CPU情報

インテルは、最大6コア/ 12スレッドと4.9 GHzターボブーストを備えた第10世代「Comet Lake」モバイルプロセッサを発売します

投稿日:

インテルは本日、6コア/ 12スレッドまで拡張できる「Comet Lake」と呼ばれる第10世代のモビリティプロセッサと、4.9GHzの巨大ターボ(モビリティの世界では非常に印象的な数)を発表しました。

インテルの第10世代「アイスレイク」の記事をしばらく前に読んだ人は、理解できるほど混乱する可能性があるので、最初からこれに取り組みます。

Ice LakeプロセッサとComet Lakeプロセッサの主な違いは、ICLが最先端の10nmプロセスであるのに対して、CMLはIntelの非常に成熟したクロック速度の高い14 ++(+?)プロセスであるということです。

Intelの第10世代「Comet Lake」プロセッサの発売:3.9 GHz(4.7 GHz Turbo)でクロックされるIntel Core i7 10710U CPUが主導

インテルはすでに10nmの第10世代プロセッサを発売していますが、非常に成熟した14nmプロセスによってもたらされる機会を逃したくないようです。CometLakeの出番です。

非常に速いクロックスピードを望み、Ice Lakeのクロックレートに満足していない人のために、このラインナップはあなたのためです。

完全なラインアップは、UシリーズおよびYシリーズプロセッサで構成されています。

これらにはIntel Core i7-10710UからCore i3-10110Uまでが含まれ、YシリーズにはCore i7-10510YからCore i3-10110Yまでが含まれます。

UシリーズとYシリーズの主な違いは、Uシリーズが薄型ノートブック向けに設計されているのに対し、Yシリーズは4.5Wから9Wまでのどこでも消費する超低電力シリーズです。

Uシリーズの場合、TDPは15Wまたは25Wで構成可能です。

Intelの第10世代Comet Lakeは、オンパッケージチップセットを備えたIntel 400シリーズチップセットに基づいています。

Intel Optaneメモリと、WiFi 6、LPDDR4x、Thunderbolt 3などの通常の機能をサポートしています。

搭載されていないのは、Intelの最新のIrisグラフィックであり、通常のUHDグラフィックをサポートしています。

ラップトップを購入したい場合、Ice LakeプロセッサとComet Lakeプロセッサをどのように区別するのか疑問に思うかもしれません。

命名法がかなりわかりにくいのに、簡単に区別できる1つの簡単なトリックがあります。

Intel Comet Lakeパーツの命名法は5桁の「10710」ですが、Ice Lakeパーツの命名法は4桁の「1065」です。

完全な製品リストを以下に示します。

次に、何を買うべきかという疑問がありますか? さて、あなたが強力でパフォーマンス比に優れたラップトップを探しているなら、Comet Lakeに行きましょう。

統合GPUでゲームを探している場合、または最新のハードウェアコーデックとデコーダーが必要な場合は、Ice Lakeをお勧めします。

もしあなたがAIやディープラーニングで働いている人なら、ほぼ間違いなくIce Lakeにも行くべきです。

 

興味がある方向けのIntelの公式の宣伝は次のとおりです。

新しいモバイルPCプロセッサ(以前のコード名は「Comet Lake」)は、要求の厳しいマルチスレッドワークロードの生産性とパフォーマンスの向上を実現するようにカスタマイズされ、薄型で軽量のラップトップと妥協のないバッテリー寿命を備えた2 in 1デザインを実現します。

これらのプロセッサーは、1つ前の世代と比較して2桁のパフォーマンス向上をもたらすパフォーマンスの大家です。

また、UシリーズのIntel初の6コアプロセッサ、高速CPU周波数、高速メモリインターフェイス、Intel®Wi-Fi 6(Gig +)およびThunderbolt™3の広範なスケーリングによる業界の再定義性もラインナップに含まれています。

第10世代Intel Coreプロセッサファミリに基づく90以上の追加設計が、ホリデーシーズンの店頭に登場します。

「当社の第10世代Intel Coreモバイルプロセッサは、特定のニーズに最適なパフォーマンス、機能、電力、設計のバランスを提供する業界最先端の製品群をお客様に提供します。マルチタスクから日常のコンテンツ作成まで、ファミリーへの最新の追加により、さらに高いレベルの生産性を実現するパフォーマンスをスケールします。さらに、第10世代で期待されるWi-Fi 6(Gig +)およびThunderbolt 3を介したクラス最高のプラットフォーム接続を提供します

—クリスウォーカー、Intelコーポレートバイスプレジデント兼モバイルゼネラルマネージャー

クライアントコンピューティンググループのクライアントプラットフォーム

重要な理由:第10世代インテルCoreプロセッサーファミリーは、インテルの世界クラスのテクノロジーポートフォリオと知的財産を活用して、ワークロードに最適化されたさまざまなプラットフォームを提供し、多様なコンピューティングニーズとエクスペリエンスに対応します。

新しい第10世代Intel Coreプロセッサーは、Intelの高度に最適化された14nmプロセステクノロジーでのノード内最適化の改善を活用し、最大16%の全体的なパフォーマンスの向上1と41%以上の生産性とマルチタスクを実現

前世代と比較した場合、Microsoft Office 365 *において バッテリー寿命を犠牲にすることなくすべて快適に実行できます。

さらに、最高のワイヤレス接続をIntel WiFi6(Gig +)4と統合し、最速で最も汎用性の高いポートであるThunderbolt 3をサポートします。

インテルは今月初めに、第10世代Intel Coreプロセッサーファミリーの最初の製品を発売しました。これは、10nmプロセステクノロジーで開発され、PCに高性能人工知能(AI)を大規模に導入することに注力しています。 、およびクラス最高の接続性。

本日発表された新しいプロセッサは、最先端のプラットフォーム接続性を共有していますが、最新の生産性ワークロード向けにパフォーマンスと周波数をスケーリングするプロセッサを搭載したファミリを拡張しています。

その結果、相互に補完する完全なプロセッサファミリが完成し、ユーザーにとって最も重要な用途を選択できるようになり、最新のラップトップエクスペリエンスの可能性が再考されました。

特徴:

新しい第10世代Intel Coreプロセッサーは、Intel®Core™i3からIntel®Core™i7までの範囲で、次の機能を備えています。

  • 最大6コアと12スレッド
  • 最大4.9 GHzの最大ターボ周波数
  • 最大12MBのIntelスマートキャッシュ
  • 最大パフォーマンスのために最大25Wに構成可能(Uシリーズ)
  • 4コアファンレス設計(Yシリーズ)向けに最低4.5Wまで構成可能
  • 最大1.15 GHzのグラフィックス周波数
  • LPDDR4x、LPDDR3、DDR4メモリ速度が2666 MT / sに増加

最後に、新しいプロセッサは、インテル®Adaptix™テクノロジーで最適化された設計の数をスケーリングし、ウェイクアップを高速化するためのモダンスタンバイをサポートし、PCに組み込まれた複数の音声アシスタントサービスを可能にします。

インテル®Adaptixテクノロジー内で、インテル®ダイナミックチューニングテクノロジーを使用すると、OEMパートナーは第10世代インテルCoreプロセッサーベースのシステムを調整して、標準システムで8%から12%の範囲でさらに高いパフォーマンスを実現できます7。

一部の設計では、Intel Dynamic Tuning Technologyが、ワークロードを予測し、応答性が必要な場合のターボバーストと持続的なワークロードのターボでの長時間を可能にする史上初のAIベースの事前トレーニングアルゴリズムを提供するようになりました。

 

ソース:wccftech - Intel Launches 10th Generation ‘Comet Lake’ Mobility Processors With Up To 6 Core / 12 Threads and 4.9 GHz Turbo Boost

 

解説:

Comet Lake発進!と言いたいところですが、こちらも最大6コア12スレッドのモバイル版となります。

intelは勝てないところで勝負するのはやめたみたいですね。

第九世代まではサーバーと一部共通のデスクトップ版を優先していましたが、恐らくは生産上の都合と自社イメージの低下を恐れてRyzen3000シリーズとの直接対決は避けたのでしょう。

どちらにしてもおそらく数が揃えられないようですので、正しい判断だと思います。

ダイの大きいデスクトップ/サーバー向けを生産するとノート向けoemが出せなくなるための苦肉の策だと思います。

本来ならば利益率の高いサーバー向け製品を最優先すべきなのでしょうね。

ノートPC向けはZen+コアを使うRyzen3000シリーズの弱点の一つですから、勝てるところで戦うという戦術自体は正しいと思います。

この点を見てもノートPCで圧倒的なシェアを誇るintelとノートを後に回すAMDという両社の違いがくっきり出ています。

oemに対するサポート能力も明確に違いますし、第九世代ではノート向けを後回しにしてデスクトップでAMDと正面衝突して品薄を招きましたので、あまり賢い叩い方ではなかったと気が付いたのだと思います。

いずれにしてもデスクトップ版が出るのは来年になりますので、intelファンの自作erの方は待つしかないでしょう。

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.