GPU情報

AMD、デュアルグラフィックス・ダイ搭載の最速GPU「RDNA 3」を2023年に発売との噂、最大16,384コアを期待

投稿日:

最近、AMDが2023年にRadeon RX 7000シリーズのグラフィックスカード用に、さらに強力なRDNA 3 GPUのバリエーションを提供する可能性があるという噂があります。

次世代AMD Radeonフラッグシップは、デュアル・グラフィックス・ダイを搭載したMonster RDNA 3 GPUを採用することになるかもしれません。

この噂は、数日前に、AMDが、合計16,384個のストリームプロセッサのために、合計8個のShader Enginesを持つRDNA 3 GPUに取り組んでいると最初に述べたGreymon55から来たものだ。

このリーカーは、このRDNA 3 GPUが最終的に市場に投入されるものかどうかはわからないと述べていた。

しかし、現在、彼は、このチップが実際に2023年に発売されることになるかもしれないことを示唆するフォローアップの投稿をしている。

新しいRDNA 3 GPUは、他の「Navi 3X」ラインアップとは異なるものになるという。

フラッグシップのNavi 31 GPUは、以前はデュアルグラフィックコアダイ(GCD)を搭載したMCMデザインになると言われていたが、計画が変更され、現在はシングルGCDに複数のMCDを搭載したチップになると予想されている。

しかし、これにより、Navi 3Xファミリーのさらに上位のチップ、つまり、デュアルGCD設計を再利用することになるチップの余地が生まれたかもしれない。

このチップは、Navi 31チップよりも高性能になると言われています。

スペック上は16,384コアになる見込みだが、リーク元は最終的なスペックは「To Be Determined(未定)」と述べている。

Navi 31のデュアルダイで16,384コアに到達することは大したことではなく、Navi 32のデュアルGCDでも達成可能だ。

しかし、同じNavi 32/31 GPUを利用するからといって、同じSKUの延長線上にあるチップになるとは限らない。

このため、Greymon55は、単にデュアルNavi 31またはNavi 32と呼ばず、2つのGCDを持つシングルGPUではなく、2つの個別GPUを持つRadeon Pro Duoが存在するかもしれないと思ったのだろう、まったく新しいチップを作ってしまうことになる。

より大きな疑問は、この新しいRDNA 3 GPUが最終的に何を搭載するのか、ということだ。

現時点では明確な答えはありませんが、このような設計は、新しいRadeon Proグラフィックスカードの下でコンテンツ作成セグメントに提供される可能性があります。

ゲーム向けには、このようなチップがRadeon RX 7000シリーズのラインナップに利用されることになるのかどうかは、まだわからない。

RedGamingTechは、デュアルGCD RDNA 3 GPUは、ゲーミングカードではなく、Proカードに搭載されることになるだろうとも考えている。

今のところ、Linux用のLLVMプロジェクト内でリークされた4つのRDNA 3 SKUしかわかっていない。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPUの構成(速報値):

GPU名Navi 21Navi 33Navi 32Navi 31Navi 3X
製造プロセス7nm6nm5nm/6nm5nm/6nm5nm/6nm
GPUパッケージモノリシックモノリシックMCMMCMMCM
シェーダー
エンジン数
42468
GPU WGP数4020-1640-3260-48 64
WGP毎の
SP数
128256256256256
演算ユニット
数 (ダイ毎)
8040-32160 -128
(合計)
240-192
(合計)
128 (GPU毎)
256 (合計)
コア数
(ダイ毎)
5,1205,120-4,09610,240-8,19215,360-12,2888,192
コア数(合計)5,1205,120-4,09610,240-8,19215,360-12,28816,384
メモリバス幅256-bit128-bit256-bit384-bit384-bit x2?
メモリ種類GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ容量最大16 GB最大8 GB最大16 GB最大24 GB最大32 GB
インフィニティ
・キャッシュ
128 MB128-256 MB384 MB512 MB不明
フラッグシップ
SKU
Radeon
RX 6900 XTX
Radeon
RX 7700 XT?
Radeon
RX 7800 XT?
Radeon
RX 7900 XT?
Radeon Pro
TBP330W~200W~300W~400W不明
発売時期2020Q42022Q4?2022Q4?2022Q4?2023?

ソース:wccftech - AMD Rumored To Launch Its Fastest RDNA 3 GPU With Dual Graphics Dies In 2023, Up To 16,384 Cores Expected

 

 

 

 

解説:

何かちょっとわかりづらい書き方になっています。

  • Navi3X(フラッグシップ) MCM(2GCD) 16,384SP
  • Navi31MCM(1GCD) 12,288SP
  • Navi32 MCM(1-2GCD?) 8,192-10,240SP

こういうことだと思います。

Navi3X → 2023年発売?

今回のリークで出た新しいチップ。MCMの2GCDで、当初のフラッグシップだったモデルの15,360SPより規模の大きい16,384SPになる。

ただし、ゲーム用(ノーマルRadeon)ではなく、クリエイター・プロ向け(Radeon Pro)になる可能性あり。

Navi31

MCMだが、1GCDになり、恐らく、当初の15,360SPではなく、12,288SPになる。

Navi32

変更なし?こちらも1GCDになる可能性があるかも?

と言うことになるようです。

Navi31が1GCDになるというのは少し驚きでやはりGCD間の遅延の問題を解決できなかったのかなと思いました。

また、コスト的に問題だったのかもしれません。

その場合、Navi32も1GCDになる可能性があるのかなと思います。

今一つの可能性として考えられるのはやはり、消費電力です。

SeasonicからNavi31は8Px2で電力を賄うというリークが出ており、これだと375Wまでなので、2GCDだとこの消費電力の範囲内で電力を賄うことが難しかったのかもしれません。

何れにしても私の予測に過ぎませんが、RDNA3はMCMにはなってもグラフィックスダイの分割はないかもしれないということになります。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.