CPU情報

Intelの次世代Comet Lake-S 10コア、6コアCPUでベンチマークがリーク

投稿日:

ベンチマークは人気のあるベンチマークユーティリティGeekbenchのサーバーにアップロードされており、Intelの次世代Comet Lake-Sプロセッサを調べることができるようです。

プレリリースのハードウェアから得られた可能性が高い結果(つまり、ベンチマークソフトのシステム・CPUの自動認識が上手く働いていないので、正しいかどうかは保証されないことを意味します。)は、Intelの次のリリースを予想するのに役立ちます。

10コア、20スレッドCPUのプロセッサ情報から、L1命令およびL1データキャッシュ用にそれぞれ32 KB(x10コア、合計640 KB)、256 KB L2キャッシュ(x10コア、合計2.5 MB)、および20 MB L3キャッシュを備え、1.51 GHzベースクロックと3.19 GHzブーストクロックを持ちます 。

一方、6コア製品は、1.99 GHzベースクロックと2.89 GHzブーストクロック、合計384 KBのL1命令およびデータキャッシュ(32 KB x 6コア)、256 KB L2キャッシュ(x6コア、合計1.5 MB)および12 MB L3キャッシュです。

これは、各コアがComet Lake-Sにあり、コアと一緒に削減される2 MBのL3キャッシュとペアになっていることを意味します。

他のほとんどすべてのIntelデスクトップCPUリリースと同様に、これらのCPUコアは、最大24の実行ユニット(EU)を備えたIntel UHD Graphics 630の形式でIGPとペアリングされます。

Intelの10コアCPUは、同社のメインストリームCPUラインナップであるComet Lake-Sの主役になると予想されています。

AMDのコア密度との比較は重要ではありません。トップコアカウントが実際に実現した場合、実際の競合はありません。

 

 

解説:

Geekbench4のCometLake-Sと見られる結果がリークしました。

Ryzen9 3900Xの結果と比較してみましょう。

上のようになります。

あくまでもエンジニアリングサンプルで記事中にもある通り、システム情報も正しく読み取れていませんし、クロックも正しい保証はありません。

そのうえでシステム情報の内容が正しいとするならば、クロックの割りには良い性能なのではないかと思います。

ブーストクロックが3.19GHzが正しいならば、シングルスレッド性能4074はかなり良い数字に見えます。

Ryzen9 3900Xが5438、Core i9-9900Kが6252ですので、今後クロックが調整されれば、Core i9-9900K以上までシングルスレッド性能は上がるのではないかと思います。

10コアフル負荷時のブーストクロックはともかく、1コアブースト時のクロックは9900Kよりは高くなると思いますので、シングルスレッド性能も9900K以上になるのではと思います。

Coffee Lake RefleshはRyzen2000シリーズまでに対抗するために出された製品です。

とにかく、今のCoffee Lake Refleshでは競争力がありませんので、新製品であるCometLake-Sの早期の投入が望まれます。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.