GPU情報

4608コアと16 Gbps GDDR6メモリを搭載すると噂されているNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER Ultimateフラッグシップグラフィックスカード

更新日:

NVIDIAは、まもなく次の究極のフラッグシップグラフィックカードであるGeForce RTX 2080 Ti SUPERを提供する予定です。

カードはしばらくの間噂工場を通過しており、2020年初頭に発売が予定されていると伝えられていますが、現在、その仕様をカバーする新しい噂があり、主力のNVIDIA GeForceグラフィックスカードから期待できるほど肉付きがあります。

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERが4608 CUDAコアと16 Gbps GDDR6メモリを搭載したフルTU102 GPUを揺るがすと報告

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERグラフィックカードの最新情報は、Twitterユーザーkopite7kimiによるものであり、以前はNVIDIA GeForce RTX SUPERおよびGeForce GTX 16シリーズのラインアップに関する情報が正確であることが判明しました。

ユーザーからの最新のうわさは、カードの仕様と、パフォーマンスの観点からグラフィックスカードに期待できることについて語っています。

ツイートでは、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERには4608コアと16 Gbps GDDR6メモリが搭載されると述べています。

それでは、コア構成から始めましょう。4608CUDAコアは、フルTuring TU102 GPUがRTX 2080 Ti SUPERに搭載され、576テンソルコア、72 RTコア、288テクスチャユニット、96 ROPを提供することを意味します。

既存のGeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカードの定格クロック速度は1350 MHz(ベース)および1635 MHz(OC)です。

また、完全なTU102ダイを使用するTitan RTXは、同じ1350 MHzベースクロックを備えていますが、1770 MHzのブーストクロックを備えています。

GeForce RTX 2080 Ti SUPERが1700 MHz付近のどこかにクロックされているのを見ることができます。

ただし、Titan RTXよりも高いクロックで動作するかどうかは、NVIDIAがクロック速度がTitan RTXと同じ場合、Titan RTXを優れたものにしている唯一のことは、そのメモリ容量が大きいことです。

そうでない場合、Titan RTXはリファレンスモデルを比較する際にトップに留まります。

RTX 2080 Ti SUPERはより高いクロックでカスタム処理されますが、Titan RTXはすぐに使用できるリファレンスソリューションとして、Turingファミリの最速のコンシューマ(プロシューマー)バリアントです。

メモリの仕様については、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERで16 Gbps GDDR6ダイが使用されるという噂があります。

カードに搭載されるメモリバスやメモリ容量については言及されていません。

とにかく、メモリは両方のカードの主な差別化要因になります。

Titan RTXは、384ビットバスに沿って14 Gbpsでクロックされる24 GBのGDDR6メモリを備えています。

RTX 2080 Ti SUPERは、16 Gbpsの384ビットバスに沿って実行される12 GBのGDDR6メモリ、または352ビットバスインターフェースに沿って実行される11 GBのGDDR6メモリの2つのルートを使用できます。

最上層のGeForceカードはしばらくの間、メモリバスの削減を特徴としてきたため、後者の方がより妥当であるように思われますが、384ビットが発生する場合は、確実にスーパーアップグレードになります。

GeForce RTX 2080 SUPERは、16 Gbpsのダイ全体をサポートしていませんでした。これは、AIBに追加の費用がかかるPCBの修正が必要だったためです。

NVIDIA GeForce RTX 20 SUPERラインアップ仕様:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA
GeForce RTX
2060 SUPER
NVIDIA
GeForce
RTX 2070
NVIDIA
GeForce RTX
2070 SUPER
NVIDIA
GeForce
RTX 2080
NVIDIA
GeForce RTX
2080 SUPER
NVIDIA
GeForce RTX
2080 Ti
アーキ
テクチャー
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU102)
製造
プロセス
12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイサイズ445mm2445mm2445mm2545mm2545mm2545mm2754mm2
トラン
ジスタ数
106億106億106億13.6 Billion13.6 Billion13.6 Billion18.6 Billion
CUDA
コア数
1920 Cores2176 Cores2304 Cores2560 Cores2944 Cores3072 Cores4352 Cores
TMUs
/ROPs
120/48136/64144/64184/64192/64192/64288/96
GigaRays5 Giga Rays/s6 Giga Rays/s6 Giga Rays/s7 Giga Rays/s8 Giga Rays/s8 Giga Rays/s10 Giga Rays/s
キャッシュ4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache6 MB L2 Cache
ベース
クロック
1365 MHz1470 MHz1410 MHz1605 MHz1515 MHz1650 MHz1350 MHz
ブースト
クロック
1680 MHz1650 MHz1620 MHz
1710 MHz OC
1770 MHz1710 MHz
1800 MHz OC
1815 MHz1545 MHz
1635 MHz OC
演算性能6.5 TFLOPs7.5 TFLOPs7.5 TFLOPs9.1 TFLOPs10.1 TFLOPs11.1 TFLOPs13.4 TFLOPs
メモリ容量
種類
6GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
11GB
GDDR6
メモリ速度14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps15.50 Gbps14.00 Gbps
メモリ
バス幅
192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit352-bit
メモリ
帯域幅
336 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s496 GB/s616 GB/s
補助
電源端子
8 Pin8 Pin8 Pin8+6 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
TDP160W175W185W
(Founders)
175W
(Reference)
215W225W
(Founders)
215W
(Reference)
250W260W
(Founders)
250W
(Reference)
発売時
価格
$349 US$399 US$499 US$499 US$699 US$699 US$999 US
価格
(Founder’s
Edition)
$349 US$399 US$599 US$499 US$699 US$699 US$1,199 US
発売2019年1月2019年7月2018年10月2019年7月2018年9月2019年7月2018年9月

購入者が新しいカードを購入する前に、カードの価格設定が重要な考慮事項になります。

NVIDIAは、彼らがSUPERラインナップで行ったことを行うと信じています。

ファウンダーズエディションの税を削除し、RTX 2080 Tiの場合は999ドルであった1つのMSRPに固執します。

NVIDIAは、Turingが1年以上生産されており、Turingカードに影響を与えるグラフィックユニットの供給の制約がないため、これに余裕があります。

発売に関しては、NVIDIAは2019年のSUPERラインアップ全体が発売されていたので、CES 2020でカードを公開することができます。

NVIDIAは、2020年の後半にデビューする予定の次世代ラインアップの前に、主力製品の発売のために特別なゲーム固有のイベントを行うことがあります。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER Ultimate Flagship Graphics Card Rumored To Feature 4608 Cores & 16 Gbps GDDR6 Memory

解説:

RTX2080Ti SUPERは出るのか出ないのか?

さて、度々話題になっているRTX2080Ti SUPERですが、wccftechの引っ張ってきたソースから、また発売されるのではないかという話が上がってきました。

信ぴょう性の高い情報を提供するVideocardz.comでは「出ない」とされており、この情報も信ぴょう性としては疑問符が付くものだと思ってください。

TU102のフルシリコン4608CUDAコアになり、こちらはTitanRTXと同じコア数となり、メモリがRTX2080SUPERと同じ16Gbpsとなります。

TitanRTXはメモリ24GBで、最上位の特別なモデルとしての意味は残っていると記事中にはありますが、私は疑問です。(笑。

RTX2080Tiならともかく、TitanRTXは30万円以上する特別なモデルです。

ただでさえ、RTX2080TiのOCモデルの方がOC分、性能が高いと言われているだけに今度はフルシリコン+OC+メモリ速度16Gbpsとなりますので、RTX2080Ti SUPERが出れば事実上の最高性能モデルとなるでしょう。

このSUPERシリーズというのは、今後のGeforceの売れ行きにどのような影響を与えることになるのか、それを考えると失敗だったのではないかと思います。

RTX3080Tiが出たとしてもSUPERが出るまで待とうという人たちが一定数発生するような気がします。

もちろんSLiで常に最新・最高を考える人たちもいるのでしょう。

しかし、それだけの資金力を持っている人はあまり多くないと思います。

また、RTX3000シリーズは早ければ来年3月発表6月発売などと言われており、仮にこのスケジュールが本当だとしたら寿命が極端に短いモデルということにもなります。

何れしても出るならばCES2020で何らかの発表があるはずですので、それまで待つか続報が車で待つしかなさそうです。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.