CPU情報

AMD Threadripper 3960X Vs Intel 9980XE Time Spy Extreme ベンチマーク対決

投稿日:

これから面白いことを始めます。

AMD Threadripper 3960Xの3DMark Time Spyベンチマークスコアが流出したため、Intel Core i9 9980XEのサンプルを使って、最新のすべてのドライバーでその速度を調べて、AMDの24コアパーツに対する性能を確認します。

インテルは最近、HEDTラインナップの価格設定を大幅に引き下げ、その点で再び競争力を高めました。

そのため、AMDベースの対応製品に対する今後の10980XEの価格を見るのは非常に興味深いでしょう。

 

AMD Threadripper 3960XとIntel 9980XEを使い今後の予想を想定したTime Spy Extremeベンチマークの比較

免責事項:始める前に、この投稿は楽しい予備的な洞察のみを目的としています。

リークはOCまたは通常よりも低いクロックサンプルであることが判明する可能性があります。

常に一粒の塩で予備の漏れを取ります。

AMD Threadripper 3960XがTime Spy Extremeベンチマークで得たものから始めましょう。

最近のリークでは、次期AMDプロセッサがTime Spy Extreme(TSE)のCPUスコアで12600ポイントを獲得しました。

これらの比較にFSEの代わりに常にTSEを使用する必要がある理由は、これらを作成した会社によると、ULベンチマークでは、FSEは8個のCPUコアを超えるように設計されておらず、TSEは64コアまで拡張するように設計されているためです。

これは、FSEで実施された実質的にすべてのコアカウントCPUベンチマークは、CPUスコアに関する限り、意味のないスコアを持っていることを意味します。

一方、TSEにはこのような問題はありません。

Intel Core i9-9980XEを除塵し、定格設定で初めて実行しました。

Time Spy Extremeでわずかな8692 CPUスコアを返しました。

とはいえ、Core i9 9980XEは非常に高いオーバークロックマージンを持つことで有名であり、ほとんどすべてのサンプルが少なくとも4.5 GHzまでOC出来ると言われています。。

Intelが定格クロックに保守的である理由は、すべてのクーラーが十分に冷却できるわけではなく(このために簡易水冷が必要です)、消費電力も非常に速く上昇するためです。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

その後、BIOSを開き、すべて自動設定を使用し、まったく調整を行わずに、4.5 GHzのワンクリックOC設定を適用しました。

これにより、実際にこのプロセッサを持っている人なら誰でも、初心者であっても、これを簡単に複製できます。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

4.5 GHzでは、10659というはるかに良いスコアが得られました。

これは、一般的なCore i9 9980XEサンプルの可能性に忠実なものであり、大多数の消費者にとって今後の10980XEのOCヘッドルームを示しているはずです。

これらの数値をグラフ化すると、非常に興味深い結果が得られました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

私は10980XEの価格である$979を使用して公平にしています。

なぜなら、(今となっては)$1999で9980XEを購入しようとする人はいないからです。

AMD 3960Xは24コアプロセッサであるため、コアあたりのパフォーマンスとドルあたりのパフォーマンスの数値を見て、これらの両方の数値を比較してみましょう。

AMD Threadripperの価格は、1ドルあたりのパフォーマンスが正確に9ポイントで、スコアはコアあたり約525ポイントです。

一方、Intel 9980XEの定格は1ドル8.7ポイントで遅れてをとっており、コアあたりのスコアは483ポイントです

ただし、単純なオーバークロックを適用すると、状況は大きく変わります。

Intel Core i9 9980XEは突然AMD 3960Xを超えて撮影され、1ドルあたりのパフォーマンスは10.6(TSEはAVX2を利用しています)と589のコアあたりの数字を達成しました。

10980XEはIntelの非常に成熟した14nm +++(?)ノードにも基づいているため、オーバークロック用に同様のヘッドルームがあると予想されます。このメトリックは、だれでも達成できるパフォーマンスを大まかに表すはずです。

しかし、何か裏があるはずです。

問題は、AMD Threadripper 3960Xがどれだけオーバークロックできるかということです。

3960XのOCマージンの大きさに応じて、AMDに有利になるように結果が再び変わる可能性があります-ただし、Intelの14nm +++プロセスがさらに高速に動作できるはずであるというのは公平な賭けですが(それでも確認されていません!)

残念ながら、私はサンプルにアクセスできないので、詳細な結果については発売を待つ必要があります。

ソース:wccftech - AMD Threadripper 3960X Vs Intel 9980XE Time Spy Extreme Benchmark Showdown

 

解説:

Ryzen Threadripper 3960Xとintel Core i9-9980XEのTimeSpy Extremeのスコア比較になります。

3960Xのサンプルと9980XEの定格同士では1コア当たりの性能で3960Xが勝利しています。

OCするとさすがに9980XEが勝っています。

しかし、勘違いしてほしくないのは24コア48スレッドの3960Xはマルチスレッド性能の総合スコアではいずれも負けてないということです。

多少コア当たりの性能が上がったとしてもコア数の差をひっくり返せるほどではないということですね。

このテスト自体がintelに有利な(というか温情的な)テストになっています。

絶対性能ではThreadripperが圧勝しているということを忘れないようにしてください。

まあ、比較するならば1コア当たりの性能と1コア当たりの価格を見るしかありませんが、あくまでもCore-XのライバルはRyzen9であり、Threadripperではありません。

 Intel DesktopIntel HEDTAMD DesktopAMD HEDT
ソケットLGA1200LGA2066SocketAM4Socket sTRX4
製造プロセス14nm14nm7nm7nm
ブースト
クロック
5.2-5.3GHz4.8GHz4.7Ghz4.5GHz
コア数/
スレッド数
10/2018/3616/3264/128
メモリch2ch4ch2ch4ch/8ch
PCI Express Gen
CPUレーン数
Gen3.0
20
Gen3.0
44
Gen4.0
20
Gen4.0
64/128
CPU価格安価高価安価非常に高価
プラット
フォーム価格
安価高価普通高価

表にまとめると上のようになります。

各大手メディアだとIntelに忖度した結果が多いですからわかりやすくいきます。

注意なのはAMD DesktopはX570前提です。

普通としていますが、メモリに拘るとやや高価ということになるでしょうか。

マザーをB450にしてメモリをDDR4-3200非OCにすると安価になると思います。

これでもゲームの性能はほとんど変わらないでしょう。

というわけで比較してみるとCore-XのライバルはRyzen9であり、格上のThreadripperと1コア当たりの性能や1コア当たりの価格を競っても仕方ありません。

価格ではRyzen9とX570の上位マザー+OCメモリを使って比較してどうかといったところです。

この場合、シングルスレッド性能ではDesktopの方が有利ですから、ゲームに使うならどちらが向いているかは言わずもがなです。

総合性能ではThreadripperに大幅に負けるのですから、比較しても意味はないと思います。

また、これも残酷な言い方ですが、PCI Expressのバージョンでもレーン数でも大幅に負けています。

このいわゆる「足回り」というのは致命的な差だと思います。

世の中には「Intelでなくてはいけない」という人もいますが、そういう人であっても来年の早期に出ると言われているLGA1200のComet Lake-Sを待った方が良いと思います。

最大10コア20スレッドですが、IntelのHEDTを購入するよりは幸せになれると思います。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.