CPU情報

Intelの第10世代Comet LakeデスクトップCPUのラインナップがすべて流出–最大10コア、20スレッドコアi9-10900、80W TDP、新しいLGA 1200ソケットを備えたW480チップセット

投稿日:

Intelは来年登場するComet Lakeとして知られる14nmメインストリームデスクトップファミリの6回目のインストールの準備ができていることを知っています。

多くのことを話しましたが、今日、特定の各SKUからプラットフォーム自体に至るまで、第10世代デスクトップCPUファミリ全体を網羅する排他的な情報があります。

 

Intel第10世代Comet LakeデスクトップCPUラインナップのリーク-最大10コア、20スレッド、Core i9-10900上の80W TDP、LGA 1200ソケットを備えた新しい400シリーズチップセット

詳細から始めましょう。Intel10th GenerationデスクトッププロセッサファミリはComet Lakeとして知られています。

メインストリームデスクトップファミリの公式コードネームであるComet Lake-Sは、洗練された14nm ++プロセスノードに基づいています。

このファミリーは、Intelの第9世代Core CPUファミリーに取って代わり、最近主力のCore i9-9900KSが発売されました(CPUの完全なレビューはこちらでご覧いただけます)。

10nmの量産はまだ大量展開には至っていないため、Intelはそれをスキップしますが、最近では、2020年に10nmデスクトッププロセッサのリリースが予定されています。

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

 

  • パフォーマンスを強化するための最大10個のプロセッサコア
  • ポートの柔軟性のための最大30 PCH-H高速I / Oレーン
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel 10th Generation Comet Lake-Sファミリは、最初に9つのSKUを使用して起動し、後でさらに多くのSKUを使用します。

それらは、Xeon W、Core i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、およびCeleron製品に分割されます。

驚いたことに、IntelはComet Lakeファミリ用に2つの異なるチップレイアウトを持っています。

10コアと8コアの製品は、Comet Lake-S 10 + 2ウェーハに基づいており、残りの部分はComet Lake-S 6 + 2ウェーハに基づいています。

Intelのスライドによると、第10世代のComet Lakeファミリは、第9世代のプロセッサと比較してマルチスレッドコンピューティングワークロードのパフォーマンスが18%向上し、一般的なWindowsワークロードの第9世代の部品よりも世代が8%向上します。

第10世代コアファミリのフラッグシップ製品は、10個のコアと20個のスレッドを備えたIntel Core i9-10900です。 このチップは、20 MBのキャッシュとともに、3.0 GHzベースおよび5.1 GHzブーストクロックです。

チップは65W設計を特徴とし、まだリストされていないロック解除された製品は、より高いクロック、ロック解除されたデザイン、およびはるかに高いTDPを提供します。


Xeon製品には80Wのより高いTDPが付属していますが、Core i9-10900のようにブーストクロックが5.1 GHzに固執する一方で、3.1 GHzのより高い基本周波数があります。

インアップ全体は、以下の表で見ることができます:

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU型番コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/20不明不明20 MB不明不明
Intel Core
I9-10900
10/203.0 GHz5.1 GHz20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/16不明不明16 MB不明不明
Intel Core
I7-10700
8/163.0 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core I
7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz16 MB35W不明
Intel Core
I5-10500K
6/12TBD不明12 MB不明不明
Intel Core
I5-10500
6/123.2 GHz4.3 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6/122.3 GHz3.7 GHz12 MB35W不明
Intel Core
I3-10100K
4/8不明不明8 MB不明不明
Intel Core
I3-10100
4/83.2 GHz3.8 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz2 MB35W不明

8個のコアと16個のスレッドを持つ通常のCore i7パーツでさえ、65W TDPで最大周波数4.8 GHzを持っています。

これは、「K」シリーズ製品のブースト周波数が5.0 GHz(シングルコア)であることを意味し、適切な価格であればかなり良い値です。

8コアと16スレッド製品は、現在i3プロセッサーの価格セグメントである350ドル前後の価格で販売される可能性があります。

Intel第10世代Xeon Comet LakeデスクトップCPUファミリ:

CPU型番コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
Intel Xeon
Vpro 10+2
10 / 203.1 GHz5.1 GHz20 MB80W不明
Intel Xeon
vPro 10+2
10 / 202.0 GHz4.6 GHz20 MB35W不明
Intel Xeon
Vpro 8+2
8 / 163.2 GHz4.8 GHz16 MB80W不明
Intel Xeon
Vpro 8+2
8 / 163.2 GHz4.4 GHz16 MB35W不明
Intel Xeon
Vpro 6+2
6 /123.5 GHz4.7 GHz12 MB80W不明
Intel Xeon
Vpro 6+2
6 /122.4 GHz3.8 GHz12 MB35W不明

前に予想されたように、すべての第10世代コアSKUはマルチスレッドサポートを備えています。

Core i9ラインアップは10コアと20スレッド、Core i7ラインアップは8コアと16スレッド、Core i5ラインアップは6コアと12スレッド、Core i3ラインアップは4コアと8スレッドを取得します。

Pentiumのラインナップは、2つのコアと4つのスレッドでマルチスレッドをサポートします。

これにより、マルチスレッドのサポートを受け取らず、2コアと2スレッドに制限されるCeleronラインナップは除外されます。

「K」ロック解除されたSKUのいずれもリストに記載されていないことがわかります。つまり、それらは後でリリースされます。

「K」ロック解除SKUのTDPは非Kモデルよりも高く、Z490チップセットでのサポートを特色とすることに注意してください

より主流を目指す非Kチップは、W480、Q470、およびH410チップセットベースのマザーボードを対象としています。

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

これにより、400シリーズプラットフォームと新しいLGAソケットに関連する次のトピックに進みます。

Intelが、来年にも導入される400シリーズのマザーボードを備えた新しいソケットに実際に移行していることが確認されました。

LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングが左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • Comet Lake-Sは、より高いピン数の多いパッケージに移行します
  • Comet Lake-S LGAソケットには、旧プラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Comet Lake-S LGAソケットは、電力供給を改善し、将来の内臓されたI/O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配しないでくださいハードウェアの変更の1つです。

Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。

上記の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外に、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを検討しています。

これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。

また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

 

Intel 400シリーズチップセットファミリ:

チップセット名Intel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
総HSIO
レーン数
46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)30 Lanes (16 CPI + 14 PCH)
総PCIe 3.0
レーン数
(CPU + PCH)
最大40 (16 CPU +最大40 (16 CPU +最大40 (16 CPU +22(16 CPU + 6 PCIe 2.0)
チップセット
PCIe 3.0
レーン数
最大24最大24最大246 (PCIe 2.0 Only)
SATA 3.0
ポート数
最大8最大8最大64
最大USB 3.2 Ports
Gen 2 (10 Gb/s)
/ Gen 1 (5 Gb/s)
8/108/106/100/4
総USBポート数
(最大USB 3.2
Gen 1 (5 Gb/s))
14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RSTテクノロジ
PCIe 3.0 ストレージ
サポート数
3 PCH3 PCH3 PCH0
eSPI2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
オーバー
クロック可能
YesN/AN/AN/A
CPU PCIe Express
3.0 レーン数 設定
1x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16
Display Support
(Ports / Pipes)
3/33/33/33/2
DMI 3.0
レーン数
4444 (DMI 2.0 Only)
メモリチャンネル数
/ DPC
2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/1 (DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。

Z490はマニアとゲームのオーディエンスにとって最も魅力的なものですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。

W480チップセットは、合計46個の高速IOレーンと合計40個のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。

CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポート、または10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、Intel RSTがサポートされます。

Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intel自身から後で入手できます。

ソース:wccftech - Intel’s Entire 10th Gen Comet Lake Desktop CPU Lineup Leaked – Up To 10 Cores, 20 Thread Core i9-10900, 80W TDP, W480 Chipset With New LGA 1200 Socket

 

解説:

Comet Lakeのラインナップ詳細がリーク

来年1月発売予定のComet Lakeラインナップがリークしました。

元記事には画像も多数含まれています。

確認されたい方は元記事を参照してください。

過去にも1月6日などのタイミングで発売されたケースがあり、恐らくCESで発表してそのまま発売されるか、1月の第2-3週までには発売されると思います。

そう思う理由は次のRocketLake-Sが2020年中であり、1月早期に発売しない限りはスケジュール的に厳しいからです。

今回のリークはかなり詳細なので内容の解説はしませんが、マーケティング的に見ると、先に情報を敢えて漏らして、Ryzenの買い控えを誘う戦法っぽいです。

今回はクリスマス時期を敢えて避けたのか供給の問題が以前厳しいのかいずれの理由かはわかりませんが、Ryzenと正面衝突しなかったことは確かです。

スケジュールというものはどうしようもありませんので、こういう戦法はセコく見えますが、十分ありだと思います。

Comet Lake-Sは最上位のSKUでも500ドル台ということですので、「神の見えざる手」によってRyzenの上位SKUが値下がりする可能性もあります。

10コアと12コア/16コアですのでIntelとAMDが逆の場合はあり得ませんが、Intelはブランド力があるので、10コアでも敢えてIntelという人は多いのではないかと思います。

8コアを超えたら実使用ではあまり差が出ないという事情もあります。

困るのは一部のPCゲーム配信をされているユーザーさんくらいでしょうか。

ともかく、これでまた面白くなってきたことだけは確かですね。

PCI Express4.0に関してはComet Lake自体が10nmが正常に立ち上がらなかったことによるバックアッププランですからどうしようもありません。

未来に出る10nmのCPUに期待するしかないでしょう。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.