CPU情報

Intel Core i9-9900KS「5 GHzオールコアブースト」の主力CPUが10月に発売-広告塔となるブーストクロックを提供することでクロックスピードのリーダーシップを獲得

投稿日:

Intelは、Core-Xの発表に加えて、IFA 2019で、全コア5 GHz動作のチップであるCore i9-9900KSが10月に小売店で発売されることも発表しました。

特定の日付は発表されていませんが、Core i9-9900KSでは、Intelは5 GHzチップをリリースできるだけでなく、CPUが動作している限り、公表されている速度に達することができると主張しているようです。

 

IntelのCore i9-9900KSが10月に発売され、クロックスピードのリーダーシップを主張– 5 GHz All Core Boostを24時間年中無休でヒットしてAMDを嘲る

AMDがRyzen 3000シリーズのラインナップを公表されたクロック速度で動作させるのに苦労しているときに、IntelがCore i9-9900KS(Special EditionのS)を発売することは驚くことではありません。

AMDはその後、9月10日にブースト周波数BIOSアップデートを発表します。

 

新しい特別版デスクトップゲームプロセッサ:インテルは、第9世代Intel Core i9-9900KS特別版プロセッサをプレビューしました。これは、5.0 GHzのターボ周波数で動作する8コアすべてを搭載し、世界最高のゲームデスクトッププロセッサをさらに改善しました。

インテルはまた、ハードウェアとソフトウェアの両方の革新により、Intelプロセッサーで実行される最も人気のあるゲームで、実際のパフォーマンスを最適化する方法を示しました。

長年にわたり、インテルは数十万人のゲーム開発者と協力して、数百のゲームを最適化してきました。

Intelより

 

Core i9-9900KSについては、最後にプレビューされたComputex 2019でプロセッサについて聞いたことがあります。

Intel Core i9-9900KSは、第9世代デスクトップラインナップの最新エントリです。

Core i9-9900Kによく似ていますが、特別なエディションのバリエーションであり、Core i9-9900Kの1コアではなく、8コアすべてで5 GHzのターボ周波数を提供します。

CPUには、8コア、16スレッド、16 MBのL3キャッシュ、GT2グラフィックチップ、9900Kで見たものと同じはんだ付けされたIHSがまだあります。

クロック速度が速いと、消費電力の数値がわずかに高くなることは間違いないため、Intelが95W(基本周波数)としてタグ付けしている場合でも、実際のTDP数値はかなり高くなります。

Intelは、Core i9-9900Kで入手したのと同じ特別な「十二面体」パッケージでチップを出荷するので、箱入りのクーラーを期待しないでください。

チップが冷却状態を維持するにはある程度の強力な液体冷却が必要になるため、標準のストッククーラーを搭載しないことをお勧めします。

Intel第9世代コアファミリCPU公式仕様:

Processor Name製造プロセスコア数/ スレッド数ベースクロックブーストクロックキャッシュTDP価格(米ドル)
Core i9-9900KS14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz (8 Cores)16 MB95W不明
Core i9-9900K14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB95W$488 US
Core i9-9900KF14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB95W$488 US
Core i7-9700K14nm++8 / 83.6 GHz4.9 GHz12 MB95W$374 US
Core i7-9700KF14nm++8 / 83.6 GHz4.9 GHz12 MB95W$374 US
Core i5-9600K14nm++6 / 63.7 GHz4.6 GHz9 MB95W$262 US
Core i5-9600KF14nm++6 / 63.7 GHz4.6 GHz9 MB95W$262 US
Core i5-960014nm++6 / 63.1 GHz4.5 GHz9 MB65W不明
Core i5-950014nm++6 / 63.0 GHz4.3 GHz9 MB65W不明
Core i5-940014nm++6 / 62.9 GHz4.1 GHz9 MB65W$182
Core i5-9400T14nm++6 / 61.8 GHz3.4 GHz9 MB35W不明
Core i3-9350KF14nm++4 / 44.0 GHz4.6 GHz8 MB91W不明
Core i3-910014nm++4 / 4不明4.2 GHz6 MB65W不明
Core i3-900014nm++4 / 43.7 GHzN/A6 MB65W不明
Core i3-9000T14nm++4 / 43.2 GHzN/A6 MB35W不明

パフォーマンスに関しては、特別な型番でラインナップされたプロセッサは、全体的なパフォーマンス特に、Core i9-9900Kと比較して+300 MHzの全コアブーストクロックを検討しているゲームにおいて向上を確実にもたらします。。

発売は、AMDが4.7 GHzのブースト速度(シングルコア)を目指している最速の16コアRyzen 9 3950Xプロセッサをリリースした1ヶ月後に行われます

BIOSのアップデートで修正する必要のあるブーストクロック問題を抱えるRyzen 3000の残りのラインナップと同じアーキテクチャを使用しているため、実際に表示された速度に達することができるかどうかは不明です。

Intelによる特別版の発売が毎年行われるイベントになりそうです。

昨年、IntelはCore i7-8086K Anniversary Editionの発表を行いました。これは、より高速のクロック速度を備えたi7-8700Kの特別なバリアントです。

Core i7-8086Kは5 GHzターボも搭載していましたが、6つのコアのうち1つはダイに搭載されていました。

プロセッサの発売時の価格は425ドルで、これはCore i7-8700Kをわずかに上回っていました。

インテルはCore i9-9900KSの価格や発売日について詳しく説明していませんが、価格は約500ドルです。

ソース:wccftech - Intel Core i9-9900KS ‘5 GHz All Core Boost’ Flagship Mainstream CPU Available in October – Claiming Clock Speed Leadership By Delivering Advertised Boost Clocks

解説:

実はこのニュース、wccftech以外のサイトでは随分前に出ていたのですが、あまり食指の動く話題ではなかったのでスルーしていました。

記事が見やすくまとまっているwccftechで出たので改めて翻訳します。

私の懸念も上の記事の懸念と全く同じで、全コア5GHzのブーストを95WのTDP内で出せるのか?というものです。

常識的に考えれば単にプロセスの熟成と高度な選別品を使うことでそこまでの最適化が出来るとは思えません。

半導体で出せる効率、単位電力量あたりの仕事量には限界があり、同じ製造プロセスを使っている以上その壁を破るのは無理だと思います。

元記事中にもある通り、冷却能力の高い簡易水冷以上のクーラーを使わない限りは難しいのではと思います。

Ryzenのブースト問題をついてくる広告戦略に出たようですが、余計なことを考えるよりはラインナップを全部そろえることを考えた方が良いのでは?と思います。

このままだと全ラインナップが流通する前にCometLakeが出るという前代未聞の状態になってしまいそうな感じです。

intelにとって最も深刻なのはRyzenではなく、CPUの供給の問題のように私には感じます。

供給量が十分ならば、それこそPCゲームのバンドルなどを行って積極的なプロモーションをかければよいのではないかと思います。

それが出来ないということはやはり、CPUの供給量にいまだ不安を抱えているのでしょう。

ライバル社に性能で抜かれ、製品の供給も十分にできないというintelの歴史の中でもかなり苦しい状態だと思います。

 

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.