CPU情報

AMD、バレンタインデーに3D V-Cacheを搭載したCPU「Ryzen 7000 X3D」を発売

投稿日:

今年のバレンタインは、AMDの次世代3D V-Cache搭載CPU、Ryzen 7000 X3Dシリーズと一緒に、ゲーマーやマニアはデートに出かけることでしょう。

AMD、バレンタインデーにRyzen 7000 X3DCPUの発売を決定、3D V-Cacheの愛をPCにもたらす

CESで発表されたAMDは、次世代3D V-Cacheテクノロジーを搭載したRyzen 7000 X3D CPUを、バレンタインデーである2月14日に店頭販売することを正式に決定しました。

この新しいCPUは、発売されればブロック上で最速のプロセッサになると言われているので、ゲームが好きな恋人へのバレンタインデーのプレゼントにぴったりです。

AMD Ryzen 7000 3D V-Cache CPUは、積層キャッシュを特徴とする第2世代のコンシューマ向けV-Cacheパーツだ。

Zen 3のラインナップでは3D V-CacheのSKUは1つだけだったが、Zen 4のラインナップでは3つのSKUが登場し、価格も大きく変わっている。

AMD Ryzen 9 7950X3D - 16コアで144MBキャッシュを搭載

まず、フラッグシップとなるAMD Ryzen 9 7950X3Dは、16コアCPUとして初めて3D V-Cacheテクノロジを搭載する。

合計32スレッド、合計144MBキャッシュ(64MB CCD、64MB V-Cache+16MB L2)、TDP 120Wを搭載する。クロックについては、ベースクロックが4.2GHzと標準的な7950Xより300MHz遅いものの、ブーストクロックは同じ5.7GHzとされている。

このことから、3D非搭載品に対してTDPが50W低くなっていることがわかるだろう。

AMDがRyzen 9 X3Dパーツで3D V-Cache構造をアレンジする方法は、SRAMキャッシュを両方のCCDではなく、シングルCCDに搭載することだ。

こうすることで、AMDはシングルCCDでゲームでの性能を最大化しつつ、セカンダリダイを残して高いクロック速度(1T)の恩恵を受けることができる。

つまり、前世代のように全体のクロックスピードを犠牲にすることなく、シングルスレッドゲーミング性能とマルチスレッドアプリケーションのバランスを取ることができるはずです。

これは、何よりもまずゲーミングチップなので、キャッシュダイを最適化することがより重要なポイントになります。

最終的なリテール品でどうなるのか、AMDが新パーツでどこまでチューニングを可能にするのか、むしろ興味深いところです。

AMD Ryzen 9 7900X3D - 12コア、140MBキャッシュ搭載

2つ目のチップは、12コア24スレッドを搭載する「AMD Ryzen 9 7900X3D」である。

こちらも2CCD構成で、1CCDはV-Cacheあり、2CCDはV-Cacheなしという構成になっている。

チップには合計140MBのキャッシュ(64MB CCD、64MB V-Cache+12MB L2)を搭載。

クロックはベースが4.4GHzで、Non-3D SKUより200MHz遅く、ブーストクロックは5.6GHzで変わらない。

また、CPUのTDPは120Wとされている。

AMD Ryzen 7 7800X3D - 5800X3Dに代わる新たなゲーミングチャンプとして登場!

最後に、Ryzen 7 5800X3Dの後継機、Ryzen 7 7800X3Dを紹介します。8コア16スレッド、キャッシュ104MB(CCD32MB、V-Cache64MB+L28MB)と同じでゲーマーに最適なCPUとなりそうです。

CPUのベースクロックはRyzen 7 7700Xより500MHz以上遅い4GHz前後、ブーストクロックはRyzen 7 7700Xより400MHz遅い5.0GHzで登場する。

AMD Ryzen 7000 Raphael デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC Max)
キャッシュTDP価格 (不明)
AMD Ryzen
9 7950X3D
Zen 4
3D V-Cache
5nm16/324.2 GHz5.7 GHz144 MB
(64+64+16)
120W未確認
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X3D
Zen 4
3D V-Cache
5nm12/244.4 GHz5.6 GHz144 MB
(64+64+12)
120WTBA
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
9 7900
Zen 45nm12/243.6 GHz5.4 GHz76 MB
(64+12)
65W$429 US
AMD Ryzen
7 7800X3D
Zen 4
3D V-Cache
5nm8/164.0 GHz5.0 GHz104 MB
(32+64+8)
120W未確認
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
7 7700
Zen 45nm8/163.6 GHz5.3 GHz40 MB
(32+8)
65W$329 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US
AMD Ryzen
5 7600
Zen 45nm6/123.8 GHz5.1 GHz38 MB
(32+6)
65W$229 US

ここでは、AMDがキャッシュダイとクロックをどのように管理しているかという我々の予想が奏功していることがわかる。

Ryzen 7 7800X3Dは、TDP 105WのAMDのRyzen 7 7700Xよりも低いクロックで動作しているにもかかわらず、120WのTDPは維持されているのだ。

これは、キャッシュがTDPの上限を超える必要があり、AMDは120Wの目標を達成するために、Ryzen 9のパーツでこれらのベース/ブーストクロックを大きく最適化していることを意味している。

さらなるテストで、デュアルRyzen 9 CCD SKUのクロック変動を見るのは興味深いことです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

性能については、AMDはRyzen 7 7800X3DがRyzen 7 5800X3Dに対して30%という大きな性能向上をアピールしています。

また、AMD Ryzen 9 7950X3D CPUは、ゲームとアプリケーションの両方のベンチマークでIntelのCore i9-13900Kと比較されています。

このチップは、FHDゲームベンチマークで最大+24%、アプリケーションパフォーマンスで最大+52%の高速化を実現しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

使用されたタイトルは厳選されたもので、AMDはここで使用されたテスト設定や構成などの詳細を共有していませんが、もしこの結果が正当なものであれば、Ryzen 7 7800X3DはRyzen 7 5800X3Dと同様にリテールセグメントで人気が出ることが予想されます。

AMD Ryzen 7000 3D V-Cache CPUは、来月のバレンタインデーに小売店頭に並ぶ予定です。

ソース:wccftech - AMD To Give The Love of 3D V-Cache This Valentines With Its Ryzen 7000 X3D CPUs Launch

 

 

 

 

解説:

Zen4X3Dは2月14日発売か?

思ったより早くて驚きです

Ryzen7000シリーズ=Alderlake対抗

Ryzen7000X3D=RaptorLake対抗

という理解で良いのかなと思います。

Ryzen7000X3Dは全ての性能がRaptorlakeに対抗できるわけではありませんが、ゲーム性能が高ければ、価格は高止まりするというのはRyzen 7 5800X3Dで十分証明されたのでAMDも自信を深めたのではないかと思います。

私も当初Ryzen 7 5800X3Dの価格は下がるのではないかと思っていたのですが、当初考えていたよりもかなり高止まりしていたので驚いた記憶があります。

今回Zen4X3Dは16コアモデルもありますので、Raptorlakeとはかなり良い勝負になるのではないかと思います。

問題はRaptorLakeRefleshですね。

Haswell Reflashのようにあまり変わらないのか、劇的に変わるのかちょっとわかりません。

RaptorLakeはAlderlakeの無駄を省いてやれることは全部やったような印象を受けましたので、これ以上同じプロセスを使って強化できるのかどうかはちょっと興味深いです。

2023年は円高が進むと言われていますので、PCパーツの価格も下がっていくと思います。

 

 

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

created by Rinker
AMD
¥12,800 (2023/02/03 13:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥9,367 (2023/02/03 13:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.