ゲームについて その他

Xbox Scarlett CPUのアップグレードにより、フレームレートの妥協は許されません

投稿日:

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

次世代のコンソールの詳細はまだ詳しくありませんが、前世代からの大幅なCPUアップグレードのおかげで、MicrosoftはXbox Scarlettで高フレームレートを推進しているようです。

11月号のXbox Official Magazineで、Aaron GreenbergはXbox Scarlett CPUについて話しました。アップグレードにより、開発者はフレームレートを妥協することができなくなります。

4K、120 FPSを実行することは、今日のコンソールでは見られない機能です。

 

しかし、次世代では、CPUの大幅なアップグレードが見られると思います。これは、フレームレートに妥協しないようにするためです。

はい、4Kを実行できますが、1秒あたり120フレームも実行できます。 ですから、そのような能力は、今日人々には見られないものになると思います

 

現在のところ、Xbox Scarlettについて知っていれば、それほど多くはありません。

今月初め、Microsoftの次世代コンソールとPlayStation 5がレイトレーシングへの異なるアプローチを採用することが明らかになりました。

また、コンソールには4Kカメラが付属することが明らかになりましたが、Microsoftは最終的にはそうではないことを確認しました。

Xbox Scarlettは来年世界中で発売されます。

ソース:wccftech - Xbox Scarlett CPU Upgrade Will Allow No Compromise On Frame Rates

 

解説:

次世代XboxであるXbox Scarlettは4K120FPSが標準になるのか?という話です。

これは可能なんですかね。

現在のWindows上のゲームではRTX2080Tiをもってしても4K120FPSはまるっきり実現不可能なわけですが、カスタムされたNaviの部分に何か秘密でもあるんでしょうか。

PS5とXbox Scarlettではそれぞれ別の方法でレイトレーシングを実現するとのことですので、カスタムされた内容は大幅に違ってる可能性が高いです。

XboxってOSはWindows Enbededだったと思うのですが、Scarlettに入れるものには大幅に手を入れるんですかねえ。

画質を落とさない限りは実現不可能のように思えます。

これが事実なのだとしたらソニー方式のアップスキャン8K+60FPSも十分実現可能なように思えます。

PCではRyzen7 8コア105W+RTX2080Ti 260Wをもってしても不可能なので、どれだけ不可能っぽいかがよくわかるんじゃないかと思います。

結局のところ単位電力あたりの仕事量(エネルギー効率)というのは製造プロセスの世代が同じならそう変わらないはずです。

7nmをもってしてもnVidiaに対して鳴かず飛ばずのRadeonがそこまでリードできるとは私は思えないです。

発売日が近くなればもっと仕様が公開される可能性もありますので、絶対に無理とは言い切れません。

ゲーム機の世界はハッタリも有りの世界なので、そういったところも含めた盤外戦術の可能性が0ではありませんが、このままいくと来年の年末はPCゲームの存在価値がなくなってしまいそうです。(笑

ただ、使うメモリはGDDR6のはずですから、発揮できる演算能力はGDDR6の帯域内になるはずで、何か現実味の無い話だなあと思います。

GDDR6って1TB/sに到達していませんからね。

4K120FPSってどこの未来からやってきたんですかね(笑

ハードウェアでフレーム補完するかアップスケーリングしない限りは不可能に近いと思います。

nVidiaのRTX3000シリーズは7nmEUVを使う予定ですが、4Kで120FPSを実現できない限りはXbox Scarlettに後れを取ることになりますね。

来年の年末辺りは丁度ぶつかるんじゃないですかね(笑

嘘とまでは言いませんが、現実味の無い話です。

この話が本当だったとして、RDNA第二世代に似たような仕組みが搭載されるとしたら、GeforceはRadeonに大敗すると思います。

さすがにそれはあり得ないと思いますけど。

これが本当だとしたらnVidiaの革ジャンCEOはオフィスでダラダラ冷や汗流してるんじゃないですかね。(笑

 

 

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.