core i7-10750Hは45W製品であるため、これはApple対Appleの比較ではありません。

したがって、Ryzen 7 4800Hと比較するとより公平な比較になりますが、3DMark Timespyの Ryzen 7 4800Hのスコア結果はありません。

その比較のために適切な唯一のスコアは、Core i9-9880Hの3DMark Firestrikeの結果があります。

最後に、2.50 GHzのベースクロックと4.30 GHzの全コアブーストが報告されているCore i5-10300Hのエントリがあります。

8コア16スレッドで約2.80 GHzのベースクロックを備えたCore i9-10880Hプロセッサもあります。

これらすべてのベンチマーク結果を検討することより重要なことは、AMDのRyzen 4000 Uシリーズプロセッサであるということです。

つまり、HシリーズのRenoirのラインナップは、今回のハイエンドモバイル分野でIntelに大きな打撃を与えることは間違いありません。

ソース:wccftech - Intel Core i9-10980HK 8 Core, 16 Thread & 5 GHz+ Flagship Mobility CPU Performance Benchmarks Leaked

 

解説:

第10世代のモバイルComet Lakeのベンチマークがリークしたが・・・

第10世代のモバイルComet Lakeのベンチマークがリークしました。

しかし、intelの供給ショートで一番ワリを食わされるのはモバイルComet Lakeと言われており、複数のOEMが製品を出すのをあきらめたという話が噂になるほどです。

どんなに素晴らしい性能でも現物が回ってこなければどうしようもありません。

 

もう一つIntelにとって悪いニュースはモバイルRyzen4000シリーズのRenoirが相応の性能になりそうなことです。

techpowerupからRyzen7 4700UのGeekbench4の結果が出ていましたので、結果を並べてみます。

 

 

注意していただきたいことは、Ryzen7 4700UはTDP15W、8コア8スレッドであるということです。

Renoirには末尾にHが付くTDP45Wの高性能モデルがありますが、そちらが今回のCore i9-10980HK相当ということになります。

TDP15WのRyzen7 4700Uにすらもこれだけ僅差のスコアですから、4900Hにはおそらく抜かれてしまうのではないかと思います。

製品不足と性能、2つの要因で苦しむIntelですが、この難局はしばらく続きそうです。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.