CPU情報

Intel Core i9-9900KS 5.0 GHzフラッグシップCPU TDP詳細–ベース周波数で127W、全コアでブーストするとより高くなります

投稿日:

インテルは来月、主力の第9世代メインストリームチップであるCore i9-9900KSを発売します。

このチップの詳細は、Computex 2019で明らかになりましたが、重要な詳細の1つは公開されていないようです。それはTDP番号です。

 

Intel Core i9-9900KSは、4.0 GHzで127 WのTDPを特長とし、ブーストクロックでより高くなる

仕様をすぐにまとめると、Intel Core i9-9900KSは、第9世代デスクトップラインアップの最新のエントリーになります。

Core i9-9900Kによく似ていますが、特別なエディションのバリエーションであり、Core i9-9900Kの1コアではなく、8コアすべてで5 GHzのターボ周波数を提供します。

CPUには、8コア、16スレッド、16 MBのL3キャッシュ、GT2グラフィックチップ、9900Kで見たものと同じヒートスプレッダの熱伝導材はソルダリングになります。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

より速いクロック速度は間違いなくわずかに高い電力消費数をもたらし、TDPがどのようなものであるかがわかりました。

ASUSのROG Maximus XI APEXマザーボードのCPUサポートページにリストされているCore i9-9900KSのTDPは127Wであることが明らかになりました。

これは、Intelが最近リリースしたメインストリーム(LGA 1151ソケット)チップの最高のTDPです。

また、このチップは、CPUクロック速度におけるIntelのリーダーシップを主張するために構築された、極めて選別されたCore i9-9900Kであることを示しています。

 

Intel第9世代コアファミリCPU公式仕様:

プロセッサナンバー製造プロセスコア数/ スレッド数ベースクロックブーストクロックスマートキャッシュTDP価格(USドル)
Core i9-9900KS14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz (8 コア)16 MB127W不明
Core i9-9900K14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB95W$488 US
Core i9-9900KF14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB95W$488 US
Core i7-9700K14nm++8 / 83.6 GHz4.9 GHz12 MB95W$374 US
Core i7-9700KF14nm++8 / 83.6 GHz4.9 GHz 12 MB95W$374 US
Core i5-9600K14nm++6 / 63.7 GHz4.6 GHz9 MB95W$262 US
Core i5-9600KF14nm++6 / 63.7 GHz4.6 GHz9 MB95W$262 US
Core i5-960014nm++6 / 63.1 GHz4.5 GHz9 MB65W不明
Core i5-950014nm++6 / 63.0 GHz4.3 GHz9 MB65W不明
Core i5-940014nm++6 / 62.9 GHz4.1 GHz9 MB65W$182
Core i5-9400T14nm++6 / 61.8 GHz3.4 GHz9 MB35W不明
Core i3-9350KF14nm++4 / 44.0 GHz4.6 GHz8 MB91W不明
Core i3-910014nm++4 / 4不明4.2 GHz6 MB65W不明
Core i3-900014nm++4 / 43.7 GHz無し6 MB65W不明
Core i3-9000T14nm++4 / 43.2 GHz無し6 MB35W不明

しかし、それがこの話のすべてではありません。提案されているTDPの数値はベースクロックで測定されます。

Core i9-9900Kおよび他のいくつかの第9世代チップの95W TDPの数値はCPUベースクロックで取得されるため、Core i9-9900KSの127W TDPが4.0 GHzのベースクロックで測定された場合、

チップの全コアブーストが5.0 GHzであり、冷却とマザーボードの互換性という2つの問題につながることを考えると、ブーストTDPははるかに高くなります。

最高の冷却(液体AIO /カスタムループ)が必要なだけでなく、Core i9-9900KSで使用するZ390マザーボードがより高いTDPチップをサポートしているかどうかを確認する必要もあります。

AMDのFX-9000シリーズリリースと非常によく似ており、最大220WのTDPを搭載し、専用に設計された特別なAM3 +シリーズマザーボードが必要でした。

ハイエンドVRMと電力供給システムを備えたZ390マザーボードは少数ありますが、それらは400ドルから500ドル程度の価格なので、Core i9-9900KSの推奨ボードを見るのは興味深いでしょう。

それ以外は、Core i9-9900KSの価格は発表されていませんが、Core i9-9900Kがすでに488〜500ドルの米国市場の範囲をカバーしていることを考えると、500〜600ドルの範囲と予想されます。

プロセッサは10月に発売され、正式な詳細が明らかになり次第、TDPに関する詳細情報を確実にカバーする予定です。

ソース:wccftech - Intel Core i9-9900KS 5.0 GHz Flagship CPU TDP Detailed – 127W at Base Frequency, Higher When Hitting Boost Across All Cores

 

解説:

Intel最終決戦兵器登場

Intelの2019年末商戦決戦兵器が登場しました。

「最終決戦兵器」の名にふさわしい狂気じみた仕様で、TD127Wの8コア全コアブースト5GHzを謳っています。

普通のゲーマー向けに一番良いと思うのはRyzen3000シリーズかCrore i9-9900で、こういうとがった扱いにくいCPUはあまりお勧めしません。

それでもやれることをやってきたという感じの製品になっています。

個人的な意見としてはどうしてもIntelというユーザーさんはこれを買うくらいなら来年の頭(おそらくは1月)に発売されると思われるCometLeks-Sを待った方が良いと思います。

一応10コア20スレッドですし、RokcetLake-Sへの互換性があると言われていますので、そういう意味でもお得です。

CometLake-SはTDP125Wですので、恐らく下位グレードのマザーボードでもきちんと対応してくると思いますし、その方がトラブルにならない可能性が高いです。

こちらも場合、現行の下位グレードマザーボードでは8コア5GHzまでブーストされない可能性も依然としてあります。

 

製造プロセスで負けるというのはこういうこと

最近のIntelはAMDに押されまくっていますが、製造プロセスで負けるというのはこういうことを意味ます。

最新のニュースやリーク情報、こういった記事中に一覧表が出て、そこには多くの場合製造プロセスが載っていますが、理由はCPUやGPUの性能に大きく影響するからです。

製造プロセスで負けるということはトランジスタの性能と熱(TDP)両方で負けるということであり、今まではIntelがライバルを突き放す大きな武器になってきました。

しかし、7nmからはTSMCが世界最先端となり、AMDはそれを利用してIntelに大きく水をあける性能のRyzen3000シリーズを発売し、人気を博しています。

「製造プロセスってなんじゃらほい」って方はとりあえず数字が小さくなるとそれを使って製造しているCPUやGPUの性能が上がるものだと覚えておいてください。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.