CPU情報

Zen 2コアを搭載したAMD第3世代Ryzen Threadripper CPUは、新しいソケットを入手すると噂されており、X399マザーボードとの下位互換性はありません

投稿日:

AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサーは、11月に発売される予定です。

新しいHEDTラインナップは、新しいZen 2コアアーキテクチャと大量のメガタスク性能を備えています

ただし、追加されたすべての機能に加えて、プロセッサは新しいTRソケットリビジョンも必要とする場合があります。これは、噂が当てはまる場合、既存のX399製品との下位互換性を終了する可能性があります。

 

AMDの第3世代Ryzen Threadripper CPUは、X399チップセットとTR4ソケットのサポートを終了すると噂されています

詳細は、AMD Ryzenプロセッサー向けのDRAM Calculatorの著者であるYuri Bubilyまたは1usmusとして知られていることで有名です。

彼は、Overclock.netでの投稿で、AMDが最新の計画で、次世代のRyzen ThreadripperプロセッサのX399互換性を削除したと述べています。

これは、11月に24コアと48スレッドチップでデビューする予定の、次期AMD第3世代Ryzen Threadripperシリーズを明確に示しています。

完全な引用は次のとおりです。

 

やあ 残念ながら、あまり良いニュースはありません。AMDは、X399と新世代との互換性についての考えを変えました。

このため、HEDTはすべてのカレンダーから消え、これらのプロセッサーのリリースは延期されました。

新しいプロセッサには新しいメモリコントローラがあり、シングルコピー(以前の2つではなく)でピンを大幅に変更する必要があったためです。 また、新しいPCI Gen 4標準と新しい電源ピンが特別な貢献をしました。

TRX40とTRX80は、新しい世代と新しいアーキテクチャです。 過去の世代とは何の関係もありません。 現時点では、すべての情報は分類されており、私はその情報にアクセスできません。

Overclock.net経由の1usmus

ユーリは、新しいメモリコントローラー、複数のチップレット、PCIe Gen 4の追加が、新しいチップセットと新しいソケットの両方を含むプラットフォームの変更を受け取る主な理由の一部であると指摘しています。

チップセットに関しては、X399全体を置き換える新しいTRX40、TRX80、WRX80チップセットに関していくつかのリークがありました。

新しいソケットは、既存のTR4ソケットの改訂版であり、新しいPCIe Gen 4プロトコルに必要な電源ピンが追加されたと言われています。

AMDは、Ryzenプロセッサの各世代で新しいプラットフォームを提供しているが、古いチップセットベースのマザーボードとの互換性も保持していることを知っています。

現在、AMD X570プラットフォームはすべてのRyzenプロセッサーをサポートでき、第3世代Ryzenプロセッサーは古いX370およびX470マザーボードでもサポートされています。

第3世代RyzenプロセッサーもPCIe Gen 4とともに新しいチップレットI / O設計を受け取りましたが、興味深いのは、これらのプロセッサーは実際にはソケットの変更を必要とせず、古いマザーボードで実行できることです。

古いNaplesベースのプラットフォームとソケット互換性のある第2世代EPYCの場合も同様です。

ソケットの変更が強調表示されるほど重要かどうかはわかりませんが、第3世代のRyzen Threadripperプロセッサが既存のマザーボードで動作する可能性があります。

しかし、新しいチップセットと同じ機能セットは有効になりません。

打ち上げはまだ数ヶ月先であるため、その多くはまだ見られません。

このニュースは、既存のプラットフォームに新しい第3世代チップを追加するのを待っていたRyzen Threadripperユーザーにとっては残念ですが、これは新しいHEDTラインナップが適切に調整されたプラットフォームを持つことを意味する素晴らしいニュースでもあります。

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

Family NameAMD 1st Gen Ryzen ThreadripperAMD 2nd Gen Ryzen ThreadripperAMD 3rd Gen Ryzen Threadripper
CPU ArchitectureZen 1Zen+Zen 2
Process Node14nm12nm7nm
最大CPUコア数163264?
最大CPUスレッド数3264128?
PCIe サポートPCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIeレーン数6464128?
Max L2 Cache8 MB16 MB32 MB?
最大L3キャッシュ32 MB64 MB256 MB?
SocketTR4TR4不明
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU –価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「Castle Peak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率において新たな透かしとなる一方で、新しいプラットフォーム機能が新しいマザーボードおよび強化されたマザーボードに導入され、それらを次のレベルに引き上げます。

 

"知っての通り、インターネット上で流れている噂はは非常に興味深いです。Threadripperを継続しないと言ったことはないと思います。

Suは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「あなたは[Threadripper]を今後も見ることになるでしょう。それは間違いありません

メインストリームの性能が上昇している場合、Threadripperはより上昇する必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PCWorldより

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、前世代のコア数を備えた新しいプロセッサは、以前の価格から200〜300ドル安くなり、ほぼ同じ価格で販売されていました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品は完全に異なる層をターゲットにしており、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xという競合他社よ製品りもはるかに安価でした。

正確な性能に関しては、新しいダイレイアウトのテストが必要です。

しかし、以前の2世代よりも洗練されており、相互接続がより強力であるため、キャッシュとレイテンシの性能により、システム全体の応答性が大幅に向上する可能性があります。

AMDは間違いなく、新しいチップでLGA 2066とLGA 3647の両方のラインを目指します。

Intelは、今後発売されるCore-Xシリーズは、Skylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスで、はるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、それはまだわかりません。

ソース:wccftech - AMD 3rd Gen Ryzen Threadripper CPUs With Zen 2 Cores Rumored To Get New Socket, No Backwards Compatibility With X399 Motherboards

解説:

Threadripperの下位互換性は失われるかもしれない

Ryzen Threadripperに使われているソケットはSocketTR4という巨大なソケットなのは皆さんご存知のことと思います。

このSokcetTR4が変更になるという衝撃的な噂が飛び込んできました。

サーバーのRomeが完全な互換性を維持していただけにSoccketTR4も互換性を維持しているものと勝手に思っていましたが、そうではないようです。

ただし、従来のSocketTR4でも使えるのではないかという話も上がっており、依然として詳細はハッキリしません。

もし仮に互換性が維持された場合、SocketTR4はソケットと言いつつ形式はIntelと同じく、LGA(Land Grid Array)というマザーボード側にピンがついているタイプですので、内側の何もない部分に新しくピンが増やされる可能性がありますね。

まあ、その程度の拡張で済むのかどうかわかりませんが、互換性を維持しつつ新しいソケットにする場合はそのくらいしかありません。

ただ、説明を見ると、内容的には厳しいのかなと思います。

 

いずれにしても続報が出ると思いますので、購入予定の方は情報収集はしておいた方が良いと思います。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.