GPU情報

AMD Arcturus次世代GPUサポートがHWiNFOに追加され、2020年にはRadeon Instinct AI / HPCラインナップで紹介される可能性があります

投稿日:

※ 画像は実物とは関係ありません。

 

AMDのNavi GPUアーキテクチャは現在のゲームグラフィックカードを強化している可能性がありますが、赤チームは2020年にVega GPUベースのRadeon Instinct Lineupに取って代わるAIとHPC市場向けの別のGPUラインにも取り組んでいる可能性があります。


AMD Arcturus GPUがサポート用にリストされ、2020年に発売予定の次世代Radeon本能 'MI100' HPC / AIアクセラレーター

AMD Arcturus GPUは私たちが話しているものであり、リークでかなり頻繁に現れています。

Arcturus GPUはLinux(Phoronix Forums)を通じて2018年に最初に登場し、後にAMD従業員によって、製品/マーケティング名を公開する可能性のあるファミリコードネームを使用するのではなく、チップ自体に指定されたコードネームを使用することが確認されました。

AMD Arcturus GPUがそのラインに最初に該当しますが、当時、他の詳細は言及されていませんでした。

昨日、HWiNFOは最新のv6.13-3945ベータリリースでAMD Arcturusの予備サポートを追加しました。

それに加えて、Komachi_Ensakaは、AMDのAIファミリでマークされている一連のチップを明らかにし、Arcturusはその1つであるようです。

AIファミリには、Vega 10、Vega 12、Vega 20などの他のGPUも含まれています。

AI名から判断すると、リストにはAMD Radeon InstinctベースのGPUアクセラレーターが記載されている可能性があります。リストされている3つのVega GPUはすべて、HPCおよびArtificial IntelligenceのRadeon Instinctグラフィックスカード内に搭載されているためです

Arcturusも同じリストに含まれていますが、チップがトップダウンでどのように言及されているかを見ると、各ファミリの下部にあるチップも、各ラインナップの最新のものです。

LLVM 9.0は、Vegaの部品であるGFX9(GFX908)ファミリーでブランド化されると噂されているArcturusのサポートも備えていました。

しかし、これが新しい発売になると考えて、AMDが2020年にトップのVega Radeon Instinctアクセラレーターのシンプルなブランド変更を計画していない場合は、何かを変更する必要があります。

同じLinuxパッチ(LLVM 9.0)も3つのSKUをリストし、GL / XLブランディングについて言及しました。

例えば、AMDにはVega 10もっており、Radeon RX Vega 64およびRX Vega 56グラフィックスカードに搭載されています。

どちらも同じGPUを使用しますが、XTを搭載したVega 64とXL搭載のVega 56では、コア構成が異なるさまざまな製品があります。

仮想CRAT(vCrat)サイズの一部であるGPUキャッシュ情報など、せいぜい推測にすぎない詳細はほとんど見ていません。

GPUキャッシュはCUカウントと相関します。 AMD Arcturus GPUの場合、キャッシュサイズが増加したため、CUカウントが64から128になりました。

AMDが現在および現代のGPU設計のように、CUごとに64個のストリームプロセッサを使用している場合、Vega 10の2倍のCUで8192個のストリームプロセッサが得られます。

現在、AMDはすでにRadeon Pro Vega IIワークステーションシリーズカードをリリースしていますが、ワークステーション市場向けであり、上記リストに明記されているチップであるVega 20に基づいています。

別のパーツ/チップであり、異なる市場であるAIを対象としたArcturusに関連するものではありません。

AMDは、噂が正確であれば基本的にNavi 2であるrDNA 2に移行する前に、次の数四半期にrDNA 1 GPUを計画していることを知っています。

現在、Naviは最初からゲーム指向のアーキテクチャであり、ゲーム機とゲームグラフィックスカードへの展開はそのことから明らかです。

AMDがHPC/AIを念頭に置いて設計されているため、Vegaを使用してHPC/AIに演算性能を供給しているのはこのためです。

AMDがHPC / AIアクセラレータのトップデザインとしてVegaアーキテクチャを継続したい場合、ArcturusはRadeon Instinctラインアップ向けに完全にカスタム設計されたチップになります。

Komachiは自身のブログサイトで、Arcturusチップに基づいていると考えているAMD Radeon Instinct MI100についても投稿しています。

AMDの現在の主力製品であるRadeon Instinctアクセラレーターは、7nm Vega 20 GPUに基づいたMI60です。

発生する可能性のあることの1つは、Vegaが14nmから7nmにリフレッシュを確認したため、Arcturusが3回目のリフレッシュを7nm +に下げる可能性があることです。

新しいMi100 Radeon Instinctアクセラレータ用にリストされた新しい機能には、次のものが含まれます。

AMDのArcturusチップに関する詳細はこれですべてです。

ローンチするとき、AMDによって公式に公開され、仕様が与えられた場合にのみ知ることができますが、Naviがそのタスクを引き継いでいるので、一般向けのゲームカードとして導入されることを期待しないでください。

ソース:wccftech - AMD Arcturus Next-Gen GPU Support Added To HWiNFO, Could Be Featured In Radeon Instinct AI/HPC Lineup As Early As 2020

解説:

ずっと以前にリーク情報が上がっていたArctrusの話題が久しぶりに出ました。

これによると立ち位置としては完全にVegaの後継になるようです。

AI/HPC用途のGPUなのであまりゲーム性能には期待できないとのことですが、確かにVegaも高価なHBM2メモリを搭載した割にゲーム性能は奮いませんでした。

Vega56がGTX1070からGTX1070Ti程度でPolarisよりは明確に性能が上ですが、とてもPascalと互角に戦えていたとは言えない製品でした。

現在Vega64が34000円程度でamazonで販売されていますが、やはり割高感が否めません。

HBM2メモリを搭載してしまったがゆえに原価が高くなり、あまり安売りが出来ないのかなと思います。

 

ArctrusはVegaの後継になるようで、あまりゲームには向いていないようです。

Navi12が3000後半以上のSP数ということなので、Vegaの後継は実質的にNavi12が担うことになると思います。

Vegaに関してはVoltaを完全にAI/HPC用途に限定し、Titanとしてお金に余裕のある人向けに販売したnVidiaとは明確に違うところです。

AMDもArctrusからそのようにするつもりなのかもしれません。

まだベンチマークのリークなどは出ていません。

ゲーム向けとしては奮わないことはわかっていても、ゲーム用として使ったらどうなるのかということは熱心なPCゲーマーならやはり気になるところだと思います。

この話を聞いてArctrusは完全にVoltaやQuadraのような扱いになるのかなと感じてしまいました。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥47,732 (2020/09/23 01:51:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/09/23 05:53:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.