CPU情報

Intelは、2020年に10nmデスクトッププロセッサを発売すると発表しています。

投稿日:

Intelの10nmデスクトッププランに関する1か月の混乱がありました。

以前に、Intelはデスクトップ前面で10nmを完全にスキップすると報告されましたが、Intelは後に反論し、間違いなくデスクトップに10nmの計画があることを明らかにしました。

IT World Canadaから、IntelのカナダカントリーマネージャーであるDenis Gaudreaultに、デスクトップ用の10nmプロセッサが来年初頭に登場するだろうと言われたという新しい声明が発表されました。

 

Intelによると、10nmデスクトップCPUはすでに2020年初頭に出荷され、すでに開発中

Intelのカントリーマネージャーによると、最初の10nmデスクトッププロセッサは2020年に登場する予定です。

マネージャーは、来年早々に到着することを表明しましたが、これは紛らわしい部分であり、そうである理由には理由があります。

まず第一に、Intelの14nmデスクトップロードマップは、Intelが2020年にComet Lake、2021年にRocket Lakeを提供してから2022年に14nmを置き換えるプロセスノードに移行することを示しました。

これは、漏えいしたスライドのいくつかで数か月にわたって検証されましたが、Hardwareluxxが、Intelが7nm(2022)で10nmデスクトッププランを完全にスキップするとインサイダー情報で報告したとき、Intelはすぐに主張に反論し、10nm製品の現在のロードマップにはデスクトッププラットフォームも含まれていると述べました。

インテルが言ったことは次のとおりです。:

10nmでは引き続き大きな進歩を遂げており、現在の10nm製品のロードマップにはデスクトップが含まれています。

数週間後、Intelのカントリーマネージャーは、10nmデスクトップチップが開発中であり、来年早々に到着する予定であると述べています。

興味深いのは、Intelがまだ10nmデスクトッププランの規模を明らかにしていないことです。

Intelは来年到着するComet Lake-Sとして知られる、最大10コアと20スレッドまでを提供するSKUを含む完全な14nmデスクトップラインアップを持っていることをすでに知っています。

同じ年に10nmデスクトッププロセッサを発売することはあまり意味がありません。

「今朝言ったように、10nmに基づいたモバイル[プロセッサ]の第10世代について学びました。 来年の早い時期に、そこからデスクトップ版が登場します。」

-インテルカナダカントリーマネージャー(Denis Gaudreault)、IT World Canada経由

繰り返しになりますが、これはすべて10nmデスクトップの発売規模です。

Intelは、デスクトップ用の10nm CPUがメインストリームまたはハイエンドのデスクトップ製品で利用可能かどうかを明確にしていません。

従来、Intelは同じノードでHEDTとメインストリームの両方のラインナップを共存させてきました。

現在のメインストリームおよびHEDTパーツは、洗練された14nm ++ノードに基づいています。

ただし、次世代の場合、これらのラインの少なくとも1つは10nmの製品投入を受ける可能性があります。

だからここに私が信じている可能性のいくつかがあります。

インテルは来年、主流市場向けに14nmと10nmの両方のデスクトッププロセッサをリリースします。14nm製品は6、8、10コアSKUを備えたより高性能(愛好家)セグメントを目指していますが、 クアッドコア製品を終了します。

また、来年、Intelはサーバー上に10nm Ice Lakeを搭載する予定であり、それらもHEDTラインナップに登場する可能性が高いことを知っています。

しかし、2つの独立したXeonラインナップもあります。

14nmCooper Lakeはクロックが最適化され、10nm Ice Lakeは高度な機能セットによりアーキテクチャが最適化されています。

ここで、Intelは別のXeon W-3175X製品をラインナップし、さらに最近のリークで報告されているように、最大38個のコアと76個のスレッドを備えた製品で、AMDの第3世代Threadripperと競合しようとします。

最後の1つは、NUCセグメントで発生する可能性のあるものです。

IntelのNUCはデスクトップセグメントでも言及されており、Intelは新しいIce LakeまたはTiger Lake CPUに基づいて限定的な10nm NUCラインを発売する可能性があります。

また、10nm Tiger Lake NUCが実際に作業中であり、2021年に発売される予定であることもわかっています。

しかし、このすべての推測からわかるように、2020年の10nmデスクトッププロセッサは大規模な発売とは思えず、供給の面で制限されます。

CannonLakeアーキテクチャに基づいたIntelの10nm NUCは既に準備されているため、新しいNUCを使用できるのはIce LakeまたはTiger Lakeのみです。

「今は10nmを構築しているので、ランプは非常にうまくいきます。生産量に満足しています。そこに全速力で進んでいます。2つの工場があり、3つ目の工場を稼働させることを検討しています」

インテルはまた、10nmランプが順調に進んでおり、10nm生産に3番目のファブを追加することを計画していると述べました。

Intelには、10nmプロセスノードに基づく新しいXe GPUを含む多くの製品があります。

デスクトップの場合、10nmは確かに来るように見えますが、どのような形状とサイズで着陸するかはわかりません。

ソース:wccftech - Intel Says 10nm Destkop Processors In The Works, Will Be Arriving in 2020

解説:

Intelは2020年にデスクトップの10nm製品を発売すると言っているが・・・

Intelが2020年にデスクトップの10nm製品を発売すると言っています。

しかし、wccftechではこの発言には懐疑的で、仮に発売されたとしても一部にとどまるのではないかと考えています。

CometLake-Sを置き換えるような10nm製品の場合、PCI Expressも4.0になるというリークがあり、タイミング的にも厳しいのではないかと私も思います。

そもそも、Comet Lake-Sとプラットフォーム互換性のあるRocket Lake-Sも14nmだと言われています。

このIntelの「10mn発言」何を意味するのかはちょっと解りませんが、株主対策・株価対策である可能性は高いのではないかと思います。

ライバルであるAMDが7nm製品を発売し、Intelに差をつけてきているわけですから、何もしないというわけにはいきません。

しかし、全面的に10nmに移行するには不安があるということで、一部の特殊なラインナップのみを10nmにするというのはありうる話です。

まあ、例えばComet Lake-Sの半年後くらいに10nmの新製品を投入されてもユーザーとしては残念なだけです。

Q1というか2020年の1月にComet Lake-Sを投入するとしても次の新製品の投入は早くても2020年11月くらいになると思います。

製品の供給不足などで、Intelのラインナップがこれほどまでに総崩れになるのは私も初めて見るので、来年Intelがどのような手を打つつもりなのかは予想が出来ませんが、今まで出てきている情報を統合するとやはり、一部の特殊な製品に搭載するにとどまるのではないかと思います。

この情報の混乱ぶりがそのままIntelの今の状況を反映しているのではないでしょうか。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.