CPU情報

速報:AMD Zen 2ベースのRyzen 3000シリーズデスクトップCPUをオンラインでリストアップ - Ryzen 9 3800Xフラッグシップ、16コア、32スレッド、最大4.7 GHz、TDP125 W

更新日:

Zen 2コアアーキテクチャをベースにしたAMDの次世代Ryzen 3000シリーズプロセッサの最初のリストがオンラインで発見されました。

ロシアの小売業者がリストしたこのサイトには、AMDの新しいRyzen 9、Ryzen 7、Ryzen 5のプロセッサとその主要な仕様がリストされています。

 

次世代のZen 2アーキテクチャに基づくAMD Ryzen 3000シリーズAM4デスクトップCPU がリストアップ - Ryzen 9 3900Xが16コアの主力製品になるには?

ロシアの小売サイト、E-Katalog(via Videocardz)には、現時点で5つのRyzen 3000シリーズプロセッサがリストされています。

最近のリークに基づいて、これらの仕様が実際のものであるのか、単に正確な情報が入るまで一時的に表示されているのかを確認する方法はありません。

しかし、AMDは間違いなくCES 2019の発表を計画しているので、AMDのCEOであるLisa Suによる基調講演で新しいプロセッサの導入が計画されているのであれば、小売業者は準備が整っているかもしれない。

 

AMD Ryzen 9 3800X - 125W TDPおよび最大4.7 GHzクロックを備えた16コアAM4パーツ

※ ここは元記事にはありません:該当のページ(新しいタブ・ウィンドウで開きます)

リストされているプロセッサを見て、最初にRyzen 9 3800Xを見てみましょう。

AMDは現在の主力製品であるRyzen 7 2700Xの2倍のコアを提供する新しいRyzen 9ラインナップして、Ryzenファミリーを一歩先に進めています。

Ryzen 9 3800Xは16コアと32スレッドを備えています。

ベース周波数は3.9 GHz、ブースト周波数は4.7 GHz(シングルコア)で動作します。

このチップのTDPは125 Wで、前世代の8コア製品の95 W TDPからわずかに上がっていますが、コアが2倍になり、周波数がはるかに高くなっていることを考えると、TDP(増大)はトレードオフとして無視できます。

 

AMD Ryzen 7 3700X&3700 - 12コアとはるかに高い周波数

※ ここは元記事にはありません:該当のページ(新しいタブ・ウィンドウで開きます)

AMD Ryzen 7 3000シリーズのラインナップでは、AMDは2つの新しい部品、Ryzen 7 3700XとRyzen 7 3700を提供しているようだ。どちらの部品もコア構成は同一で、違いはクロックとTDPにあります。

Ryzen 7 3700Xは、Ryzen 7 2700Xと比較して12コアと24スレッド、つまりコアが4つ、スレッドが8つ増えます。

CPUは、105 W TDPパッケージで最高速のIntelの8コアチップに匹敵する、4.2 GHzベースおよび5 GHzブーストクロックを備えています。

一方、Ryzen 7 3700は、TDP 95Wで3.8 GHzベースと4.6 GHzブーストでわずかに調整されたクロック速度を特徴とするでしょう。

AMDがRyzen 7 3000シリーズの同様の価格を既存の製品と同程度の価格にしたことで、明確な競争激化を招くかかどうかは興味深いことです。

 

AMD Ryzen 5 3600Xおよび3600 - 8コアがZen 2で強化され高クロックに

※ ここは元記事にはありません:該当のページ(新しいタブ・ウィンドウで開きます)

最後に、6コア12スレッドから、8コア16スレッドへのアップグレードが行われたRyzen 5シリーズがあります。

Ryzen 5 3600XはTW 95Wで4.00 GHzベースと4.8 GHzブーストのクロック速度を特長とし、Ryzen 5 3600はTDP 65 Wで3.6 GHzベースと4.4 GHzブーストクロックの機能を備えます。

通常、Xモデルは、わずかに高い価格ではありますが、わずかに優れたオーバークロックで高いXFRと高精度のブースト周波数を備えています。

これらのリストが本物であるかどうかを見ることは興味深いでしょう。

これらはほとんど真実には思えませんが、AMDがZen 2 CPUアーキテクチャをベースにした最初のEPYC Romeプロセッサを搭載した64コアと128スレッドを提供することを考えると、この時点では何でも言えるでしょう。

これが本当であるかどうかを確認するには、あと数日かかります。

詳細については引き続きご確認ください。

ソース:wccftech - AMD Zen 2 Based Ryzen 3000 Series Desktop CPUs Listed Online – Ryzen 9 3800X Flagship With 16 Cores, 32 Threads, Up To 4.7 GHz Boost With 125W TDP

 

 

解説:

ガセと言われた以前の記事とそっくりそのままのRyzen3000シリーズがロシアの業者小売り業者でリストアップされました。

先にお断りしておきます。

wccftechの元記事中にもありますが、

these specifications are real or just placeholders based on the recent leaks

これらが本当のスペックなのか、最近のリークに基づく単に正確な情報が入るまで一時的に表示されているだけなのか

という扱いです。

これらの不確定な情報はその意味が分かる上級者向けのものなのでその旨理解しておいてください。

これらを見て単純に「絶対にこのスペックで出る。すげえ」としか思えない人はちょっとこういう最新ニュースを追いかけるのには向いてないと思います。

たくさんある不確定な情報の中から、文章のニュアンスを見て、どのくらいの確度か判別できるようにお知らせしたいと思いますが、まあ、そういう可能性もあるということです。

私的にはロシアの業者というのも胡散臭いかなと思います。

ロシアの業者は

1.(西側のルールに従わない海賊的な行為を行う業者なので、売名のために)あえて禁止されていることをする

2.(売名のために)とりあえず不確定な情報をもとにリストアップする

どちらかだと思います。

1.の場合はこの情報は本物ですが、2.の場合は嘘の可能性もあります。

以前の記事自体に明確なソースがないので、どちらかは依然としかわからないといったところです。

これがEU圏内やアメリカの小売業者ならば、ほぼ確定と判断してよかったと思いますが、ロシアの業者というのがなんとも言えないところです。

こうしたうそをつけばアクセスが跳ね上がることは確実で、売名行為としてはかなりの効果があるでしょう。

本当の可能性もありますので現時点ではどちらともいえないという感じですね。

ただ、Ryzen3000シリーズは以前の記事のリークはガセだったとしてもかなり本物のスペックに近いとわたくしはにらんでいますので、あながち嘘ともいえないのかなと思います。

今回の情報もそういうものだと思ってください。

いずれにしても2019/1/8から始まるCESで明らかになると思います。

 

 

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.