CPU情報

AMD Ryzen 5000G「Cezanne」デスクトップAPU正式発表 - Ryzen 7 5700G 8コア、Ryzen 5 5600G 6コア、Ryzen 3 5300G 4コア

投稿日:

AMDは、新しいZen 3コア・アーキテクチャを採用した次世代Ryzen 5000G APU(コードネーム:Cezanne)を正式に発表しました。

AMD Ryzen 5000G APUは、コンシューマーセグメントを対象としており、まずOEM PCに供給され、その後、ゲーミングやメインストリームのDIYセグメントにも供給されます。

AMD Ryzen 5000G「Cezanne」Zen 3デスクトップAPUが正式発表 - Ryzen 7 5700G、Ryzen 55600G、Ryzen 3 5300Gを搭載

AMD Ryzen 5000G CezanneデスクトップAPUファミリーは、すでにRyzenメインストリーム、Ryzenモビリティ、EPYCサーバープラットフォームに搭載されている、全く新しいZen 3コアを搭載しています。

このシリーズは、Ryzen 7 5700G、Ryzen 5 5600G、Ryzen 3 5300Gの3つのプロセッサーで構成されます。

AMD Ryzen 7 5700G 8 コア Cezanne Zen 3 Desktop APU

AMD Ryzen 7 5700G」は、ラインナップの中でもフラッグシップとなる製品です。

8コア、16スレッドを搭載します。クロックスピードは、ベースが3.8GHz、ブーストが4.6GHzとされています。

L3キャッシュ16MB、L2キャッシュ4MBを搭載し、TDPは65Wとなっています。

また、このAPUには、8つのCUまたは512のストリームプロセッサーを搭載したVega統合GPUが搭載され、約2.0GHzのクロックスピードで動作します。

35WのRyzen 7 5700GEは、同じスペックを備えていますが、コアクロックがベースで3.2GHz、ブーストで4.6GHzに抑えられています。販売価格は350ドルから400ドル程度を予定しています。

AMD Ryzen 5 5600G 6 Core Cezanne Zen 3 デスクトップAPU:

AMD Ryzen 5 5600G」は、6コア・12スレッドのラインナップとなります。APUのベースクロックは3.9GHz、ブーストクロックは4.4GHzです。また、16MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを搭載しています。TDPは65Wで、1900MHzのVega 7 iGPU(448 Stream Processors)を搭載します。35Wの「Ryzen 5 5600GE」は同スペックだが、コアクロックはベース3.4GHz、ブースト4.4GHzに抑えられている。

AMD Ryzen 3 5300G 4コアのCezanne Zen 3 Desktop APU:

次にご紹介するAMD Ryzen 3 5300Gは、標準的な4コア・8スレッドのAPUです。ベースクロックは4.0GHz、ブーストクロックは4.2GHzです。

L3キャッシュは8MB、L2キャッシュは2MBを搭載しています。

Ryzen 3 5300GのVega iGPU構成には、6つのCompute Unitまたは384のストリームプロセッサーが含まれています。

このチップのTDPは65W。35Wの「Ryzen 3 5300GE」は、同じスペックでありながら、コアクロックがベース3.6GHz、ブースト4.2GHzに抑えられています。

販売価格は、Ryzen 5 5600Gが250ドル前後、Ryzen 3 5300Gが150ドル前後を想定しています。

標準的な65WのRyzen 5000G APUは、OEMメーカーがさまざまな構成でチップを微調整できるように、TDPを45Wまで設定できるようになっています。

性能面では、AMDはCore i5-10600やCore i5-10300とRyzen 5 5600GやRyzen 3 5300Gなどの競合するインテル製品と比較して、最大で30-40%の性能向上を謳っています。

一方、AMD Ryzen 7 5700Gは、Core i7-10700よりもはるかに高速で、コンテンツ作成が38%、生産性が35%、演算が80%、グラフィックス性能が2.17倍に向上しています。

興味深いことに、AMDは自社の次世代APUをインテルの古い第10世代CPUと比較しており、真新しいCPUとGPUコアをベースにした新しいRocket Lakeチップとは比較していません。

グラフィックステストでは、Rocket Lake Xe iGPUの方が明らかに優れており、Vega iGPUが最新のIntel GPUアーキテクチャに対してどの程度の性能を発揮するのか、興味深いところです。

これらのチップのレビューは、APUがDIY分野に参入する2021年半ばまでに行われることを期待しています。

AMD Ryzen 5000G Cezanne Zen 3 デスクトップAPU

CPU 名AMD Ryzen
3 5400GE
AMD Ryzen
3 PRO 5350G
AMD Ryzen
3 5400G
AMD Ryzen
5 5600GE
AMD Ryzen
5 PRO 5650G
AMD Ryzen
5 5600G
AMD Ryzen
7 5700GE
AMD Ryzen
7 PRO 5750G
AMD Ryzen
7 5700G
CPU
アーキテクチャー
Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3
コア数/
スレッド数
4/84/84/86/126/126/128/168/168/16
ベース
クロック
3.60 GHz4.00 GHz4.00 GHz3.40 GHz3.90 GHz3.90 GHz3.20 GHz3.80 GHz3.80 GHz
ブースト
クロック
4.20 GHz4.20 GHz4.20 GHz4.40 GHz4.40 GHz4.40 GHz4.60 GHz4.60 GHz4.60 GHz
L3キャッシュ8 MB8 MB8 MB16 MB16 MB16 MB16 MB16 MB16 MB
L2キャッシュ2 MB2 MB2 MB3 MB3 MB3 MB4 MB4 MB4 MB
iGPUVega 6Vega 6Vega 6Vega 7Vega 7Vega 7Vega 8Vega 8Vega 8
iGPUクロック1.7 GHz1.7 GHz1.7 GHz1.9 GHz1.9 GHz1.9 GHz2.0 GHz2.0 GHz2.0 GHz
TDP35W65W65W35W65W65W35W65W65W
価格不明~$150 US~$150 US不明~$250 US~$250 US不明~$350 US~$350 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 5000G ‘Cezanne’ Desktop APUs Official – Ryzen 7 5700G 8 Core, Ryzen 5 5600G 6 Core, Ryzen 3 5300G 4 Core

 

解説:

Cezanneが正式に発表される・・・・が。

当サイトでも何度もリークを扱ってきたCezanneが遂にAMDから正式に発表されました。

AMDの公式資料では一世代前のCore i7-10700などと比較されており、現世代のCore i7-11700とは比較されていません。

これはすなわちCPU性能、GPU性能、どちらか、若しくは両方で大きく負けているということだと思います。

今後、他のWEBメディアからレビューがなされると思いますが、その時に詳細は明らかになるでしょう。

 

Cezanneに価値は無いのか?

そんなことは無いと私は思います。

なぜなら、CezanneにはRyzen 9 5950Xまでアップグレードできる道があるからです。

Intel製品は8コア16スレッドで終わりですが、Cezanneならば、16コア32スレッドまで強化できる道のりが示されています。

この道があるかないかでは全く違うと思います。

先日リークで出てきたWarholが出ると信じるならば、もう一世代AM4でプロセッサが出ることになります。

今世代で終わりのLGA1200と比較すると、アップグレードできる道がいくつもあるというのはユーザーにとっては魅力的でしょう。

Rocket Lakeの次はDDR5+PCIe5のAlderLakeの発売が今年の9月に予定されており、またDDR4に対応したマザーも出るかもしれません。

この状況で敢えてRocket Lakeを選ぶのはかなりの勇気が必要でしょう。

一方でAM4はもう一世代製品が出る可能性が高く、フラッグシップが16コア32スレッドまであります。

Intelの内蔵GPUは大したことが無いという評価からAMDの内蔵GPUを凌ぐところまで来たのは素直に凄いと感心しますが、今世代ではあまり人気は出ないでしょう。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.