GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER最終仕様の確認 – 3DMark Firestrike Extremeのリーク

投稿日:

NVIDIAのGeForce GTX 1660 SUPERグラフィックカードの最終仕様が確認されました。

仕様は中国に本拠を置く小売店jd.comに掲載されており、先週お話したMaxsunのカスタムカードの1つと、完全な仕様シートと1つのパフォーマンスティーザーを見ることができます(出典:Momomo_Us)。

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER最終仕様が確認され、ほぼ同じ価格でGTX 1660よりわずかに高速

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERは、TuringベースのGeForce 16ファミリの最新製品です。

これは、300ドル以下の価格でメインストリーム市場に焦点を当てたファミリの4番目の追加となりますが、Turing GPUをベースにしたGeForce RTX 20シリーズカードは、より高い300ドル超および1200ドルまでの超熱狂的な市場に焦点を当てています。

現在、NVIDIAはこれらのセグメントでAMD Navi GPUとの大きな競争に直面していませんが、ポラリスは世界中の小売業者によるさまざまな値下げとプロモーションにより、ベストセラーラインナップの1つであり続けています。

AMDは、来月発売予定のデスクトップ向けの新しいRadeon RX 5500およびRadeon RX 5500 XTグラフィックスカードを発表しましたが、これまでに披露された価格設定とパフォーマンスメトリックに基づいて、両方のカードがGeForce GTX 1650シリーズカードと競合するようです。

Maxsun GeForce GTX 1660 SUPERターミネーターグラフィックスカードの機能:

  • 第4世代の太地冷却システム
  • RGB eスポーツ雰囲気ランプ
  • ターミネーターカスタム合金バックプレート
  • 新開発太地ファンブレード
  • 複合放熱モジュール
  • 二層構造のメタルエアフード

Turingの重要な機能の1つはワットあたりのパフォーマンスであり、他のカードと同様に120WのTDPを備えています。

次に、NVIDIAがすべてのGeForceカードのTDPを切り上げる方法を示します。

TDPは、GPUを含むボードからの総消費電力で構成されます。

AMDのRX 5500は、7nmプロセスノードに基づいており、ポラリスベースのRX 580/590ラインアップの代替品を目的としており、TDPは150Wです。

以前に、GeForce GTX 1660 SUPERはRX 5500シリーズよりも高いパフォーマンスカテゴリに分類され、かなり低い電力を消費している間にそうなると述べました。

しかし同時に、GTX 1660 SUPERの価格もはるかに高くなります。

 

NVIDIA GeForce 16シリーズの予備仕様

GeForce
RTX 2060 FE
GeForce
GTX 1660 Ti 6GB
GeForce
GTX 1660 SUPER 6GB
GeForce
GTX 1660 6GB
GeForce GTX
1650 Ti 4 GB
GeForce
GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU116-300TU117TU117
CUDA
コア数
19201536140814081024?896
Tensor
コア数
240無し無し無し無し無し
RT
コア数
30無し無し無し無し無し
Texture
Units
1209680806456
ROPs484848483232
ベース
クロック
1365 MHz1500 MHz1530 MHz1530 MHzTBD1485 MHz
ブースト
クロック
1680 MHz1770 MHz1785 MHz1785 MHzTBD1665 MHz
メモリ
容量・種類
6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR54GB GDDR5
メモリ
バス幅
192-bit192-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリ
クロック
14 Gbps12 Gbps14 Gbps8 Gbps8 Gbps8 Gbps
L2
キャッシュ
3 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB
TDP160 W120W120W120W75W75W
トランジスタ数108億66億66億66億4.7億4.7億
ダイサイズ445 mm²284mm2284mm2284mm2200mm2200mm2
価格(米ドル)$349$279'-$249$229$179?$149

また、NVIDIAがGTX 1660 SUPERでどのような価格設定を念頭に置いているかを見るのも興味深いでしょう。

現在、GeForce GTX 1660の価格は229米ドルで、Ti製品の価格は249米ドルです。

これには2つの方法があります。NVIDIAがGTX 1660の生産を終了することを決定した場合、ハイエンドのRTX SUPERラインナップのほとんどで行ったように、SUPER製品に置き換えるか、異なる価格帯でSUPER製品と非SUPER製品の両方を提供できます。

前者の場合、GTX 1660 SUPERは同じ229ドルの価格で入手でき、2つ目の場合、約249米ドルのわずかな価格上昇をします。

最後に、パフォーマンスに関して言えば、GeForce GTX 1660 SUPERの標準クロック速度での3DMark Firestrike Extremeスコアがあります。

グラフィックカードは、6578ポイントのグラフィックスコアを提供します。

このスコアに基づいて、純粋にGTX 1660およびGTX 1660 Tiと比較するだけで、GeForce GTX 1660 SUPERのパフォーマンスはTiモデルの約95%であり、非SUPER GTX 1660よりも約6-8%高速です。

現在、このパフォーマンスの向上は追加の価格設定を正当化するものではないと考えていますが、同じ価格でGTX 1660を単にSUPERバリアントに置き換える方が良い判断になるでしょう。

グラフィックカードは10月28日に発売される予定ですので、今後の詳細情報にご期待ください。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER Final Specifications Confirmed – 3DMark Firestrike Extreme Leaks Out

 

解説:

思ったより高性能ではないGTX1660Super

GTX1660Superの最終的な仕様と性能が確認されました。

FiresTrikeExtremeスコアがそれぞれ

GTX1660Ti 7328

GTX1660 6415

GTX1660SUPER 6578

なのでGTX1660Tiに近いのかと思いましたが、GTX1660を置き換えるもののようです。

GDDR6を使っていますので、OCしたらガツンと性能が上がる可能性はあると思います。

もしOC版が出てかなりのOCが可能であればTiを駆逐する可能性もあるのかなといった感じです。

GTX1660を購入された方に取っては公式の刺客のようなもので、ちょっと笑えない感じだと思います。

今回のRTX2000/GTX1600製品はあまりに種類が多すぎです。

さすがに多すぎて今後の売上に悪影響が出るのではないかと心配になるレベルです。

GTX900世代は

GTX980Ti,GTX980,GTX970,GTX960,GTX950

の5種類でしたが、

GTX1000世代は

GTX1080Ti,GTX1080,GTX1070Ti,GTX1070,GTX1060 6GB,GTX10603GB,GTX1050Ti,GTX1050

8種類

そしてRTX2000/GTX1600は

RTX2080Ti,RTX2080Super,RTX2080,RTX2070Super,RTX2070,RTX2060Super,RTX2060

GTX1660Ti,GTX1660Super,GTX1660,GTX1650Ti,GTX1650

の12種類でさすがにあまりに種類が増え過ぎではないかと思います。

基本的にSuperは既存のラインナップを置き換えるものですが、「あとからSuperが出るから発売日に無理して買わなくていいや」というユーザーが増えそうな感じです。

これらの実質的な値下げモデルを出さざるを得なかった理由として、やはり初期の価格が高すぎたというのはあるのではないかと思います。

そのため、売り上げが見込みよりも悪く、それを回復するためとNaviに対抗するためにラインナップを増やさざるを得なかったのではないかと思います。

ここまで種類が多いと私のような情報発信者やお店の人も何も知らない人に説明するのが大変というレベルだと思います。

「12種類あるので好きなものを選んでください」と言われてもわからないですよね。

Geforceの今後の売上に悪影響が出なければよいなと思います。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.