CPU情報 マザーボード関係

Huaweiは、最大8コアのKunpeng 920 ARM v8 CPUを搭載したデスクトップPCマザーボードを準備しています

投稿日:

Huaweiは、最初のコンシューマPCマザーボードを最近リリースしたデスクトップPC市場であるように見えます。 このマザーボードには、Kunpeng 920 ARM v8プロセッサが搭載されています。

このプロセッサは通常サーバーボード用に予約されていますが、Huaweiはこれらのプロセッサが提供する拡張性により、KunpengのラインアップはデスクトップPCセグメントでIntelおよびAMDと競合できると考えているようです。

 

Huaweiは、今後発表されるKunpeng 920 ARM v8搭載デスクトップPCマザーボードでデスクトップPC市場への参入を計画しています!

このマザーボードでサポートされているプロセッサであるKunpeng 920 ARM v8は、デスクトップPCセグメントの4コアモデルと8コアモデルから始まり、後で起動する予定のサーバーマザーボードで最大64コアまでスケーリングできるさまざまなコアカウントを提供します に。

CPU自体は7nmプロセスノードに基づいており、最大2400 MHzの速度のPCIe 4.0およびDDR4メモリをサポートしています。

Huaweiは、これらのマザーボードの2つの別個のモデル、Kunpeng Desktop Board D920S10とHuaweiのS920X00サーバーマザーボードをリリースする予定です。

D920S10は、PCIe 3.0、6つのSATA 3.0、および2つのM.2 SSDスロットをサポートする非常に堅牢なデスクトップマザーボードです。

このマザーボードは、合計64 GBのDDR4 RAMのサポートやECCメモリのサポートなどの素晴らしい機能を提供します。

イーサネットポートは毎秒25 GBを提供し、このマザーボードは驚くほど高速なイーサネットを提供します。また、接続には4つのUSB 3.0と4つのUSB 2.0も含まれます。

Huawei D920S10デスクトップPCマザーボードの機能:

マザーボード名D920S10
CPU1xKunpeng 920 processor 4/8 コア 2.6 GHz
内臓ストレージ6xSATA 3.0 , 2xM.2 SSD スロット
メモリ4xDDR4-2400 UDIMMスロット, 最大64 GB
PCI Express拡張性能1 PCIe 3.0 x16, 1 PCIe 3.0 x4, and 1 PCIe 3.0 x1
内臓NIC2 NIC, 1GbEx1 or 光ファイバーx1
USB4 USB 3.0,4 USB 2.0

 

Huawei S920X00サーバーマザーボードの機能:

マザーボード名S920X00
CPU2 Kunpeng 920 processors
内臓ストレージ最大 16 x 3.5" SAS/SATA HDD
または SSDs, または 16 x 2.5" NVMe SSDs
メモリ最大 32xDDR4-2933 DIMMs
PCI Express拡張性能8xPCIe 4.0 x8, or 3 PCIe 4.0 x16 + 2 PCIe 4.0 x8
内臓NIC2 NIC, GbE/10GbE/25GbE
USB1xHi1710 intelligent management chip

HuaweiのS920X00サーバーマザーボードは非常に印象的で、デュアルKunpeng 920プロセッサ、SATA、NVMe、またはSAS接続を介した16台のストレージデバイスをサポートしています。

このマザーボードは、8つのチャネルで最大32個のメモリDIMMをサポートし、複数のPCIe拡張を可能にします。

これらのCPUは、より高い計算ワークロードに焦点を合わせているため、最大180WのTDPを備えています。

HuaweiのWebサイトには、シャーシ、冷却、さらにはサポートされている電源のリファレンスガイドも記載されているため、このマザーボードはOEMおよびODM向けに設計される可能性が高いと記載されています。

Huaweiのドキュメントは、このマザーボードがより多くのオフィスアプリケーションとLinuxのサポート用に設計されていることを示しています。

それでも、7 nmのKunpeng 920プロセッサとTaiShan v110マイクロアーキテクチャは、全体的な使用において驚くほど印象的です。

このリリースに加えて、Huaweiは2012年からオペレーティングシステムを開発しており、多くの問題がありましたが、現在、より現代的なワークロード向けに最適化されています。

それでも、ARMテクノロジーからの継続的なサポートにより、Huaweiはオペレーティングシステムの開発を進め、デスクトップPC市場での新たな取り組みに非常に生産的な環境を提供できます。

ソース:wccftech - Huawei Preps Desktop PC Motherboards Featuring Up To 8 Core Kunpeng 920 ARM v8 CPUs

 

解説:

Intelへの刺客、もう一つの「A」

HuaweiがARMのマザーを出すようです。

それだけだったら珍しくないのですが、今回はサーバーだけではなく、デスクトップ向けにも出すようです。

形状から見るとMicroATXのように見えます。

Kunpeng 920は最大64コアだったはずですが、デスクトップ向けは4コアか8コアになるようです。

こちらは主にOEM向けとされていますが、どこかの代理店やショップが取って自作市場に流れてくる可能性はあるんじゃないでしょうか。

ひと昔前はXgene、最近はNeoverseなど、ARMを搭載してx86のサーバー市場に挑戦してくるものは後を絶ちませんが、今度はHuaweiが挑みます。

時期的にMicrosoftと取引出来なさそうなので、ARM版Windowsに触れられていないのが残念ですが、後に続く会社があれば、ARMで自作できる日が来るかもしれません。

WEB化全盛の時代にネイティブアプリがそうそう手間をかけて対応するとも思えませんが、自作ユーザーとしては面白い展開ではないでしょうか。

使ってみたいと思われる方は多いのでは?

それにしても最近のIntelは気の毒なくらいボロボロですね。

 

-CPU情報, マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.