GPU情報 その他

NVIDIAエンジニアリングサンプルGPUは、TechPowerUpのGPU-zソフトウェアに表示されなくなります。

投稿日:

TechPowerUPは、監視ツール「GPU-Z」内にNVIDIA製グラフィックスカード向けの新しいリークをブロックする方針を明らかにした。

同サイトは、ASUSなどほとんどのボードデベロッパーに採用されている監視ソフト「CPU-Z」で知られている。

NVIDIA は、特に製品開発のテストと提携のためにエンジニアリング サンプルが現場に出回っている時に、漏洩した情報によって今後の NVIDIA ハードウェアに関するリークをした個人が特定できるように、グループにサポートを追加するよう要求しました。

TechPowerUpのGPU-Zアップデートは、NVIDIA GPUエンジニアリングサンプルに関するリークを制限することを試みる。

新しいアップデートにより、少なくとも理論上は、一般に流出する情報をより防ぐことができるようになります。

また、同サイトは、GPU-Zにウェブドメイン(www.gpu-z.com)を付与することで、管理者の問題を解消し、ネットワークの遮断を容易にすることを選択しました。

TechPowerUPの監視ツールによるこの新しい実装では、ボードパートナーやサードパーティは、ウェブサイトの高尚なデータベースへのGPU-Zの提出やBIOS情報を検証することはできません。

ウェブサイトは、情報がニュースに流出しないようにするために、その役割を担っています。

それでも、カメラやスマートフォン、パソコン端末のスクリーンショットなどの技術では、どのメーカーからの通信も完全に人目に落ちるのを食い止めることはできないだろう。

GPU-Z 2.48.0のチェンジログの更新内容は以下の通りです。

  • アドバンスドタブに「DLSS」セクションを追加し、DLSSをサポートするインストール済みのゲームをすべて検索し、そのDLSSバージョンを報告するようにしました。
  • GPU-Zは今後www.techpowerup.com にトラフィックを送信せず、www.gpu-z.com のみを使用します。これにより、IT管理者はGPU-Zから発信されるトラフィックを容易にブロックすることができます。techpowerup.comの以前のエンドポイントはすべてまもなく無効になりますので、それに合わせてファイアウォールルールを更新してください。
  • NVIDIA Engineering Sample GPUがインストールされている場合、GPU-Zはすべてのネットワークアクティビティをブロックします(NVIDIAによる機能要求)。
  • Intel Arcの検出、センサー、レポート、および仕様の多くの改善
  • IntelディスクリートGPUパワーセンサーを "GPU Chip Power Draw "に改名し、ボード全体のパワーではなく、GPUチップパワーだけを測定することを明確にしました。
  • 中国語翻訳の改善
  • アドバンテックのベンダーIDの検出を追加
  • Intel DG1 のファン速度監視を新しいドライバで修正
  • RTX 3080 12GBのリリース年を修正しました。
  • Ryzen 5800H のリリース日を修正
  • RV670 のダイサイズを修正
  • NVIDIA GeForce RTX 3050 OEM, MX550 (TU117-A), RTX A5500, A5500 Mobile, A4500 Mobile, A3000 12GB Mobile, A1000 Embeddedのサポートを追加しました。
  • Intel Core i5-1230U、いくつかの新しいArc SKUをサポートするようになりました。
  • AMD FireStream 9170のサポートが追加されました。

更新されたGPU-Zモニタリングツールをダウンロードしたい場合は、ここをクリックして詳細とダウンロードを行うことができます。

ソース:wcctech - NVIDIA Engineering Sample GPUs Will No Longer Show Up in TechPowerUp’s GPU-z Software

 

 

 

解説:

nvidiaがGPU-Zにリーク情報を対策を要請

GPU-Zは独自にドメインを取得し、リーク情報の対策を行うように指示しているとのこと。

今まではBIOSの情報などもリークしていたようです。

私もそこまではチェックしてませんでしたが、これは本当に凄いですね。

GPU-Zがよりオフィシャルなツールになったということですが、それによってリーク情報の経路が一つ潰れたということが言えると思います。

しかし、どんな形であれ、リーク情報が完全になくなることは無いでしょうし、今後も何らかの形で続いていくと思います。

この時期にこういう話が出てくるということはやはり、在庫の処分に苦しんでいるのかなと思います。

2年に一度の製品のアップデートは分かっているわけですから、効果は極小だとは思います。

しかし、何ら対策しないと言うことはできないのでしょうね。

日本では、より上流に居るものの指示が絶対で上位者の指示を守らないものが悪と言う風潮がありますが、こんな風に、「できないような環境を作っていく」と言うのはより重要なことだと思います。

グローバルスタンダードと言うのはそんなに上品な世界じゃないということです。

 

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,689 (2022/10/05 04:39:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/10/05 04:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/10/05 05:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

 

 

 

-GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.