CPU情報

AMD Ryzen 4000「Renoir」7nm Zen 2 APUが正式に発表-8コア、16スレッド、Intelの10nm Ice Lakeよりも高いIPCを搭載したRyzen 9 4900Hまでラインナップ

更新日:

AMDは、コード名Renoirの第3世代Ryzen 4000 CPUファミリーのカーテンを公式に解除しました。

AMD Ryzen 4000モバイルプロセッサは、低電力15Wおよびハイエンド45W SKUを含むさまざまなモデルで提供され、最大8コアと16スレッドを提供し、ノートPCでも大幅なパフォーマンス向上を実現します。

 AMDのRyzen 4000 'Renoir モバイル CPUが発売-最大8コアおよび16スレッドの7nm Zen 2チップ

AMD Ryzen 4000 APUファミリーは、最初にゲームや消費者向けの主流ノートブックを含むモバイルプラットフォームを対象としています。

前世代のRyzen 3000 APUと比較して、新しいラインナップには最新のZen 2コアが装備されており、IPCパフォーマンスとクロック速度が向上しています。

また、新しいAMD 7nm Zen 2コアアーキテクチャにより効率が向上し、AMDは第3世代Ryzen 4000モバイルラインアップ全体でコアとスレッドの総数をさらに増やすことができます。

7nm APUファミリには、Zen 2コアのほかに、多くの新機能があります。

現在の12nm Zen +製品の最大2倍の効率で、LPDDR4xメモリをサポートし、Radeon RX Vega 64よりもRadeon VIIに近い拡張機能セットを備えた最新のVega GPUを搭載します。

そのため、AMD Ryzen 4000プロセッサーは、14nm Comet Lake-U、10nm Ice Lake-U、さらには既存の第9世代Coffee Lake-Refresh製品を含むIntelの第10世代ラインナップ全体に対抗する予定です。

Intelと同様に、AMDは、Ryzen 9 4900Hをフラッグシップ製品として含むRyzen 9ファミリとしてブランド化された上位層のモバイルプロセッサを提供しています。

Ryzen 4000 45Wモバイルプロセッサ-Ryzen 9 4900Hがパックをリード、Ryzen 7 4800HはIntelのDesktop Core i7-9700K CPUよりも高速

ラインアップは、低電力のRyzen 4000 Uシリーズとパフォーマンス層のRyzen 4000 H / HSシリーズの2つのセグメントに分かれています。

Ryzen 9 4900Hは、8コアと16スレッドを提供するフラッグシップSKUです。

これは、モバイルプラットフォームでこのような極端なコアカウントを提供する最初のAMDチップです。

Ryzen 7 4800Hは、8コアと16スレッドも提供しますが、両プロセッサーのクロックは異なります。

Intelの現在のラインナップは、Core i9-9980HK(8コア、16スレッド)、Core i7-9850H(6コア/ 12スレッド)、およびCore i7-9750H(6コア/ 12スレッド)で構成されています。

これらのチップは、最大5.00 GHz(最大シングルコアブースト周波数)のクロック速度を提供します。

これに対して、AMDはRyzen 7 4800Hプロセッサーで最大4.20 GHzの速度を提供し、ワットあたりのパフォーマンスを大幅に向上させています。

AMD Ryzen 4000プロセッサのIPCは、Zen +コアを15%上回るという重要な役割も果たします。

新しいラインナップは、特定の価格帯で抜群のパフォーマンスを発揮し、より高速で手頃な価格のノートPCを実現します。

デスクトップグレードのIntel Core i7-9700K 8コアおよび8スレッドチップとパフォーマンスの比較すると、8コアと16スレッドを備えたRyzen 7 4800Hは、Cinebenchや3DMarkを含むいくつかのワークロードで高速であり、AMDが生み出した45Wモバイルチップの優れたコンピューティング機能を示しています。

AMD Ryzen 4000「Renoir」モバイルプロセッサの仕様

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
最大ブースト
クロック
GPU
CU数/SP数
TDP
AMD Ryzen
9 4900H
8 / 16不明不明不明45W
AMD Ryzen
7 4800H
8 / 162.9 GHz4.2 GHz8 / 51245W
AMD Ryzen
5 4600H
6 / 123.0 GHz4.0 GHz6 / 38445W
AMD Ryzen
7 4800U
8 / 161.8 GHz4.2 GHz8 / 51215W
AMD Ryzen
7 4700U
8 / 82.0 GHz4.1 GHz7 / 44815W
AMD Ryzen
5 4600U
6 / 122.1 GHz4.0 GHz6 / 38415W
AMD Ryzen 5 4500U6 / 62.3 GHz4.0 GHz6 / 38415W
AMD Ryzen
3 4300U
4 / 42.7 GHz3.7 GHz5 / 32015W

 

AMDがRyzen 4000 15W CPU、より高いIPC、最大2倍のマルチスレッド性能でIntelの10nm Ice Lake CPUを粉砕

Ryzen 4000 Uシリーズファミリには、マルチスレッドSKUと非マルチスレッドSKUの両方があります。

最上位のRyzen 7 4800Uから始めて、1.8 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを備えた15Wパーツで8コアと16スレッドを取得しています。

 

GPUには、合計512個のSPを構成する8個のCUが装備されています。 Ryzen 7 4700Uには8つのコアが付属していますが、マルチスレッドのサポートはありません。

合計448 SPの7 CU GPUを搭載しながら、2.0 GHzの高い基本クロックを備えていますが、4.1 GHzの低いブーストクロックを備えています。

Ryzen 5シリーズには6コア/ 12スレッドと6コア/ 6スレッドのバリエーションがあり、Ryzen 3 4300Uはマルチスレッドなしでクアッドコアレイアウトを実現します。

Uシリーズのパフォーマンスの観点から、Ryzen 7 4800Uは10nm Ice Lake Core i7-1065G7チップと比較されました。

Ryzen 7 4800Uはマルチスレッドパフォーマンスが最大90%高速で、シングルスレッドパフォーマンス(最大4%)も高速でした。これは、AMDがIPCに関してIntelの最新の10nmアーキテクチャを超えていないことを示しています。

グラフィック性能は、Ice Lakeチップに搭載されたGen 11 GPUよりも最大28%高速と評価されています。

AMDは、Ryzen 4000プロセッサをベースにしたさまざまなラップトップも展示しました。これについては、本日後ほど詳しく説明します。

AMDは、2020年第1四半期に最初のRyzen 4000ラップトップを出荷し、2020年全体で100以上のモデルを出荷する予定です。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000 ‘Renoir’ 7nm Zen 2 APUs Officially Launched – Up To Ryzen 9 4900H With 8 Cores, 16 Threads, Higher IPC Than Intel’s 10nm Ice Lake

 

 

解説:

ついにRenoirが正式発表される

ついにZen2コアを使ったAPU、Renoirが発表されました。

Zen+のRyzen3000Uシリーズよりも15%IPCがアップし、第十世代のCoreシリーズをしのぐ力を持つAPU世代の大本命です。

まずはOEMのみのノートPC向けからの出荷になるようですが、OEM各社はIntelのCPUがの供給が十分ではない(特にゲーミングノート向け)こともあり、待ちきれずに製品をリストアップしてそれがリークしていました。

如何に注目度が高い製品かよくわかるのではないかと思います。

私もリーク情報を見て驚きましたが、ついに8コア16スレッドをTDP15Wの枠内に収め、それまでとは一線を画する性能となるようです。

一つ前のRyzen3000Uの世代では4コア8スレッドのモデルしかなかったことを考えると大きな進化です。

intelの最上位モバイル向けCPU Core i7- 1065G7と比較すると同じTDPのRyzen7 4800Uは30%性能で上回っているとしています。

実際どうなのかは搭載製品の評価を待たないといけないでしょう。

しかし、メモリのチャンネル数と速度を同環境に揃えて比較すればほぼ同じ結果になるものと思います。

何より、コア数とスレッド数が倍増しているのか効いていると思います。

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.