CPU情報

AMD Ryzen 9 3950Xフラッグシップ16コアメインストリーム、水冷最適化CPUが749ドルで発表-パフォーマンスのプレビュー、11月25日発売

投稿日:

第3世代のRyzen ThreadripperとTRX40マザーボードのラインアップに加えて、AMDはフラッグシップのメインストリームプロセッサである16 Core Ryzen 9 3950Xが11月25日に749ドルで発売されることを発表しました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen 9 3950Xが11月25日に発売-16コア、32スレッド、要水冷の最大4.7 GHz CPU

したがって、本日の発売をよりエキサイティングにするために、AMDは、メインストリームセグメントであるRyzen 9 3950XおよびAthlon 3000Gでさらに2つのプロセッサの正式発売を発表することを決定しました。

知っている限りでは、Ryzen 9 3950Xについては何も変わっていませんが、AMDはこのチップのいくつかの新しい公式のパフォーマンス値を発表しました。 パフォーマンスについて説明する前に、仕様をよく見てみましょう。

 

AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPUの仕様

仕様に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは7nm Zen 2コアアーキテクチャを搭載します。

Ryzen 9インターポーザーには、2つのZen 2ダイと14nmプロセスノードに基づく1つのI/Oダイを含む3つのチップレットがあります。

AMD Ryzen 9 3950Xは完全に有効になり、16コアと32スレッドを提供します。

このコア構成は、AM4などのメインストリームプラットフォームでは利用できませんでした。

12コア、24スレッドのRyzen 9 3900X構成であっても、AMDが発売されるまでメインストリームプラットフォームでは見られず、これまでHEDT専用だったコア数がメインストリームユーザーにまで減少しました。

クロック速度の点では、AMD Ryzen 9 3950Xは3.5 GHzの基本周波数で動作し、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサで最高の超高速4.7 GHzにブーストします。

このチップは合計72 MBのキャッシュを備え、他のRyzen 9パーツと同様に、105 WのTDPを備えています。

TDPはベース周波数の数値に基づいているため、チップがブーストされるか、ユーザーが手動でオーバークロックすると実際に高くなります。

オーバークロックに関しては、他のすべてのRyzen CPUと同様に、Ryzen 9 3950XがTIMよりも優れたサーマルを提供するはんだ付け設計を備えていることもわかっています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMDは、Ryzen 9 3950Xは液体冷却器と組み合わせた場合に最適に動作することを明確に述べています。

したがって、購入する予定がある場合は、ハイエンドのAIO液体冷却器のいずれかを入手するか、自分でカスタムループセットアップを行ってください。

プロセッサは、11月25日に749ドルの価格で発売される予定です。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインアップ

CPU名Ryzen 5
3500
Ryzen 5
3500X
Ryzen 5
3600
Ryzen 5
3600X
Ryzen 7
3700
Ryzen 7
3700X
Ryzen 7
3750X
Ryzen 7
3800X
Ryzen 9
3900
Ryzen 9
3900X
Ryzen 9
3950X
コア数/
スレッド数
6/66/66/126/128/168/168/168/1612/1412/1416/32
ベース
クロック
3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz不明3.9 GHz3.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブースト
クロック
4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz不明4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ
(l2+L3)
16 MB32 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIeレーン数
(Gen 4 CPU+PCH)
4040404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W105W65W105W105W
価格
(USドル)
$129 US?$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$349 US?$399 US$449 US?$499 US$749 US

パフォーマンスの数値を見ると、まず、AMDがRyzen 9 3950XとIntel Core i9-9900KおよびCore i9-9920Xを比較しているクリエーターアプリケーションのワークロードがあります。

i9 9900Kは、数日前まで主流のメインチップだったため比較されており、AMDが9900KSを追加したとしても、パフォーマンスの違いはそれほど大きくありません。

もう一方のチップはi9-9920X、12コア、24スレッドパーツで、IntelはAMDとの競争力を維持するためにラインアップ全体の価格を引き下げることを決定した最近まで、ほとんどの棚で約1200ドルで販売されていました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

ここでは、Ryzen 9 3950XがIntelのラインナップを全滅させ、最大79%優れたパフォーマンスを提供することがわかります。

しかし、それだけではありません。Ryzen3000シリーズプロセッサでは、AMDはIntelのCPUのゲームパフォーマンスに近づきましたが、Ryzenのゲームパフォーマンスに関しては最適化の余地がまだありました。

まあ、Ryzen 9 3950Xは、いくつかのタイトルで1080pのCore i9-9900Kと同等またはそれ以上のパフォーマンスを提供することが示されており、これは今後の主流のフラッグシップにとって印象的な偉業です。

独立したレビューではゲームのパフォーマンスを詳細に確認できますが、CPUが小売店の店頭に並ぶ11月25日に発売する予定です。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMDはまた、Ryzen 9 3950Xの場合、Cinebench R20のIntelのCore i9-9900Kと比較してワットあたり2倍以上のパフォーマンスを提供する印象的な電力効率の数値でIntelに打撃を与えています。

また、AMDはRyzen 9 3950Xに最新のエコモード機能を導入します。これにより、消費電力が低くなるだけでなく、温度も低くなり、チップのフルパフォーマンスの最大77%が提供されます。

 

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMDはまた、AM4プラットフォーム用のロックされていない2コア、4スレッドプロセッサであるAthlon 3000Gを発表しました。

Athlon 3000GにはRadeon Vega 3グラフィックスが付属しているため、Athlon 200GEを100 MHz上回る1100 MHzで動作する192のストリームプロセッサです。

チップの最大クロック速度は3.5 GHzで、これはAthlon 200GEの300 MHzのブーストでもあります。

このチップのTDPはわずか35Wです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

AMDは、11月19日にAthlon 3000Gがたった49ドルで小売店の棚に並ぶと述べています。

これにより、エントリーレベルのPCにとって非常に優れたオプションになります。

いくつかのeSportsタイトルで1080pでゲームするためのローエンドRX 550またはGTX 1050グラフィックスカードと組み合わせることもできます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 3950X Flagship 16 Core Mainstream, Liquid-Cooling Optimized CPU Announced For $749 – Performance Previewed, 25th November Launch

 

 

解説:

やめてあげて!もうIntelちゃんのHPは0よ!

というのは冗談ですが、intelがここまでコテンパンに差をつけられたことは今までなかったんじゃないでしょうか。

Athlon64X2 VS Pentium4の時よりも酷い差がついてるような気がします。

しかもこのSNS全盛の時代ですからあからさまに下駄を履かせるわけにもいかず、履かせてもすぐにバレて下手をすると炎上しますので、どうしようもないのかなと言った感じです。

少しでも歩みを止めるとあっという間に大差がついてしまう半導体ビジネスの怖さですね。

 

困った管理人

実は管理人は少し困っています。(笑

なぜならば3950Xが簡易水冷、それも280mmラジエーター推奨だからです。

Mini-ITXで280mmラジエーターは厳しいです。

実はすでにMini-ITXのケースは調達していましたが、この仕様により、使うかどうか迷っています。

というか多分使いません。

管理人が調達したMini-ITXケース

まあ、すでにamazonでも売っている業者がいるわけですが、このGEEEKのA60というケースは台湾から個人輸入していました。

9900Kあたりならこいつを使って240mmラジエーター+2スロットGPUで最強クラスのMini-ITXにする予定だったのですが、あえなくお蔵入りしそうです。

NZXT辺りの巨大なケースを使うか、小型にこだわってロマンを追求するかは考え中です。

このケースについては別に記事を書いていますので、参考にしてください。

参考:注目すべき日本未発売の超小型Mini-ITXケース

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.