GPU情報

NVIDIA Ampereの噂:大規模なRTパフォーマンスの向上、クロックの高速化、VRAMの増加、TDPとTuringの比較

投稿日:

今日の皆さんのために、NVIDIAの次世代Ampereグラフィックスカードについての絶対に巨大な噂とリーク情報が飛び込んできました。

ささやきは、NVIDIAがフォーカスに関するいくつかの大きな画像情報を伝えるために、Ampereに関してそのパートナーのいくつかと接触している技術分野の周りに浮上しました。

来年上半期に予定されている新しいラインアップよりも早く、次世代のRTX 3000シリーズグラフィックスカードファミリの競争力を高めます。

話を始める前に、読んでいる新しい詳細の多くが間違いなく噂のカテゴリに該当することをお断りしておきますが、割り引いて考えることを忘れないでください。

消化することがたくさんあると言われているので、まっすぐに行きましょう!

 

NVIDIA Ampere RTX 3000シリーズGPUは、Rasterizationの改善とTuringを超える「大規模な」レイトレーシングパフォーマンスの向上を特徴としています

NVIDIAがパートナーと通信したいと考えていた最初のことの1つは、レイトレーシングでまだ完全にオールインしていることです。

レイトレーシングは、あなたや私、そして他のすべての人がRTX 2000シリーズグラフィックスカードを購入すべき理由のNVIDIAのメインピッチでした。

しかし、これまで見てきたほとんどの場合、ほとんどの人がレイトレーシングに興奮するだけの性能はまだありません。

これはAmpereで変化していると言われています。

同社は、現在のTuring RTX 2000シリーズグラフィックスカード群と比較して、次世代のRTX 3000シリーズ製品で、全面的な「大規模な」レイトレーシング性能の改善を約束しています。

AmpereのRay Tracingコアは、Turingと比較して、より高速で、電力効率が高く、Ampere GPUはより多くのコアを備えています。

Ampereのパフォーマンスに関するもう1つの主な焦点は、ラスタライズです。

在、ラスタライズは非常に長い間NVIDIAの焦点であり、そのため、同社のグラフィックアーキテクチャは、従来、複雑なジオメトリの処理においてAMDを大きくリードしてきました。

この焦点は、ラスター化のパフォーマンスが重要であった3D環境で製品を設計およびテストするために専門家が頼っていた、同社のエンタープライズTeslaおよびQuadroアクセラレータから最初に生まれました。

NVIDIAは、Maxwellで最初に導入されたタイルベースのラスタライズで、ラスタライズの限界を押し広げました。これは、その前身であるKeplerに比べて、アーキテクチャの信じられないほどの電力効率の向上に大きく関係していました。

ゲームの世界がより大きく複雑になるにつれて、次世代GPUがこれらの複雑な世界をより効率的にレンダリングできるようにするために、ラスタライゼーションが引き続き重要な役割を果たします。

Ampereのレイトレーシングとラスタライゼーションへの焦点は、Playstation 5とXBOX Scarlettの時代に登場する次世代のビデオゲームで最も重要な領域に焦点を当てることにより、本当に頭を悩ます。

 

NVIDIA Ampere RTX 3000シリーズGPU仕様-より多くのVRAM、高クロック、低TDP

この飛び込んできた噂の第2部に移ると、それはすべて仕様に関係しています。 現在、詳細なコアカウントとメモリバッファの仕様はまだありません。

しかし、RTX 3000シリーズに関しては、全体像がいくつかあります。

Ampere GPUは、Turingと比較して、ボード全体でより大きなフレームバッファを備えていると言われています。

また、Turingと比較して100〜200 MHz高い範囲で動作し、さらに厳しい電力内ですべてを実行します。

これは、Ampereアーキテクチャのベースとなっている7nm EUVプロセス技術のおかげであり、また、アーキテクチャ自体の重要な電力効率の改善のおかげでもあります。

Ampere GPUは、Turingよりもさらに低い電圧制限(1.0v以下でも)で動作すると言われていますが、オーバークロックを制限する可能性があるという推測があります。

しかし、経験に基づいた推測をするのは早すぎます。

サムスンの7nm EUVプロセスはまったく新しいものであり、ラボでテストするまでは、Ampereのような高性能GPUデザインで何ができるかを伝えることはできません。

 

NVIDIA Ampere RTX 3000シリーズラインアップ-価格と概要

これにより、この噂ダンプの最後の部分に進み、価格設定についてです。

Ampereシリーズは、一般的にTuringとほぼ同じ費用がかかると言われています。

ただし、ハイエンドパーツ(RTX 3080およびRTX 3080 Ti)のコストは、RTX 2080および2080 Tiよりもわずかに低いと言われています。

これは多くのNVIDIA愛好家を幸せにするはずです。

NVIDIAが最終段階で設定する傾向がある価格設定について話すのは早すぎることはお断りしておきます。

NVIDIAがパートナーに、Turingよりも競争力のあるAmpereのラインナップを目指していることを伝えているのは十分に興味深いと思いましたが、これを割り引いて受け止めめることを忘れないでください。

彼らがこれをフォローアップするかどうかはまだよくわかりませんが、来年のAMDのRadeonでの行動に確実に影響されます。

 

したがって、要約では:

NVIDIA Ampereの機能:

1-レイトレーシングにおける「大規模」パフォーマンスの向上。

2-ラスタライズのスループットが向上。

3-ボード全体でより多くのvRAM。

4-低いTDP。

5-わずかに速いクロック速度。

6-電圧が低いため、「潜在的に」制限されたオーバークロック機能。

 

NVIDIAは過去1年間、Ampereの情報をほとんど出しておらず、Ampereを厳重に管理してきました。

同社は、競合他社であるIntelとAMDの両方と比較して、過去数年にわたり、一般的にリークをうまく制御してきました。

したがって、グリーンチームはこれらの詳細が漏えいすることを認識しており、2020年の前半に予定されているローンチに先立ち、Ampereについて少し知ってほしいと思っていたと考えられます。

ソース:wccftech - NVIDIA Ampere Rumors : Massive RT Performance Uplift, Higher Clocks, More vRAM & Lower TDP vs. Turing

解説:

Ampereの情報が出てきました。

ただし、ほんの断片的なものです。

この情報を見て、以前の考察で謎だった部分が少しだけ理解出来たような気がします。

「ボード全体で」VRAMを増やすという部分です。

これはおそらく、高解像度化に備えてVRAMが必要になったというよりはバス幅を広げるためのものだと思います。

RTX3000シリーズが順調に性能を向上させるとVRAMの帯域が足りなくなると言いましたが、恐らくそれはGDDR5Xのような仕組みで解決するのではなく、純粋にVRAMのバス幅を広げて解決するのではないかと思います。

GDDR6の最高速度は18Gbpsです。

今現在16Gbpsのチップでも15.5Gbpsに落として使っています。

もう一つ価格に関しての噂がありますが、現在のRTX2080TiやRTX2080よりもやや安くなるというものです。

私はこれにはあまり期待してません(笑。

まあ、しかし、現在のnVidiaのGPUのフラッグシップはあまりに高くなりすぎてしまったので、横ばいになる可能性は高いと思います。

これ以上高くなるとついてこれる人が限られてしまうでしょう。

Turing発売前はまだマイニングバブルが続いており、GPUは時間が経つと高くなるという異常な状況でした。

RTX2000シリーズ発売後の決算では予定より売り上げが伸びなかったこととNaviが発売されるのに合わせて事実上の値下げモデルであるSUPERシリーズが発売されました。

これによって複雑怪奇なラインナップになってしまったわけですが、マイニングバブルも崩壊している上にこれ以上複雑なラインナップしても店も客もついてこないと思います。

まあ、nVidiaの価格政策はあまり財布にやさしくありませんのでわかりませんが。

また、日本はデフレですが、その他の国では違うので、値上げに対する感覚が日本とその他の国では違っているという点も考えなくてはなりません。

TSMCが歩留まりを上げられなかった7nmEUVに関してはちゃんとSamsungが生産できるのかという不安はあると思います。

というか歩留まりが上げられるのかどうかは不明です。

いずれにしてもAmpereは予定通りに発売されるのではないかと思います。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.