GPU情報

AMD Arcturus次世代GPUサポートがHWiNFOに追加され、2020年にはRadeon Instinct AI / HPCラインナップで紹介される可能性があります

投稿日:

※ 画像は実物とは関係ありません。

 

AMDのNavi GPUアーキテクチャは現在のゲームグラフィックカードを強化している可能性がありますが、赤チームは2020年にVega GPUベースのRadeon Instinct Lineupに取って代わるAIとHPC市場向けの別のGPUラインにも取り組んでいる可能性があります。


AMD Arcturus GPUがサポート用にリストされ、2020年に発売予定の次世代Radeon本能 'MI100' HPC / AIアクセラレーター

AMD Arcturus GPUは私たちが話しているものであり、リークでかなり頻繁に現れています。

Arcturus GPUはLinux(Phoronix Forums)を通じて2018年に最初に登場し、後にAMD従業員によって、製品/マーケティング名を公開する可能性のあるファミリコードネームを使用するのではなく、チップ自体に指定されたコードネームを使用することが確認されました。

AMD Arcturus GPUがそのラインに最初に該当しますが、当時、他の詳細は言及されていませんでした。

昨日、HWiNFOは最新のv6.13-3945ベータリリースでAMD Arcturusの予備サポートを追加しました。

それに加えて、Komachi_Ensakaは、AMDのAIファミリでマークされている一連のチップを明らかにし、Arcturusはその1つであるようです。

AIファミリには、Vega 10、Vega 12、Vega 20などの他のGPUも含まれています。

AI名から判断すると、リストにはAMD Radeon InstinctベースのGPUアクセラレーターが記載されている可能性があります。リストされている3つのVega GPUはすべて、HPCおよびArtificial IntelligenceのRadeon Instinctグラフィックスカード内に搭載されているためです

Arcturusも同じリストに含まれていますが、チップがトップダウンでどのように言及されているかを見ると、各ファミリの下部にあるチップも、各ラインナップの最新のものです。

LLVM 9.0は、Vegaの部品であるGFX9(GFX908)ファミリーでブランド化されると噂されているArcturusのサポートも備えていました。

しかし、これが新しい発売になると考えて、AMDが2020年にトップのVega Radeon Instinctアクセラレーターのシンプルなブランド変更を計画していない場合は、何かを変更する必要があります。

同じLinuxパッチ(LLVM 9.0)も3つのSKUをリストし、GL / XLブランディングについて言及しました。

例えば、AMDにはVega 10もっており、Radeon RX Vega 64およびRX Vega 56グラフィックスカードに搭載されています。

どちらも同じGPUを使用しますが、XTを搭載したVega 64とXL搭載のVega 56では、コア構成が異なるさまざまな製品があります。

仮想CRAT(vCrat)サイズの一部であるGPUキャッシュ情報など、せいぜい推測にすぎない詳細はほとんど見ていません。

GPUキャッシュはCUカウントと相関します。 AMD Arcturus GPUの場合、キャッシュサイズが増加したため、CUカウントが64から128になりました。

AMDが現在および現代のGPU設計のように、CUごとに64個のストリームプロセッサを使用している場合、Vega 10の2倍のCUで8192個のストリームプロセッサが得られます。

現在、AMDはすでにRadeon Pro Vega IIワークステーションシリーズカードをリリースしていますが、ワークステーション市場向けであり、上記リストに明記されているチップであるVega 20に基づいています。

別のパーツ/チップであり、異なる市場であるAIを対象としたArcturusに関連するものではありません。

AMDは、噂が正確であれば基本的にNavi 2であるrDNA 2に移行する前に、次の数四半期にrDNA 1 GPUを計画していることを知っています。

現在、Naviは最初からゲーム指向のアーキテクチャであり、ゲーム機とゲームグラフィックスカードへの展開はそのことから明らかです。

AMDがHPC/AIを念頭に置いて設計されているため、Vegaを使用してHPC/AIに演算性能を供給しているのはこのためです。

AMDがHPC / AIアクセラレータのトップデザインとしてVegaアーキテクチャを継続したい場合、ArcturusはRadeon Instinctラインアップ向けに完全にカスタム設計されたチップになります。

Komachiは自身のブログサイトで、Arcturusチップに基づいていると考えているAMD Radeon Instinct MI100についても投稿しています。

AMDの現在の主力製品であるRadeon Instinctアクセラレーターは、7nm Vega 20 GPUに基づいたMI60です。

発生する可能性のあることの1つは、Vegaが14nmから7nmにリフレッシュを確認したため、Arcturusが3回目のリフレッシュを7nm +に下げる可能性があることです。

新しいMi100 Radeon Instinctアクセラレータ用にリストされた新しい機能には、次のものが含まれます。

AMDのArcturusチップに関する詳細はこれですべてです。

ローンチするとき、AMDによって公式に公開され、仕様が与えられた場合にのみ知ることができますが、Naviがそのタスクを引き継いでいるので、一般向けのゲームカードとして導入されることを期待しないでください。

ソース:wccftech - AMD Arcturus Next-Gen GPU Support Added To HWiNFO, Could Be Featured In Radeon Instinct AI/HPC Lineup As Early As 2020

解説:

ずっと以前にリーク情報が上がっていたArctrusの話題が久しぶりに出ました。

これによると立ち位置としては完全にVegaの後継になるようです。

AI/HPC用途のGPUなのであまりゲーム性能には期待できないとのことですが、確かにVegaも高価なHBM2メモリを搭載した割にゲーム性能は奮いませんでした。

Vega56がGTX1070からGTX1070Ti程度でPolarisよりは明確に性能が上ですが、とてもPascalと互角に戦えていたとは言えない製品でした。

現在Vega64が34000円程度でamazonで販売されていますが、やはり割高感が否めません。

HBM2メモリを搭載してしまったがゆえに原価が高くなり、あまり安売りが出来ないのかなと思います。

 

ArctrusはVegaの後継になるようで、あまりゲームには向いていないようです。

Navi12が3000後半以上のSP数ということなので、Vegaの後継は実質的にNavi12が担うことになると思います。

Vegaに関してはVoltaを完全にAI/HPC用途に限定し、Titanとしてお金に余裕のある人向けに販売したnVidiaとは明確に違うところです。

AMDもArctrusからそのようにするつもりなのかもしれません。

まだベンチマークのリークなどは出ていません。

ゲーム向けとしては奮わないことはわかっていても、ゲーム用として使ったらどうなるのかということは熱心なPCゲーマーならやはり気になるところだと思います。

この話を聞いてArctrusは完全にVoltaやQuadraのような扱いになるのかなと感じてしまいました。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.